blog-back

★緊急お知らせ★12/8(土)インフルエンザ予防接種受付け致します

2018-12-06
テーマ:お知らせ

先日も当ブログにてお伝えさせていただきましたインフルエンザ予防接種に関し、今週末12/8(土)の対応につきましてお知らせ申し上げます。

 

12/8(土)に限り、年齢制限を設けずどなたでも接種していただけます

 

今週末にワクチンの入荷が見込めますので、お子様に限らず13歳以上の方や、今シーズンはまだ接種を受けられていない13歳未満の方も受け付け可能でございます。

(但し、1歳未満のお子様は小児科にて接種下さい)

 

ご希望の方は、12/8(土)当日にWEB順番予約にて【インフルエンザ予防接種】【診察+インフルエンザ予防接種】をご選択ください。

 

インフルエンザワクチンの入荷につきましては、引き続き不安定な状況ではございますので、来週以降はご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、以下の方のみのワクチン接種とさせて頂きます。

① 12月6日現在に当院で予防接種の予約をしていただいている方

予定通り接種いただきます。ご連絡させて頂いておりますように15時20分にご来院ください。

 

② 当院で1回目の接種をして頂きました13歳未満の方(2回目希望の方)

ワクチン接種が集中しないように、予約をして頂いてから接種させて頂きます。お手数をおかけしますが、受付にお申し出いただくか、お電話でお問い合わせ下さい。

①②共に接種時間は診察時間内も含めて対応させて頂きます。

 

安定した入荷が認める状況になり次第、13歳未満の1回目接種の方、13歳以上の方、の接種をさせて頂く予定でございます。

誠に申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

また、ワクチンの入荷状況が変わり次第、随時ご連絡させて頂きます。

 

申し訳ありませんが、インフルエンザワクチン接種を制限させて頂きます

2018-11-30
テーマ:お知らせ

出来るだけ多くにの方にインフルエンザワクチンを接種して頂けるように努めてまいりましたが、安定してワクチン入荷が望めない状況になってしましました。

周辺医療機関も同様の状況であることが予想され、当院に接種希望の方が集中してるために、さらに不安定な接種状況になってしましました。

皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、当面は以下の方のみのワクチン接種とさせて頂きます。

 

① 11月29日現在に当院で予防接種の予約をしていただいている方

予定通り接種いただきます。ご連絡させて頂いておりますように15時20分にご来院ください。

② 当院で1回目の接種をして頂きました13歳未満の方(2回目希望の方)

ワクチン接種が集中しないように、予約をして頂いてから接種させて頂きます。お手数をおかけしますが、受付にお申し出いただくか、お電話でお問い合わせ下さい。

接種時間は診察時間内も含めて対応させて頂きます。

 

安定した入荷が認める状況になり次第、13歳未満の1回目接種の方、13歳以上の方、の接種をさせて頂く予定です。

誠に申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

また、ワクチンの入荷状況が変わり次第、随時ご連絡させて頂きます。

開院7周年の御礼

2018-11-11
テーマ:お知らせ

西宮市瓦林町で2011年11月11日に開院して7年が経ちました。
たくさんの患者様やスタッフとの出会いがあって、あっという間の7年間でした。
『この出会いに感謝』であります

 

2018年はアレルギー専門医である耳鼻科医としてアレルギーの正しい理解を地域の皆様に

少しでも伝えれるように当院オリジナルリーフレットであるアレルギーマーチを作成いたしました。

また、このブログ内でもアレルギーの知識を中心に様々な情報を「分かりやすく、詳しく」を考えて更新してきました。

さらに、より良いクリニックにするために、皆様の声を少しでも聴けるように意見箱も設置しております。

 

今後も地域の皆様の健康を守るために「正しい情報」を伝え、「新しい医療」を提供できるように

いろいろな新しいことにチャレンジして、愛されるクリニックを目指して頑張ってまいります。

 

 

 

 

「風邪か?アレルギーか?」と「風邪も、アレルギーも」

2018-10-27
テーマ:お知らせ

最近になって朝、晩の気温が下がってきましたね。寒暖の差が大きくなっています。

「風邪ひいた」という人が多くなっているのでないでしょうか?

「風邪をひく」というのはよく使う表現ですよね。ではどんな時に使うのでしょうか?

鼻が出たり、咳が出たり、熱が出たり、のどが痛くなったり、などなどの症状があるときに使いますね。

ここで少し「風邪」について整理をしてみましょう。

 

風邪って何だろう?

「風邪ってなんでしょう?」って改まって聞かれると答えにくいですね。実はそれは医者も同じなのです。

そこでちょっと風邪について考えてみましょう。

 

実は風邪には二つの意味があります。

➊ウイルス性上気道炎(狭い意味での風邪)

❷症状を表す疾患でいろんな病気の集まりのこと(広い意味での風邪)

皆さんはどちらの意味で使っているのでしょうか?

