blog-back

秋のアレルギー ~ダニ・キク科花粉・寒暖差~





まだまだ暑い日が続きますが、9月に入って、少しずつ朝・夕は気温も下がり過ごしやすい日が出てきましたね。2学期が始まって、「鼻が出てきた」、「鼻がつまってのどが痛くなってきた」、「咳が出てきた」といった患者さんが徐々に多くなってきました。

 

秋になると調子が悪くなるのは「アレルギーのせい」かもしれません

秋になると、また、季節の変わり目に、鼻やのどの調子が悪くなることがありませんか?「風邪を引いた」と言っている人も多くなり始める時期になります。ところで、それは本当に「風邪」なのでしょうか?一般的に風邪の症状は 鼻が出たり、鼻がつまったり、咳が出たり などが多いですよね。実は、これらの症状はアレルギーでもよく出る症状でもあります。ということは症状では風邪とアレルギーの区別がつかないということになります。

また、下の図のように「アレルギーのある人が風邪(ウイルス性上気道炎)をひいたら」、風邪のせい?、アレルギーのせい?どちらなのでしょうか。

もちろん、風邪とアレルギーの両方の影響を考えますよね。

少しややこしくなりましたが、皆さんが使っている「風邪」という言葉は、病名というよりは「そんな症状が出てきた」という意味で使っていることが多いのではないでしょうか。「風邪」という一つの病気を指しているのではなくて、いろんな病気のことを「風邪」と言っていることになります。ですので、なんでも風邪ということができてしまいますね。

 

では、「この症状は風邪っぽいのか?」考えてみてはどうでしょうか?

風邪はあくまでも長く続かない、繰り返さないものです。むしろ、自然に1~2週間で治るものを風邪と呼んでいるといってもいいのではないでしょうか?ということは、「長引いたり、繰り返したりすると風邪っぽくない」ということになります。風邪を引いた後に咳が続く場合なども風邪っぽくないといえるかもしれませんね。

次に、風邪はウイルス性の上気道炎としてを考えるので、上気道、すなわち鼻やのどに一緒に感染がおこります。最初は発熱や咽頭痛、そのあとに鼻症状や咳がでて、時間的な変化をしながら回復していきます。反対に「鼻は出ないのですが、咳でしんどいのです」、「のどは大丈夫たけど、鼻だけが調子悪いのです」などの「症状がたくさんないのは風邪っぽくばい」ということです。

また、「朝起きたら鼻水が出ます」、「夜になると咳がひどくなります」など普通の風邪なら朝や夜で変化するというよりも1日単位で変化することが多いので不自然ですよね。「1日の中に波があるのも風邪っぽくない」といえるでしょう。

 

もし、「風邪っぽくなくてアレルギーかも」と思えば、秋には何のアレルギーを考えるのでしょうか?

 

秋のアレルギーには ①ダニ(ハウスダスト) ②秋花粉 ③気象条件 を考えます

①ダニ(ハウスダスト)

テレビのCMなどでもよく見かける「ハウスダスト」とか「ダニ」とか、またまた「ほこり」とかはどういった意味なのでしょうか。これらの違いって分かりますか?

厳密には「ほこり」は目に見えるもので、「ハウスダスト」が目に見えないものということらしいのですが、イメージ的には「ほこり」の中で見えないものを「ハウスダスト」と呼んでいるという方が分かりやすいと思います。ということは、砂ぼこりなどはほこりかもしれませんが、ハウスダストではないということです。

さらにハウスダストのなかでアレルギーの原因としてもっとも多いのが、ダニです。なので、ダニ以外のハウスダストといわれるものに真菌といわれるカビや昆虫、ペット関係が含まれることになります。また、ダニといってもアレルゲン(アレルギーの原因物質)で多いのがヒョウヒダニ(チリダニ)といわれるヤケヒョウヒダニやコナヒョウヒダニが中心です。刺すダニは屋外に生息するマダニであり、アレルギーの原因ではないのです。アレルギーのお話をするときのダニといえば、ヒョウヒダニのことを指していることが多いのです。


でも、どうして秋のアレルギーと言えば、まずは「ダニ」となるのでしょう?

