blog-back

スギ花粉からヒノキ花粉へ





そろそろスギ花粉の飛散が落ち着いて、ヒノキ花粉の飛散が始まる時期になります。ヒノキ花粉症もある人は油断せずにもうしばらく対策を続けましょう。

でも、スギ花粉症とヒノキ花粉症とはどう違うのでしょうか?

 

スギ花粉症とヒノキ花粉症の違いは

基本的には同じ花粉症の症状になりますが、時期的に違いがあります。簡単にいうと、3月がスギ花粉の飛散時期、4月がヒノキ花粉の飛散時期になります。

ではどんな人がヒノキ花粉症を疑うのでしょうか?

4月に花粉症の症状がある人がヒノキ花粉症を疑う人ということになります。でもアレルギー検査をしていなかったり、検査をしていてもヒノキ花粉の抗体が陰性であったりすると、スギ花粉症の方が有名なために「4月に花粉症症状があってもヒノキ花粉症ではない」ということになってしまいがちです。もっともイメージしやすいのは「スギはヒノキ科の樹木」であることを知っておけば、スギ花粉症とヒノキ花粉症は兄弟みたいな花粉症であるとわかりますね。

ということは「スギ花粉症の人(3月に花粉症症状がある人)が、今までに4月にも花粉症症状があれば、ヒノキ花粉症を疑います」となります。これはたとえ検査でヒノキ花粉の抗体が陰性であったとしても、4月に症状があればヒノキ花粉症の疑いがあるのです。残念ながら、アレルギーの血液検査は100%間違いないということはないのです。特に採血した時期や抗体の検査感度によって結果は違ってくるので、症状と合わせて検査結果を判断する必要があります。

 

西宮市でのヒノキ花粉の飛散状況

西宮市環境衛生課の資料より過去5年のヒノキ花粉の飛散状況を見てみましょう。

初観測日は年によってまちまちですが、本格的な飛散開始を示す飛散開始日は3月下旬からになっていますね。

今年もそろそろヒノキ花粉にも警戒が必要な時期になってきました。

ヒノキ花粉のピークはこれも年によって違いはありますが、4月上旬から中旬にかけてなので特に注意が必要なようですね。

また、飛散終了はゴールデンウィークごろになっていることが多いです。これはあくまでも予想です。自然は気まぐれでもあるので、あと1か月から1か月半は花粉症の対策をしっかりとしておいた方が無難です。

 

さらにこの時期に来年の2021年の対策も立てておいたほうがよいでしょう。

 

花粉の飛び始めとは ~2020年の予想~





そろそろ花粉が飛び始める時期が近づいてきましたね。

ところで「花粉が飛び始めた」ということはどういうことなのでしょうか?

花粉が飛び出すもっと前から花粉症の症状が出ているから、もう花粉が飛んでるんじゃないの?って思ったことはないですか。

 

飛散開始日と初観測日

実は花粉の飛び始めということには「飛散開始日」と「初観測日」の2種類あるのです。

初観測日というのはその通りで初めてスギ花粉が観測された日のことです。ただし、1月1日からの初観測ですので、前の年の12月に飛んだ分の花粉はカウントされないのです。次に、飛散開始日というのは1月1日を過ぎて、観測プレパラートで1個/㎠以上の日が2日連続飛散した初日のことを言います。ということは、花粉が飛んでいても、1個/㎠以上飛ばなかったり、2日連続で飛ばなかったりすればカウントされないということになります。一般的には「花粉の飛び始め」は花粉飛散開始日のことを言うので、初観測日から飛散開始日の間は花粉が飛んでいる日があるけど本格的にはまだ飛んでいないということになります。簡単に言うと花粉飛散開始日というのは「本格的に」花粉が飛び始めた日という意味になります。

ちなみに飛散終了日というのは観測プレパラートで3日連続で0個だった日の最初の日ですので、そのあとにたまに花粉が飛んでもカウントされないのです。

では2020年のスギ花粉飛散開始日の予想はどうなっているのでしょうか?