➊の意味は「ウイルスが原因」で「鼻やノドに炎症」が起こるということです。医学書ではこのウイルス性上気道炎のことを風邪(症候群)としていることが多いです。ではどのようにしてウイルス性上気道炎は診断するのでしょうか?

 

ウイルスが原因ってどうすればわかるの?

風邪(ウイルス性上気道炎)の原因となるウイルスは季節によっても変わりますが、ライノウイルス、コロナウイルス、パラインフルエンザウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルスなどの順で多いと言われています。

「ええっ、RSウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルスも風邪なの」と思った人もいるかもしれません。実は症状が軽ければ風邪(ウイルス性上気道炎)の中に入っているのです。

診断としてはRSウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、ヒトメタニューモウイルスは迅速簡易抗原検査で判断することが多いですが、それ以外のウイルスは血液検査でウイルス性かどうか判断します。(血液検査ではどのウイルスかは分かりません)

ただし、迅速抗原検査も血液検査も風邪の疑いがある人の全員にすべての検査をすることはあまり有意義ではありませんから、年齢や重症度、周りでの流行などを考慮してタイミングを図りながら行うことが多い検査になります。ですから、検査なしで風邪と診断した場合は「ウイルス性と思いますが・・・」ということになります。

 

その検査以外でウイルス性を疑うポイントがあります。それは症状です。

①鼻や咳などいろんな症状がある

②症状が変化する

③1週間から10日ぐらいで軽快し、繰り返さない

ということは「2週間前からずうっと鼻が出る」「1か月前から咳だけが続いている」などの症状はウイルス性ではないかもしれません。

 

上気道炎って?

病院などの診断で「〇〇炎」って言葉を耳にしたことはありませんか?

例えば、「肺炎」「気管支炎」「中耳炎」「副鼻腔炎」などです。これは「肺に炎症がある」、「気管支に炎症がある」、「中耳に炎症がある」、「副鼻腔に炎症がある」という意味で炎症の場所を表す病名になります。ということは上気道炎というのは「上気道に炎症がある」という意味です。

では上気道とはどこでしょう?簡単に言うと鼻・口から喉の奥までを指します。

鼻・口から肺までの空気が通る道を気道と言います。喉の奥までを上気道と気管から肺までを下気道と上下に分けています。

上気道の専門である耳鼻咽喉科では鼻・喉(口腔・咽頭)と喉の奥(喉頭)を診ることができますので、そこに炎症があるかどうかが視診で診断することができます。

 

結局、風邪って?

しかし、多くは「のどが痛くて、鼻や咳が出て、時に熱が出るなど」の症状があれば「風邪をひいた」といいますね。

ということは❷の意味で使っていることの方がよくあるのではないでしょうか。

これはウイルス性上気道炎以外の病気であっても風邪とよく似た症状(鼻や咳が出て、のどが痛くて、熱などある)があれば、なんとなしに風邪と呼んでいるということになります。

(場合によっては単に体調が悪いということを風邪と呼んでいるかもしれません)

なかなか病院でも風邪(ウイルス性上気道炎)とキチンと診断することは難しいのですから、医者の診断であっても風邪の意味はウイルス性上気道炎ではなくて

風邪っぽい症状がある色んな病気の集まりということのほうが多いのです。ここに風邪の診断で???になるポイントがあるのです。

例えば、熱が出て喉が痛くなる扁桃炎や鼻水が出る副鼻腔炎なども風邪(ウイルス性上気道炎)ではないかもしれませんが、風邪(症状的)と言われることがあるのです。

また、インフルエンザやRSウイルス感染症、溶連菌感染症なども風邪(症状的)と診断があっても間違いではないことになります。

 

風邪は「風邪(ウイルス性上気道炎)です」という意味より「風邪としてしばらく経過を診ましょう」ということです。

風邪(ウイルス性上気道炎)とは少し違うかなと判断すれば検査などを追加して、診断名が変わることがよくある話になります。

(例えば「風邪と言われたのに溶連菌感染症だった」などなど)

病院では2つの意味の風邪が混ざって話をしていることが多いので、今はどちらの意味で使っているかを整理すると分かりやすくなります。

 

アレルギーの症状は?

ではアレルギーにはどんな症状があるのでしょうか?