「ええっ~?? ダニ・ハウスダストは1年中じゃないの?」もちろんその通りです。しかし、イメージとは違って1年中同じ量ではないのです。ダニには生きているダニ「生ダニ」と死んでいるダニ「死ダニ」があります。空気中に舞い上がったダニを吸い込むことによってアレルギーを引き起こすので、アレルギーの原因になるのは死ダニの方です。そのダニの死がいが細かくなったものやダニのフンなどが空中に舞うことによってアレルギーを引き起こします。

皆さんのイメージ通りに梅雨頃から夏にかけて生きているダニが増えます。そして、そのダニが死んでいき、たまっていくために死ダニやフンは9~11月に多くなります。すなわち秋にピークになるのです。

 

さらに、花粉よりもダニの死骸やフンの方が小さいために奥まで入りやすいために、鼻症状だけでなく咳の原因にもなりやすいのです。鼻の調子が悪くて、咳が出る、さらに鼻がつまるためにのどが乾燥して痛くなる、このような症状であれば、アレルギーの症状を風邪といっているかもしれませんよね。

ということは、秋になって、風邪っぽくない咳が出ている人はダニアレルギーが原因かもしれないですね。

②秋花粉
秋におこる花粉症はまずは3種を考えます。キク科花粉、イネ科花粉、スギ花粉です。

キク科花粉は菊ですから秋をイメージしやすいですよね。有名なキク科花粉症はブタクサやヨモギなどです。ブタクサやヨモギはどこにでもある雑草で武庫川の河川敷などでもよく見かけます。キク科花粉症がある人はスイカやメロン、セロリなどの果物・野菜などやスパイスでアレルギー症状が発症する花粉-食物アレルギー症候群(口腔アレルギー症候群)を合併する場合があります。それらの食物アレルギーがあって秋に花粉症症状があれば、キク科花粉症の可能性が高いと言えます。

イネ科花粉も秋を連想しやすいですが、花粉症は実のなる時期ではなく花が咲く時期に起こります。ですので一番有名なイネ科雑草のカモガヤはGW~梅雨時期に調子が悪くなります。しかし、イネ科花粉は他のイネ科植物と共通していることが多くて、ススキなど秋に開花・花粉飛散するイネ科植物があります。初夏に花粉症がでる人は秋も注意が必要です。

また、スギ花粉も秋に間違って飛散することがあります。ふつう、スギ花粉は夏から秋に出来た花粉を冬の間はためておき、気温が高くなってきた春に飛散するのですが、気象条件によって間違って、秋に飛散させてしまうことがあるのです。もちろん、春の時期のように長期間に多く飛散することはありません。

ブタクサやヨモギなどのキク科花粉やイネ科花粉は雑草の花粉ですので、樹木であるスギ花粉のように何十kmも飛散するのではなく、数十mの飛散距離ですので、なるべく近寄らないといった対策を立てやすいとも言えます。

西宮市のホームページから9,10月は花粉情報を見ることが出来ます。参考してみてください。https://www.nishi.or.jp/kosodate/index.html

③気象条件
気温・温度差や台風などによる気圧差などによってアレルギー症状が引き起こされることはよくあります。特に、元々、鼻炎や喘息などのアレルギーのある人は鼻の粘膜や気管の粘膜が敏感・過敏なので、寒暖差や気圧差という刺激によってアレルギー症状が出やすいのです。寒暖差アレルギーや気象病などといわれているかもしれません。

鼻炎や喘息がもともとある、もしくはあった人は、鼻やのど、気管などの気道粘膜が過敏・敏感である可能性があります。アレルギーの無い人では刺激にならないような温度差や気圧差で症状が出てしまう可能性が高いのです。そのアレルギー症状中でも、特に咳の症状には注意が必要です。

上のアンケートで示されるように、喘息を引き起こす誘因として訴えの多いものは秋に多いのです。お子さんが「運動会の練習が始まってから風邪を引いている」といったエピソードの中にはアレルギーによるものが隠されているかもしれません。風邪っぽくないと思ったら受診をしましょう。

秋はさまざまな原因でアレルギーが起こりやすい季節です。アレルギーの原因や症状によって治療方法が変わってきます。

きちんと原因を調べて、快適な秋を過ごしましょう!

舌下・皮下免疫療法は今が始め時です!