2020年のスギ花粉飛散開始時期日本気象協会の予報では、関西は例年通りで、バレンタインデーを少し過ぎた2月24日ごろの予想になっています。

 

西宮市の飛散開始日と初観測日

下の表は西宮市の過去5年間の初観測日と飛散開始日を西宮市環境衛生課の資料を基に示したものです。

わしお耳鼻咽喉科のあるのは中部になりますので、年明けごろにスギ花粉の初観測がされてから、2月20日前後から本格的に飛散開始になることが多いようです。

もちろん、花粉の飛散は自然現象ですので、その年の気象条件によって変わるので、あくまでも参考です。余裕をもって対策を立てることが大切になります。

ヒノキ花粉の飛散開始日は3月下旬ごろであり、少なくとも5月上旬のゴールデンウィークまでは注意が必要ということです。年によっては5月中旬まで気を付けなければならない時もあります。

 

2020年の花粉飛散量予想

2020年のスギ花粉飛散量の予想では日本気象協会(第2報)でもウェザーニューズでも昨シーズン(2019年)よりも非常に少ない傾向にあります。

2020年の花粉飛散量(前シーズン比)box1

また、2020年は例年と比べても少ない年になりそうです。

 

2020年の花粉飛散量(例年比)box0

花粉症の方にとっては非常にうれしいニュースですね。しかし、油断は禁物です。次のグラフは最近10年の近畿地方での花粉飛散量を示したものです。

 

box0

2019年は花粉が多く飛んだ大量飛散の年になりますので、2020年はそれ比べると少ないのですが、2018年の飛散量とあまり変わらない予想といえますね。特に大量飛散の年には新たに花粉症を発症することが多いと言われており、発症から数年は症状が悪化するとも言われています。やはり油断はせずにしっかりと花粉症対策を立てておいて損はなさそうですね。では今からどんな治療ができるのでしょうか?

 

レーザー治療と薬による初期治療

スギ花粉症の治療には次の3種類の治療があります。

①薬による治療 ⇒ お薬で症状を抑える治療法(ホームページへ)

②レーザー治療 ⇒ アレルギー性鼻炎・花粉症レーザー手術(ホームページへ)

③アレルゲン免疫療法(皮下免疫療法、舌下免疫療法)  ⇒  アレルゲン免疫療法(皮下・舌下免疫療法)(ホームページへ)

 

このうち、三つ目のアレルゲン免疫療法は根治を目標にした治療法ですが、効果発現まで数か月かかる治療法ですので、残念ながら今から始めても今シーズンの花粉時期には効果が期待できないのです。となると、今からできる治療法は薬による治療法とレーザー治療の2つということになります。

薬による初期治療

一般的な花粉症の薬というと抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬といわる薬のことが多いでしょう。これらの抗アレルギー薬には内服後数十分から数時間で効果発現する作用と1~2週間継続的に内服してゆっくり効果を発現する作用とがあります。というこということは1~2週間続けて飲んで薬の効果が100%出るのです。

スギ花粉症の場合であれば、花粉飛散開始日の1~2週間前から飲んでおくと効果的であります。花粉が飛び始める前から薬を飲んでおく治療法を初期治療と呼びます。よく花粉症の予防薬という表現をしていることがありますが、予防薬という特別な薬があるのではないのです。花粉症の薬といわれる抗アレルギー薬を前もって飲むということで、予防薬というより予防的に内服して薬の効果を最大限に発揮しましょうということなのです。

2020年の場合であれば飛散開始日の予想が2月24日ですので、その1~2週間前の2月10日ごろから飲み始めると良いでしょう。もちろん、あくまでも予想ですので、余裕をもって2月に入ったら飲み始めても良いでしょう。あまり早くから飲んでいても効果はあまり変わらないのですが、初観測日から飛散開始日の間でも花粉が飛んでないという意味ではありませんので、症状があるようであれば、早くから飲み始めることになるでしょう。

また、抗アレルギー薬は内服薬だけではなく、点眼薬も同様ですので、毎年、眼の症状がつらい方は点眼薬も合わせて花粉が飛び始める前から点眼する初期治療を始めましょう。

 

いつレーザー治療をすれば良いの?

レーザー治療の効果が十分に発揮されるのは治療後3~4週間してからです。レーザーを焼灼した直後は一時的にレーザーによる炎症が起こるために鼻症状が出現もしくは悪化してしまいます。その炎症が落ち着くのが、およそ3〜4週間ぐらいなのです。一時的に鼻症状が悪化するレーザー治療は花粉が飛び始めてからでは難しくなるので、あくまでも花粉飛散前に行う治療になります。ということは花粉が飛び出す3~4週間前までに行うのが一番効果的です。2020年の飛散開始日予想は2月24日ですから1月下旬~2月上旬に治療するのが良いでしょう。

 

今までの薬やレーザーの効果からレーザー治療と薬による初期治療を併用することも可能です。毎年の治療の積み重ねが少しでも花粉症症状を軽くする近道になります。

 