アレルギーにもたくさん種類があるのでここでは吸入性アレルゲンによる気道アレルギーを中心に考えてみましょう。

吸入性アレルゲンとは空中に浮遊していて吸い込むことによって気道にアレルギーを引き起こす原因のことを言います。例えば、花粉やダニ(ハウスダスト)などが主な吸入性のアレルゲンになります。中でも秋に多いのが(ヒョウヒ)ダニになります。ダニは1年中あるのですが、夏場に増えた生ダニが秋になって死んでいくので死ダニがもっとも秋に多くなるのです。

さらにダニの死がいやフンは花粉に比べて小さいために気道の奥(下気道)にまで入り込みやすいという特徴もあります。

下気道(気管や肺)でアレルギーが起こると咳という症状になります。

秋に多くなったダニの死がいやフンを吸い込むことによって鼻水や咳が出やすくなるのです。ということは、もしかしたら鼻や咳が出る症状があるためにアレルギー症状のことを風邪(症状的)と呼んでいるのかもしれないということになります。さらに、アレルギーによる鼻炎症状で鼻づまりがあると口呼吸になるために乾燥によるノドの痛みがあることもよくあるのです。

もう、そうなるとなおさら風邪(症状的)と言ってしまっても不思議ではないですね。

 

どうやってアレルギーと疑うのでしょうか?

風邪(ウイルス性上気道炎)とアレルギーとは見分けるのポイントは「風邪じゃないかも」と疑うことになります。

では、どんな症状が「風邪じゃないかも」と疑うポイントになるのでしょうか?

風邪(ウイルス性上気道炎)は長引いたり、繰り返したりしません。1週間から10日ぐらいで治ってしまうのが風邪(ウイルス性上気道炎)です。しかも、ウイルス性ですので、抗生物質は効きません。

とういことは「風邪をひくと長くなるのです」など1、2週間以上続くような場合や「季節の変わり目になると」とか「しょちゅう風邪を引くのです」など繰り返すような場合は「風邪じゃないかも」です。

また、「軽いけど咳がずっと続きます」、「鼻水がよく出ます」など同じ症状が続く場合も「風邪じゃないかも」です。

風邪(ウイルス性上気道炎)はいろんな症状が変化をしながら出現して治っていきます。

軽いのならより早く治るはずですから、軽い症状が続く場合も「風邪じゃないかも」になります。

もう一つ、症状に波があるのもアレルギーを疑います。時間による波(例えば、朝になると鼻や咳がでる)、日にちによる波、季節による波などです。場所による波も「風邪じゃないかも」と思わないといけませんね。

 

基本的には風邪(ウイルス性上気道炎)と気道アレルギーの症状はよく似ているので、「風邪か?、アレルギーか?」は経過をみて「風邪じゃないかも」と思うことがスタートになるのです。風邪は風邪だからアレルギーじゃないと思ってしまうと見つけられないのです。

 

風邪も、アレルギーも

では、どこまでを風邪と言いましょうか?

もちろん、ウイルス性上気道炎の①までは風邪ですね。アレルギーも鼻が出たり、咳が出たりするので、③は広い意味での風邪(症状的)の中に入ります。

ということはすべて風邪をひくと言っている可能性があります。

 

ではアレルギーのある人が風邪(ウイルス性上気道炎)にかかるとどう考えたらいいのでしょうか?

もちろん風邪ではありますよね。しかし、「風邪か?アレルギーか?」ではなくて「風邪も、アレルギーも」ということになります。

ということは風邪とアレルギーの両方のことを考えていかないといけません。

 

アレルギーのある人が風邪をひくとどうなるのでしょうか?

次の表は喘息を引き起こす誘因を調べたものです。一番多いのが感冒すなわち風邪であり、喘息の約7割のひとが経験しているというアンケートです。

簡単いうと「喘息もちの人が風邪をひくと喘息発作が出やすい」ということになります。

喘息は気道アレルギーの疾患として有名ですが、もう一つ有名なのが花粉症やダニ・ハウスダストで起こる(アレルギー性)鼻炎です。

アレルギーというのは過敏症でもあります。すなわち鼻やノドや気管などの粘膜が敏感な人という特徴があります。

「アレルギーの人が風邪をひく」というのはいいかえると「鼻やノドや気管が敏感な人が風邪を引く」ということになります。

そうなるとアレルギーのない人が風邪を引いた場合に比べて、鼻や咳がひどくなりやすかったり、長引いたりしやすい人が多くなります。

副鼻腔炎になりやすかったり、喘息発作が出やすかったり、という病態もこうゆうことかもしれませんね。

鼻が出たり、咳が出たりという症状ですので副鼻腔炎や喘息発作まで広い意味での風邪という意味でいっているかもしれません。

反対に鼻や咳が続いたり、ひどくなったりするのは、もしかしたらアレルギーがあるかも・・・

風邪(ウイルス性上気道炎)を検査で診断することは軽い症状でも風邪かも思うたびに検査をすることになるので現実的ではないでしょう。

一方、アレルギーの検査は何回もするわけではありませんので、「もしかしたら」と思ったら一度受けてみておくとはっきりしますのでおススメです。

 