本日のスタッフブログは、先日、院長のブログでも詳しく説明がありました”免疫療法”についてです(^-^)

当院で実際に1年以上、治療を受けていらっしゃる患者様より、たくさんのお声をお寄せいただきました。
興味はあるけれども、不安もある・・そんな患者様の参考になればと一部ご紹介させていただきます。

Q 治療開始にあたって悩んだこと。またどのように解消されましたか?

・本当に効果があるのか・コスト面が心配だったが、症状の酷い時期が軽くなり、1回数百円なのでさほど負担にならない(大学生)
・アナフィラキシーショック等について心配だったが、先生の説明と対応により解消された(小学生)
・長期間かかる治療なので始めるか悩んだが、回数を重ねると通院間隔が長くなり良かった(中学生)
・子どもが注射を嫌がるのではないかと心配したが、回数に応じてご褒美をするという形で解消した(小学生)
・効果がなかった時のことを考えると悩んだが、娘の症状を見てこのままではいけないのではないかと思い切って始めた(小学生)

Q治療を開始する前と後のイメージの違いはありましたか?

・注射を嫌がると思ったが、意外とすぐ慣れた。注射が平気になった(小学生)
・毎週通院できるか不安だったが、習い事のような感じで続けることが出来た(小学生)
・思っていた以上に効果を実感できた(20代男性)
・毎日続けられるか不安だったけど、曜日ごとにケースに入れて管理した(舌下免疫療法・小学生)

Q 免疫療法を他の方に勧めますか? 

勧める 40人

・よく効いていると思う。明らかに服用の回数が減った(38才女性)
・春の憂鬱感が減りました!その年によって症状は違いますが、とても酷い状態には
なりにくいので(40代女性)
・痛みもなく自宅で出来るので(舌下免疫療法・中学生)
・根治を目指せるので勧めたい(小学生)
・薬なしで症状が抑えられるから(40代男性)

 

勧めない・どちらでもない 13人

・子どもは症状が良くなってきたので治療を受けて良かったが、人によってどうかはわからないし、ずっと通院するのは大変なので勧めるか悩みます(小学生)
・小さい子は注射の痛みに耐えるのが難しい(小学生)
・毎日、忘れずにしないといけないので人には勧めない(舌下免疫療法・小学生)

以上 患者様のアンケートより

 

免疫療法は、手間と3~5年の期間が必要な治療法ではありますが、根治を目指せる治療法でもあります。

花粉症状も落ち着いてくるこの時期は、スギ花粉症の方にもダニアレルギーの方にも免疫療法を開始する良い時期となっております。また、ハウスダストのアレルギーをお持ちの方も免疫療法を開始されると秋には症状が楽になる可能性もあります。

ご興味のある方は当院にお気軽にご相談くださいね。
アンケートにご協力いただきました皆様ありがとうございました。

5歳からできるスギ花粉症の舌下免疫療法って知っていますか?





やっと、スギ・ヒノキ花粉が過ぎ去って、花粉症から解放された方も多い時期になりました。

まだ、鼻炎症状や目のかゆみが続く方は、スギ・ヒノキの花粉以外に反応しているかもしれませんね。まだの方は検査で調べてみてはいかがでしょうか?

 

ところで、免疫療法って知っていますか?

免疫療法は現在、アレルギーを治すことが出来る唯一の方法と言われている治療です。

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)を少量ずつ体内に取り込んで、アレルギー反応が起きにくい体にする治療です。

TVなどで食物アレルギーの子どもさんに牛乳を少しずつ飲ませて克服するといったニュースを見たことがありませんか?

これは経口免疫療法と言われる治療法です。

この治療の元になった治療法と言われるのがダニアレルギーやスギ花粉症に対する皮下免疫療法です。

実はこの皮下免疫療法、50年以上前の1963年から日本で行われている治療法なのです。ちなみに世界で一番最初に行われたのは100年以上さかのぼって1911年なのです。

しかし、その後、簡便で即効性のある抗アレルギー薬がたくさんの種類で出てくるようになって来ました。抗アレルギー薬などの利便性中心の治療になってしまいました。その結果、治癒の望める唯一の治療である皮下免疫療法を行っている病院・クリニックがさらに少なくなってしまい、どこでも受けられる治療ではない状況になったのです。