結局はアレルギーがあることが分かっているの人が風邪を引くと「風邪か?アレルギーか?」と考えてしまうとややこしくなってしまうので、

「アレルギーの上にさらに風邪も」と考えると簡単になります。特に秋は風邪(ウイルス性上気道炎)も引きやすく、アレルギー症状も出やすい時期になるので気をつけましょう。

治療の面からもアレルギーの治療をするのか?風邪の治療をするのか?ではなくて、アレルギーの治療に風邪の治療を加えるということになり、すごく単純になります。

 

風邪も改まって考えてみるといろんな事が見えてきます。

「風邪は万病のもと」ということわざは「万病(いろんな病気の集まり)のことを風邪という」という意味と

「風邪をきっかけに他の病気が出てくる」という意味の2つを合わせたものなのでしょう。

 

 

 

 

インフルエンザの対策を!予防接種のお知らせ

2018-10-04
テーマ:お知らせ

最近すっかり涼しくなってきましたね。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今年も早いもので年末にかけてインフルエンザが流行し始める季節となりました。

当院では例年通り10月15日(月)よりインフルエンザワクチンの接種を開始致します。

診療時間内に接種される場合は事前予約は必要ございませんので、来院される当日に通常のWEB順番予約にて受付けをして頂ければ結構です。

10/15からはWEB順番予約で、「一般診療」「インフルエンザ予防接種」「一般診療+予防接種」を選択可能になります。

 

また、通常の診療時間帯の他に、月・火・木・金の15:30〜15:45には『予防接種のみ(診療なし)』の枠も設けます。

こちらはお電話もしくはご来院時に事前予約が可能ですので、お問合せ下さい。

 

接種費用など、詳細につきまして下記の通りです。

もちろん予防接種はひとつの安心につながりますが、日頃の手洗い・うがいの励行でしっかり予防していきましょう。

 

昨シーズンのインフルエンザについての記事はこちら👇

https://washio-jibika.com/blog/そろそろインフルエンザが・・・/

 

秋はダニ(ハウスダスト)アレルギーにご注意を \(◎o◎)/

2018-09-19
テーマ:お知らせ

少しずつ朝・夜が過ごし安くなり、秋の足音が聞こえ始めて来ましたね。

季節の移り変わりが感じられてきました。そろそろ運動会の練習なども本格的になってきたことと思います。

突然ですが、涼しくなって「朝起きると水鼻やくしゃみ」が出たり、「夜から朝にかけて咳」が出たりしませんか?

それはもしかしたら「かぜ」ではなく、「ダニアレルギー」かもしれません。

 

季節の変わり目(秋)の咳に注意を

咳が良く出る代表に気管支喘息があります。次の表はどんな時に喘息が出易いかをアンケートしたものです。

喘息を引き起こす誘因として感冒、ほこり、天候などが多く認められます。

でも、喘息と言われたことがないから大丈夫と思っている人も多いのではないでしょうか?

近年では咳喘息という考えが定着してきてます。咳喘息というのは喘息の検査ではあまり異常を認められなく、ヒューヒューとかゼーゼーなどの喘息特有の喘鳴も認めないけど喘息が考えられる病気のことを言います。

簡単に言うと喘息の一歩手前、もしくは喘息の一番軽い状態が咳喘息ということになります。現在では30%ぐらいが本格的な喘息に移行すると言われてます。

基本的に大人は喘息になると完全に治ることがが難しいです。ということは早期診断・早期治療が大切になってきます。

季節の変わり目に咳がよく出るのなら、もしかしたら、「風邪」という言葉の中に「アレルギー・喘息」を含まれているかもしれませんね。

また、小児喘息のタイプの中で最も多いのがアトピー型というタイプです。アトピーとはアレルギーを意味する言葉になります。要するにアレルギーが関連しているタイプの喘息です。

そのなかでヒョウヒダニの影響が最も多いと言われています。

ですので、今までで喘息と言われたことのない人でも秋によく出る咳はアレルギー・喘息に注意が必要になります。

ダニアレルギーを今までに言われた人、疑わしい人はさらに注意が必要です。

 

では、どうして秋になると起こりやすくなるのでしょうか?

気温が低くなり、乾燥し始めると風邪の原因ウイルスであるライノウイルスやRSウイルスによる感染症が多くなります。

また、マイコプラズマ感染症なども注意が必要になります。マイコプラズマ感染症も風邪と呼ばれていることがあります。

これらは喘息に影響を及ぼすと言われる微生物として有名です。喘息などのアレルギーの状態は元々、気管の粘膜が過敏な状態にあります。

その過敏な粘膜に感染を起こすと、さらに粘膜が傷ついてしまうことによって咳が続きやすくなります。ひどくなると喘息の発作ということになるのです。

もしかしたら、「風邪で咳が続いているのです」というのはアレルギーの影響があるからかもしれません。

 

ほこり(ハウスダスト)はカビや昆虫、ペットなどを含めた家の中のゴミになりますが、

その中でアレルギーの原因にもっともなるのがヒョウヒダニになります。実はヒョウヒダニが一番多くなるのがこの時期です。

どうして秋に多くなるのかは後に説明をしますので、続きをお読みください。

 

さらに秋になると朝晩が低くなり気温差も大きくなり、台風などの気圧の影響も多くなります。

これらの気象条件も咳が出やすくなる一つと言われています。

 

このような時期に運動会の連勝などの運動による影響がさらに加わることによって一年の中でもっとも咳が出やすい時期が始まるのです。

 

「いつも季節の変わり目になると風邪を引くのです」、「秋になると咳が出やすいのです」

それはもしかしたらダニアレルギーによるものかもしれません。

もちろん、風邪を引かない強い体を作ることは大切なのは言うまでもなありません。

 

ダニアレルギーの原因は主にヒョウヒダニ

ダニアレルギーの原因になるダニは主にヒョウヒダニといわれる種類になります。

ヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニの2種類でどちらもマダニなどとは違って咬むことはありません。

ですので、屋外のダニ対策とは違って、屋内のダニ(ハウスダスト)対策が必要となります。

また、貯蔵ダニと言われるコナダニとは関連があります。

貯蔵ダニ(コナダニ)はキッチンを好んでおり、特に使いかけのお好み焼き粉やパンケーキミックスにいることがあります。

ダニアレルギーの人はそれらと一緒にコナダニを食べてしまうことによってアレルギー症状が出ることがあります。

ただし、しっかりと蓋をして冷蔵庫で保管すれば貯蔵ダニが繁殖することはありません。保存状態に気をつければ大丈夫です。

今回はヒョウヒダニのことをダニとして書いてありますので、そのつもりでお読みください。

 

「ダニは一年中」じゃあないの?

ではどうしてダニアレルギーが秋に関係があるのでしょうか?

ダニ(ハウスダスト)は確かに1年中ありますが、実は一番多くなる時期が秋なのです。

花粉症でも花粉の多い日には症状があるけれど少ない日にはあまり症状がない方も多くいると思います。

ダニはそれが1年で考えるので、秋から冬には症状が出てくるのですが、春から夏にはあまりひどくない事があります。

そのため「ダニアレルギーを秋の花粉症と勘違いする」ことがよくあるのです。

もちろん、秋の花粉症のこともありますし、ダニアレルギーと秋の花粉症を両方の場合もあります。

ではどうしてダニが秋に多くなるのでしょうか?

ヒョウヒダニが繁殖するのに室温20~30℃、湿度60~80%ぐらいが最適とされています。人の過ごしやすい時期と同じですね。

ということは、エアコンの効いた日本の5~8月はダニにとって最も多くなりやすい時期と言えるのです。

えっ、だったらダニが一番多くなるのは夏でしょう???

実はアレルギーの原因になるのはダニはダニでも死骸やフン【死ダニ】です。空中に舞ったダニの死骸やフン【死ダニ】を吸い込むことによって鼻炎症状や咳などが出てきます。空中に舞いにくい生きたダニ【生ダニ】はアレルギーは起こしにくいのです。

ということは死ダニが一番多くなるのはいつでしょうか?生ダニが多くなる5~8月の後、といことですね。

要するに秋が死ダニが一番多くなる時期なのです。

 

ではダニアレルギーと秋の花粉症との違いは?

一番に違いは大きさです。

生ダニ 200~500μm、ダニの糞 10~40μm、死ダニのかけら 1~2μm、

スギ花粉 30~40μm、黄砂 4μm、pm2.5 1.2~2.5μm  ぐらいの大きさと言われています。

花粉より死ダニのフンや死骸の方が小さいのです。小さいものの方が奥の方まで入りやすいと言われてます。

ですので、咳の原因になりやすいのは花粉よりダニであり、秋の咳はダニアレルギーの可能性を考えなくてはいけません。

ダニアレルギーは鼻炎と気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎のアレルゲン(アレルギーの原因)としてもよく知られてます。

ということは秋に起こるくしゃみ・鼻水・鼻づまりや咳は「かぜではなないかも」と思うことが鼻炎やぜんそくの早期発見につながることになるのです。

 

ダニアレルギーの診断は?