(もちろん、当院では皮下免疫療法を行っています)

そこで多くの病院・クリニックで行えるようにと出来た治療法が舌下免疫療法になります。

 

スギ花粉舌下免疫療法薬(シダトレン)

まず最初に2014年の10月よりスギ花粉症に対する治療薬であるシダトレンが使用可能になりました。

    

シダトレンは液体の薬を液体を舌の裏に滴下して行います。始めの2週間は増量期で、スプレー式の薬剤になります。

その後、垂らすタイプのパック式を継続いします。ただし12歳以上が対象になる薬剤です。

 

新しいスギ花粉舌下錠(シダキュア)が出てきたために、シダトレンは2021年3月31日で販売終了となります。当院でもシダトレンで治療されている方は随時、シダキュアに変更しています。

 

ダニアレルギー舌下免疫療法薬(アシテア、ミティキュア)

次に、ダニによる通年性アレルギー性鼻炎の治療薬であるアシテア、ミティキュアが2015年11月及び12月に使用可能になりました。こちらも使用開始時では適応年齢が12歳以上でありました。

この錠剤はミティキュアの見本になります。スグに砕けて溶けてしまう錠剤なので舌の裏にずっと残ることはありません。

黄色の3300(JAU)を1週間使用してから、10000(JAU)に増量して継続します。

このダニ舌下免疫療法薬も本年2018年の2月より12歳以上という年齢制限がなくなりました。

理屈上は何歳からでも使用可能になりましたが、WHOの指針から免疫療法の推奨年齢が5歳以上でもあり、当院では5歳以上の方を対象としております。

 

スギ花粉症舌下免疫療法薬(シダキュア)

さらに2018年6月29日に年齢制限のないスギ舌下免疫療法薬であるシダキュアが認可されました。

上記の写真のような錠剤型の治療薬です。

ミティキュア(ダニ製剤)と同様に2000(JAU)を1週間使用してから5000(JAU)に増量して、5000(JAU)を継続します。

こちらも5歳以上のスギ花粉症の方が適応になります。

今までは新薬ということもあり、発売後の投与制限のために2週間までしか投与できませんでしたが、2019年5月1日よりほかの薬と同様に2週間以上の投与が可能になりました。

また、シダトレンと比べても舌下に保持する時間が2分から1分に短縮されたこと、冷所保存の必要がなくなったこと、で使い勝手がよくなりました。さらに維持期の抗原量が2000(JAU)から5000(JAU)に増量されたことからより高い効果が期待できます。

 

ダニアレルギー、スギ花粉症の治療早見表

今までは12歳以上の中学生が対象であった舌下免疫療法という選択肢が5歳以上の小学生にも増えました。

選択肢が増えると「どの治療法を選んだらいいのか」が迷いますよね。当院での治療早見表を参考にしてみてください。

 

 

皮下免疫療法 VS 舌下免疫療法

また、皮下免疫療法と舌下免疫療法のちがいの早見表も参考にしてみてください。

大まかに言いますと「病院で行う治療が皮下免疫療法」で「家で行う治療が舌下免疫療法」です。

通院頻度の点からすると「はじめは頻繁に病院に行かなくてはならない皮下免疫療法」と「皮下免疫療法ほど最初は通院しなくてよい舌下免疫療法」、自宅での治療という点からすると「家では何もしなくてよい皮下免疫療法」、「家で毎日しなくてはならない舌下免疫療法」とも言えるかもしれません。

当院では皮下免疫療法も舌下免疫療法もどちらも行っております。

それぞれに特長がある治療になります。どちらの治療が良いということはありません。少なくとも3~5年は継続する治療ですので、自分にとって続けやすい治療を相談して決めていきましょう!

 

カモガヤ花粉症と黄砂アレルギー?





ゴールデンウィーク・5月の花粉症とは?

だんだんと気温も上がってきて、過ごしやすい季節になってきましたね。花粉症の方もゴールデンウィーク明けの、あと2~3週間ぐらいでヒノキ花粉の飛散もおわり、嫌な季節が過ぎようとしています。

例年の傾向ではありますが、西宮あたりではバレンタイン過ぎてからゴールデンウィークまでの時期が花粉飛散期になります。そして「スギ花粉飛散のピークは春分の日前後」「ヒノキ花粉飛散のピークは桜が散り始めたころ」と2度、ピークがくるので一度3月下旬から4月上旬にマシになりますが、もう一山来ることに気をつけなければなりません。

 

ここでに皆さんが「花粉症」と言っているのは何花粉の事なんでしょうか?