まずは症状からダニアレルギーを疑うことから始まります。その次に検査を考えましょう。

ダニアレルギーの診断に使われる第一は血液検査です。ヤケヒョウヒダニもしくはコナヒョウヒダニを調べましょう。

ただし、残念ながら血液検査は100%であるわけではありませんので、必ず陽性になるとは限りません。

血液検査で陰性になってもダニアレルギーが疑われる場合はダニのエキスによる皮膚の反応を見る皮膚テスト(プリックテストや皮内テスト)といわれる検査をすることもあります。

一般的は皮膚テストの方が血液検査より陽性になりやすいと考えられてます。

ダニアレルギーを疑う症状があり、アレルギー検査が陽性であれば、ダニアレルギーという診断になります。

 

ダニアレルギーの治療は?

すべてのアレルギーに共通の治療は抗原の回避です。ですので、まずはダニの回避、すなわち掃除になります。

自宅で最もダニの多くいるのは寝室で、中でも布団や枕などの寝具の中にたくさんいるといわれています。

ただし、ダニは動物や食物とは違って完全に回避することは不可能です。

「完全に無くすことではなく、減らし続けること」を目標にしましょう。

無くすことが出来ないので、以下の治療が必要になる場合があります。

①投薬治療

症状によって、内服薬、吸入薬、軟膏、点鼻薬、点眼薬などなどを使用します。

②レーザー治療

鼻炎に対してのみの治療です。

内服薬などが効果がない場合、妊娠中で薬が使えない場合、薬で眠たくなる場合などに効果的な治療となります。

③アレルゲン免疫療法

鼻炎や気管支ぜんそくに対しての唯一の根治を目的とした治療になります。

現在、5歳から皮下免疫療法と舌下免疫療法の2種類が保険適応になりました。いずれの方法も保険適応になります。

 

当院ではすべての治療を行っております。

一つの治療を選ぶのではなく、それぞれの治療を相談しながら組み合わせていくオーダーメイドのような治療をしております。

次の治療早見表を参考にしてみてください

アレルギーマーチ手帳ができました!

2018-08-08
テーマ:お知らせ

こんにちは。

暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

夏バテや熱中症にならないように、こまめに水分補給をして休憩をするようにしてくださいね。

 

さて、今日は新しいパンフレットが完成したのでお知らせします。

『アレルギーマーチてちょう』です!

 

そもそも「アレルギーマーチ」とは?皆さん聞いたことがあるでしょうか?

「アレルギーマーチ」とは、アレルギーの行進という意味で、アレルギー素因のあるこどもが乳幼児期にまずアトピー性皮膚炎や食物アレルギーを起こし、

年齢と共に気管支喘息やアレルギー性鼻炎になるなど、次から次へとアレルギーが症状を変えて進展していく様子を行進に例えてこう呼んだものです。

 

このような話を聞くと、

「うちの子はアトピー性皮膚炎があるけれど、将来気管支ぜんそくやアレルギー性結膜炎になってしまうの?」

と、不安になった方もいるのではないでしょうか。

ともちろん、アレルギー疾患を持つ方全員が必ず順番に上記のような症状が出てくわけではありません。

あくまでも【将来なる可能性がある】という話です。

将来なる可能性があると分かっているならば、「もしかして?」と思えることで医療機関へ早期受診・治療につながるかもしれません。そうすれば、症状も

軽く済み日常生活において上手くコントロールできるかもしれません。

その「もしかして?」のためにこの手帳のチェックリストを活用していただけたらいいなと思って今回の作成に至りました。

 

将来なる可能性がある症状・病気の知識を予め知っておくことは大きな武器になります。

例えば、自分にアレルギー性鼻炎がある場合、「将来生まれてくる赤ちゃんは、アトピー性皮膚炎になるかもしれない。」と予測できることで、病気の知識

を予め知ったり、こころの準備にもつながるかもしれません。病院に連れて行けば最終的な診断は医師がしますが、病院に来るまでは本人や家族の判断に

ります。少しでもこの手帳から、アレルギーの関連性を考えるきっかけになれば幸いです。

 

 

近年では、アレルギーの原因物質感作が皮膚から感作されることが多いと考えられ、スキンケアが重要視されています。

当院では『からだの洗い方と軟膏の塗り方』のパンフレットも配布しています。

石鹼の泡立てから、保湿剤の使用量の目安など皮膚の乾燥を防ぐための方法が載っていますので

ぜひ、「アレルギーマーチてちょう」と併せて見てみてください。

当院では、アレルギー専門医として総合的に診察・早期治療ができるように務めております。

少しでも気になること、不安なことがありましたら気軽にご相談ください。

 

スギ花粉症の舌下免疫療法が5歳からになりました!