あくまでも「花粉症」というのは「スギ・ヒノキ花粉症」を略して言っているのではないでしょうか?

もちろん「スギ花粉症」だけの人は4月上旬までで症状が落ち着きますし、少数派になりますが、「ヒノキ花粉症」のみの人は3月下旬から症状が出現します。

他に「自分の花粉症は他の人より長く続くタイプ」という花粉症はカモガヤ花粉症かもしれません。

 

カモガヤ花粉症とは

カモガヤとはイネ科の雑草で武庫川の河川敷や公園や道路わきなどどこにでも生育しています。5~7月に開花するためゴールデンウィークから梅雨頃の時期に花粉症症状が出ます。

イネ科花粉症と共通に使われることが多いのは他のイネ科植物であるハルガヤ・オオアワガエリ・ギョウギシバなどの花粉にもカモガヤ花粉症は多くの人が反応してしまうため「カモガヤ花粉症=イネ科花粉症」と同じ意味で使われることが多いのです。

ちなみにイネ科と聞くと「秋」と連想しますが、あくまでも「花粉が飛ぶ時期=花の咲く時期」であるので、イネ科花粉症は初夏の花粉症の代表になります。ただし、多くのイネ科植物と共通するために場所によっては9、10月ごろにも症状が出る場合があります。

また、スギ・ヒノキ花粉のような背の高い樹木の花粉は風にのると数十Km以上と以上に遠くまで飛びますが、背丈が1m前後の雑草であるイネ科は数十mから数百mしか飛びません。

ですのでスギ・ヒノキ花粉からはなかなか逃げ切れませんが、イネ科花粉からはうまくいけば逃げれるのです。そういう意味でイネ科花粉症はスギ・ヒノキ花粉症より抗原回避の効果が高い花粉症といえるのです。

 

花粉-食物アレルギー症候群(口腔アレルギー症候群)も注意です

カモガヤやオオアワガエリなどのイネ科花粉症の人はメロンやスイカでのどがイガイガすることがあります。

イネ科花粉症の中でもプロフィリンというタンパク質にアレルギーをもつ場合は同じくプロフィリンが含まれる果物や野菜に反応してしまう事があるのです。メロンやスイカ、セロリなどでのどがイガイガするのはそのためと考えれています。

プロフィリンは熱や酸に対して弱いので加熱・加工すれば症状が出ない場合が多く、胃酸の影響を受けない口から喉の症状が多くアナフィラキシーなどの全身症状が出ることは少ないと考えられています。

 

イネ科花粉症の治療は現在のところ免疫療法のエキスがありませんので、対症療法である薬の治療またはレーザー治療のどちらかになります。

花粉症といっても花粉の種類によって、花粉対策も変わりますし、治療も変わります。まずは「何」花粉症であるのかを調べるところから治療は始まりますので、きちんと診断をつけましょう。

 

黄砂アレルギー?

この時期にもう一つ花粉症に関連するのが黄砂になります。黄砂は主に中国の砂漠地帯地方(ゴビ砂漠・タクマラカン砂漠など)や黄土地帯の砂塵が砂嵐となり、偏西風に乗って飛来して来ます。そのとおり道である韓国や日本に黄砂による影響を及ぼします。時期的には「2~5月の春」に飛んでくることが多いのでスギ・ヒノキ花粉症と重なって症状がひどくなります。

 

黄砂アレルギーと言われたりしますが、黄砂はアレルギーの原因であるアレルゲンではないのです。

では何でしょう?