2018-07-14
テーマ:お知らせ

免疫療法って知っていますか?

免疫療法は現在、アレルギーを治すことが出来る唯一の方法と言われている治療です。

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)を少量ずつ体内に取り込んで、アレルギー反応が起きにくい体にする治療です。

TVなどで食物アレルギーの子どもさんに牛乳を少しずつ飲ませて克服するといったニュースを見たことがありませんか?

これは経口免疫療法と言われる治療法です。

この治療の元になった治療法と言われるのがダニアレルギーやスギ花粉症に対する皮下免疫療法です。

実はこの皮下免疫療法、50年以上前の1963年から日本で行われている治療法なのです。ちなみに世界で一番最初に行われたのは100年以上さかのぼって1911年なのです。

しかし、その後、簡便で即効性のある抗アレルギー薬がたくさんの種類で出てくるようになって来ました。抗アレルギー薬などの利便性中心の治療になってしまいました。その結果、治癒の望める唯一の治療である皮下免疫療法を行っている病院・クリニックがさらに少なくなってしまい、どこでも受けられる治療ではない状況になったのです。

(もちろん、当院では皮下免疫療法を行っています)

そこで多くの病院・クリニックで行えるようにと出来た治療法が舌下免疫療法になります。

 

まず最初に2014年の10月よりスギ花粉症に対する治療薬であるシダトレンが使用可能になりました。

           

シダトレンは液体の薬を液体を舌の裏に滴下して行います。

始めの2週間は増量期で、スプレー式の薬剤になります。その後、垂らすタイプのパック式を継続いします。

ただし12歳以上が対象になる薬剤です。

 

次に、ダニによる通年性アレルギー性鼻炎の治療薬であるアシテア、ミティキュアが2015年11月及び12月に使用可能になりました。こちらも使用開始時では適応年齢が12歳以上でありました。

この錠剤はミティキュアの見本になります。スグに砕けて溶けてしまう錠剤なので舌の裏にずっと残ることはありません。

黄色の3300(JAU)を1週間使用してから、10000(JAU)に増量して継続します。

このダニ舌下免疫療法薬も本年2018年の2月より12歳以上という年齢制限がなくなりました。

理屈上は何歳からでも使用可能になりましたが、WHOの指針から免疫療法の推奨年齢が5歳以上でもあり、当院では5歳以上の方を対象としております。

 

さらに2018年6月29日に年齢制限のないスギ舌下免疫療法薬であるシダキュアが認可されました。

上記の写真のような錠剤型の治療薬です。

ミティキュア(ダニ製剤)と同様に2000(JAU)を1週間使用してから5000(JAU)に増量して、5000(JAU)を継続します。

こちらも5歳以上のスギ花粉症の方が適応になります。

ただし、シダキュアは新薬のため、1年間は2週間までしか処方出来ません。

 

今までは12歳以上の中学生が対象であった舌下免疫療法という選択肢が5歳以上の小学生にも増えました。

選択肢が増えると「どの治療法を選んだらいいのか」が迷いますよね。当院での治療早見表を参考にしてみてください。

当院では皮下免疫療法も舌下免疫療法もどちらも行っております。

それぞれに特長がある治療になります。どちらの治療が良いということはありません。少なくとも3~5年は継続する治療ですので、自分にとって続けやすい治療を相談して決めていきましょう!

大人もかかるアデノウイルスの症状・治療について

2018-07-05
テーマ:お知らせ

最近になって一気に気温が上がり、暑い日が続いていますね。

こういう暑くなってくる時期は熱中症に要注意です。

また夏かぜと言われるプール熱(アデノウイルス感染症)・ヘルパンギーナ・手足口病が流行し始める時期でもあります。

当クリニック周辺の幼稚園でも一部ではありますが、プール熱(アデノウイルス感染症)が流行しているところもあります。

 

アデノウイルス感染症とは?

アデノウイルス感染症とはその名のとおり、アデノウイルスに感染しておこる病気のことです。

実はアデノウイルスには50種類以上の型が報告されてます。

その型によって発熱(高熱のことが多い)、ノドの痛みなどがでる咽頭炎や扁桃炎、眼の充血、目やになどが出る結膜炎、腹痛や下痢・嘔吐などが起こる胃腸炎など様々な症状が現れます。

中でも「プール熱」と言われる咽頭結膜熱はアデノウイルス3型・4型で発症しやすく、アデノウイルス感染症の3大症状である発熱(高熱)、咽頭痛、結膜炎すべてそろったものです。しかし、3大症状すべてそろわないことも多くありますので、それらをまとめてアデノウイルス感染症と呼んでます。また、結膜炎のみの場合は流行性角結膜炎(はやり目)と呼ばれ、アデノウイルス8型の感染で起こりやすいです。

アデノウイルス感染症の種類について説明しています。アデノウイルスには50種類以上の型があります。発熱(高熱)、ノドの痛み、結膜炎の3つがそろえば咽頭結膜熱(プール熱)になります。こればアデノウイルス3型・4型による感染で起こりやすいです。結膜炎のみの場合は流行性角結膜炎いわゆる流行り目と言われ、アデノウイルス8型に多いと言われています。

 

アデノウイルス感染症の経過と治療

アデノウイルス潜伏期

アデノウイルスは感染してから約5~7日の潜伏期間をおいてから発症します。

すぐには発症しません、感染の疑いのある人と接触すれば「1週間」は要注意です。

アデノウイルスは非常に感染力の強いウイルスです。インフルエンザと同じぐらいの感染力とも言われてます。

感染経路はくしゃみなどによる飛沫感染および便などからの糞口感染がほとんどです。

特にタオルは感染源として非常に重要で感染者との共用は絶対にしないでください。プール熱という名前がついているのもプールの中でうつるというだけでなく、脱衣所でもうつりやすいということです。

アデノウイルス発病期

発熱(高熱が続きやすい)・咽頭痛などの症状があれば検査をしましょう。周りにアデノウイルス疑いの人がいるようならなおさらです。

のどの突き当り(咽頭後壁)が真っ赤になっていたり、扁桃(腺)に白い膿がついていたりするようなら注意が必要です。

アデノウイルス簡易検査がありますので、10分ほどで診断が出来ます。(当クリニックでも検査可能です)

インフルエンザの検査と似ていますが、アデノウイルスは鼻からではなくのどの粘膜もしくは眼(結膜)の粘膜から採取しますので小さなお子さんでも簡単に出来ます。

もし、検査で陽性が出れば、残念ながらアデノウイルス感染症ということになります。

遅れて結膜炎が出てきたりもするので、基本的は咽頭結膜熱(プール熱)と同様の扱いになります。

要するに、しばらくは幼稚園・保育園・学校に行けないことになります。学校保健法上は「主要症状が消失した後、2日を経過するまで出席停止とする」となってます。簡単に言うと「熱が下がって2日間は周りのおともだちにうつすかもしれないので我慢してください」ということです。

 

では「どうすれば、幼稚園・保育園・学校に早く行けるようになりますか?」ですが、残念ながらアデノウイルスをやっつける薬はないので、自分の免疫力でウイルスを退治する方法しかありません。

咽頭痛や発熱の多くは5日前後で回復しますので、その間は最大限の免疫力を発揮できるように栄養をつけて、休息をとるようにしてください。全身状態が悪いようであれば、鎮痛解熱剤を使用することもあります。

特に小さなお子さんは発熱による体液の消失と咽頭痛による水分摂取不足のために脱水状態になることを気をつけましょう。

薬局などに売っている経口補水液でしっかりと水分の補給をしてあげてください。

 

また、アデノウイルスは子どもに多い病気ではありますが、大人にもうつる病気です。治療方法は子どもと同様に薬がありませんので自己免疫力で治すことになります。

大人には学校保健法が適応にはなりませんので、厳密なルールでの出勤停止はありません。事業所での判断によることになります。

 

アデノウイルス回復期

熱が下がっても2日間は自宅でゆっくりしましょう。

登園(校)許可書が必要な場合もありますので、幼稚園・保育園などに確認してみてください。当クリニックでも記入していますので必要であれば、お申し出ください。

登園(校)出来るようになっても、しばらくは便中からウイルスが排泄され続けます。

特に、入浴・プールなどでは熱が下がっても2週間前後は感染する可能性がありますので気をつけましょう。

 

アデノウイルス感染症の経過を説明しています。感染後5~7日間の潜伏期を経て高熱、咽頭痛、結膜炎などの症状で発症します。5日前後で症状は改善しますが、症状軽快後2日は保育園・幼稚園・学校は出席停止となります。またその後も2週間前後は糞便中にウイルスが残っている時期ですので感染のリスクが完全に無くなってはいません。

院内に「夏かぜ」のリーフレットも置いております。

プール熱だけではなく、手足口病やヘルパンギーナについても書いておりますリーフレットです。

ご自由にお持ち帰りください!

わしお通信 2016年7月号も参考にしてみてください!

歓送迎会♪

2018-07-04
テーマ:お知らせ

こんにちは(*^^*)

先日、歓送迎会がありました!

スタッフ全員が集まり、楽しい会になりました♪

お料理の写真を撮るのを忘れてしまい、デザートの写真だけですが・・・

これからも親睦を深め、患者様に安心してご来院頂ける院内の雰囲気作りに努めます!