実は黄砂はアレルゲンではなくて刺激物質なのです。

こんがらがってしまう原因は「アレルギー」という言葉にあります。アレルギーの人は花粉症やダニアレルギーのようにアレルゲンとして原因になっているものはもちろん、黄砂やpm2.5、温度差などの刺激物にも弱い過敏症でもあるのです。

要するに、過敏症まで含めて「アレルギー」と呼ぶか、

もっと広げて苦手なもの・拒否反応を起こすものまで「アレルギー」と呼ぶかによって違ってくるのです。

「アレルギー(花粉症)と過敏症(黄砂・PM2.5)の関係」

 

ですので、花粉症の人はもちろんのこと花粉症以外のアレルギーの人、鼻過敏症の人も黄砂に反応してしまうのです。

 

また、黄砂やpm2.5は花粉よりもサイズが小さいことが特徴です。

小さいと鼻や目などの入り口付近だけではなくて、狭いところ、すなわち気管などの奥まで入りやすいということになります。咳などの気道症状が出やすいということも注意が必要になります。

 

これからの時期にくしゃみや水鼻、眼のかゆみ、コンコンという乾いた咳をあれば、

それは・・・・・・   「カモガヤ花粉症かも、黄砂の影響かも」

それをきちんと見分けるためには検査が必要です。もしかしたらと思えば一度アレルギー検査をしてみましょう。

 

 

今年から花粉症? ~スギたけじゃなくてヒノキも注意~





そろそろスギ花粉症の人も少し落ち着いてきた感じではないでしょうか? しかし、まだまだ油断は禁物です。

 

皆さんが「花粉症」というと(何?)花粉症のことを言っているのでしょうか?

診察の際も「花粉症です」といわれた患者さんに「なに花粉症ですか?」とたずねると「よく分かりません」とか「多分、スギです」とはっきりとしていないことが多く見られます。時期的には春の花粉症のことをいっていることが多いと思いますが、スギ花粉症だけではなくて、スギとヒノキの2つの花粉症のことを「花粉症」と言っているのが一番多いのではないでしょうか。

実は「スギはヒノキ科の樹木」です。それを聞くと、スギとヒノキ両方の花粉症があることは不思議なことではありませんよね。

 

スギとヒノキの花粉が飛ぶ時期は?

ではスギ、ヒノキの花粉飛散の時期はいつでしょう?

西宮市ではスギ花粉は2月下旬から4月上旬までのことが多いです。ということは、スギ花粉の飛散は終盤を迎えていて、あと1~2週間で飛散終了になりそうです。

しかし、ヒノキ花粉は3月下旬から5月上旬まで飛散します。これからがヒノキ花粉の本番です。あと1か月は油断禁物の時期が続くので、ヒノキの花粉症がある人はしっかりと対策をたてましょう。

スギ花粉と合わせると花粉症は「バレンタインデーからゴールデンウィーク」まで注意が必要になります。

 

「検査でなかった」のでヒノキ花粉症ではない?

よく「アレルギー検査ではヒノキはなかったので、ヒノキ花粉症はないです」といわれることがあります。果たして本当にそうなのでしょうか?

 

アレルギー検査というと現在、血液検査が中心です。では血液検査は何を調べているのでしょう?

血液検査では特異的IgEというものを調べています。簡単にいうとアレルギーの体質を調べているのです。しかし、この検査には2つの落とし穴があります。「検査が陽性でもアレルギーじゃない」場合と「検査が陰性であってもアレルギー」の場合があるということです。

検査が陽性でもアレルギーじゃない

「その特異的IgEがあればアレルギーでしょう」と思われるかもしれませんが、必ずしもそうではないのです。

アレルギーは感作と発症と2つの時期に分けられます。「準備段階の感作」と「症状が出てくる発症」ですが、感作と発症には時間差があり、必ずしも感作しているから発症しているとは限らないのです。あくまでも、アレルギーの体質というのは感作の状態であり、その感作を示す指標が特異的IgEとなります。血液検査は特異的IgEを調べる検査ですので、感作を調べる検査であって、アレルギーが発症しているかを調べる検査ではないのです。

症状があることがアレルギーである前提ですので、検査で陽性になっても発症していない場合はアレルギーではないということになります。これが「検査が陽性であってもアレルギーではない」という落とし穴の正体です。
診断上、アレルギーであるというには、検査が陽性であること、症状が出現する(している)こと、の2つがそろっていることが必要になります。

加えて、あくまでも血液検査は感作の状態を示すものですので、「検査の数値と症状の強い弱いとは比例しない」という点も誤解しやすいところです。症状の強い弱いに一番影響するのはアレルゲンの量です。花粉症では花粉の量が一番症状に影響するということです。そりゃそうですよね。

検査が陰性であってもアレルギー

さらに特異的IgEによってアレルギー検査の精度が違うという点も考慮しなければいけません。実はアレルゲン(アレルギーの原因物質)それそれによって検査精度が異なるのです。

スギとヒノキの検査を比べるとスギの方がヒノキより精度が高いのです。実際、ほとんどのスギ・ヒノキ花粉症の検査結果でヒノキよりスギの方が高くなっています。

検査精度が低い項目は検査上、陽性になりにくいという点が「検査で陰性であってもアレルギー」というもう一つの落とし穴の正体です。残念ながら、100%の精度の検査はないですし、アレルゲンの項目によっては検査結果の判断が異なることに注意が必要です。

ヒノキ科の樹木であるスギ花粉症があれば、ヒノキ花粉症の疑わなければならない理由がこの検査の精度にあります。ヒノキ花粉の飛散時期に症状がなくて検査でも陰性の人はヒノキ花粉症ではないといえますが、去年までにヒノキ花粉の本格飛散時期である4月にも症状があるスギ花粉症の人は検査でヒノキが陽性でなくてもヒノキ花粉症と診断されます。

この精度を上げるために食物アレルギーではアレルゲンコンポーネントという考え方が進んでます。アレルギーというのはタンパク質に対する反応ですので、より詳しく、より精度よく、するためにこのタンパク質(アレルゲンコンポーネント)のIgEを調べられるように徐々になってきています。

 

今年から花粉症?

今年から花粉症かも?という人も多いかもしれません。スギ花粉の多い年は新規発症の花粉症が多くなるともいわれています。また、発症から数年は花粉症の症状は酷くなるという傾向もあります。ですので、「この症状は花粉症かな?」と思った人はきちんと検査をうけて、正しい診断をうけましょう。

花粉症の症状は

では、どのような症状を花粉症と疑うのでしょうか?

花粉症の症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻症状、目のかゆみ、目やに、充血などの眼症状、喉のかゆみ、喉の痛み、咳などの気道症状、皮膚のかゆみ、乾燥、荒れなどの皮膚症状など多彩にあります。

「風邪か花粉症かはわからない」というのはよくあります。実は花粉症の症状と「かぜ」の症状はほとんど同じです。わからなくて当たり前なのです。ではどのように見分けるのでしょうか?ポイントは「かぜ」っぽいか?です。

「かぜ」っぽい症状とは、喉の痛み、発熱、水鼻、黄鼻、咳などの上気道症状がいろいろと変化して出てくること、1~2週間でほとんどの症状がなくなること、です。

反対に「かぜ」っぽくない症状は、同じ症状が続いていること、症状が続いたり繰り返したりすること、になります。ほかに場所や時間帯によって症状に波があることも「かぜ」っぱくないですよね。

花粉症などのアレルギーの症状ではモーニングアタックといわれる朝にくしゃみや水鼻がひどくなることが良くあります。これも「かぜ」っぽくない症状と言えます。もちろん、眼症状や皮膚症状があれば、「かぜ」っぽくない症状ですので、花粉症の可能性はかなり高くなります。

花粉症(アレルギー)は慢性疾患

花粉症というとイメージしにくいかもしれませんが、花粉症は花粉アレルギーです。花粉症が「かぜ」と異なる点は、「かぜ」は急性疾患で、花粉症(アレルギー)は慢性疾患である、ということです。要するに花粉症は、「かぜ」と違って、長引いたり繰り返したりするのが前提です。花粉の飛散量に左右されますが、花粉症の可能性があるということは来年の春も花粉症がやってくるかもしれないということです。

花粉症の疑いがある人は症状がある間にきちんと診断をつけて、花粉症であった人は来年の準備をしましょう。

また、今年からスギ花粉症ということはヒノキ花粉症の可能性もあるということになるので、まだまだ注意が必要です。しっかりと対策と治療をしましょう。

 

 

 

 

 

 

わしお耳鼻咽喉科 TEL: 0798-56-8733 兵庫県西宮市瓦林町20-13
【診察】午前8:45~12:00 午後15:45~19:00【休診日】水曜と土曜の午後 日曜・祝日