スギ花粉症治療のフローチャート

 

当院でのレーザー治療は予約制ではありませんので、治療方針を相談の上、その日のうちにレーザー治療はすることが可能です。お気軽にご相談ください。

「わしお通信 No.25/2018年1月」はレーザー治療についてになります。また、わしお耳鼻咽喉科のホームページ内やスタッフブログ内にも花粉症の情報がたくさんありますので参考にしてみてください。

わしお通信No.25/2018年1月   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

              わしお通信トップページ

アレルギー検査について





こんにちは。
3月中旬ですが、まだ肌寒い日が続きますね。

当院は、今、花粉症で来院される患者様がピークをむかえています。
平日午後や土曜日は、かなり混雑しており、お待たせし申し訳ございません。
火、水、金曜日の午前中が比較的空いております。

自分が、花粉症やアレルギー体質かどうかは、血液検査によって調べることが出来ます。通常は、腕から採血し、結果は約1週間後に判明します。
採血が難しい小さいお子様(目安:幼稚園以下)は、注射器を使わずに指先から簡単採血する簡易のアレルギー検査もございます。
簡易アレルギー検査は、約20分で結果がわかります。

自分の体質を知ることで、今後のアレルギー対策を考えることができますので、この機会に、ご興味のある方は、受付時か診察時にお申し出ください。

舌下免疫療法の費用・コストは?





今年もスギ・ヒノキ花粉症の時期は過ぎ去りましたね。

3月から4月にかけてくしゃみや水鼻が多かったり、目のかゆみが多くありませんでしたか?

そのような症状があったのなら、それはもしかしたら花粉症かもしれません。「軽かったので大丈夫」とほっておいていると来年はひどくなるかもしれませんよ。

もし、花粉症を疑えば、まずはきちっとした診断をつけましょう。
「とりあえず病院や薬局で薬を」も悪くないかもしれません。しかし、ここには3つの落とし穴があることを知っておきましょう。

  1. いつからいつまで治療をすればよいかわからない
  2. 薬以外の治療に出会わない
  3. 花粉症以外のアレルギーやスギ・ヒノキ以外の花粉症がわからない

アレルゲン免疫療法のメリット・デメリット

スギ花粉症やダニアレルギーには「薬以外の治療法」である免疫療法という治療法をご存知ですか?

治癒を期待できる唯一の治療法がアレルゲン免疫療法なのです。

この治療法の特長は、

  1. 治癒もしくは長期寛解(治療後に効果が長く続く)が期待できる
  2. 新しい花粉症などアレルギーの種類が増えるのをおさえる
  3. 気管支ぜんそくなど別のアレルギー疾患になるのをおさえる

どんな治療法もいいことばかりではありません。
では欠点は何でしょうか?

  1. 1年を通して治療が必要なために通院が面倒である
  2. スギ花粉エキスを使用するためにごくまれに全身症状が出る可能性がある
  3. どこの医療機関でもやっているわけではない

実際にはどのように治療をするのでしょうか?
方法は2種類あります。皮下免疫療法と舌下免疫療法です。違いは「どこからスギ花粉エキスを入れるか?」です。

注射で皮膚の下に入れるのが皮下免疫療法
舌の裏に液体の薬を垂らしたり、錠剤をおいたりするのが舌下免疫療法

で、皆さんがもうひとつ気になるところは「いくらかかるのだろう?」ではないでしょうか?

アレルゲン免疫療法の費用・コスト

免疫療法は皮下でも舌下でも健康保険の適応を認められています。
ということはもっとも多く負担する方でも3割負担ということになります。
では、実際にはどれぐらいになるのでしょうか?

皮下免疫療法

皮下免疫療法(3割負担)は
1回につき 約600円(調剤薬局での処方薬がない場合)
最初は毎週ですので 一か月 約2400円 初年度 年間約23000円
2年目以降は1~2ヶ月の通院になることが多いので 年間約3600円~7200円

舌下免疫療法(スギ→シダトレン・シダキュア、ダニ→ミティキュア・アシテア)

舌下免疫療法(3割負担)は
1回につき クリニックで約600円 調剤薬局でシダトレンは約1700円、ミティキュア・アシテアは約2200円
月一回の受診になりますので、クリニックと調剤薬局を合わせて 一か月 約2300~2800円 年間約30000円前後

(H30.4月の保険改定で価格変更になりました)

また、6月29日には5歳から投与可能なスギ舌下免疫療法の錠剤であるシダキュアも使用可能になる予定です。

(ただし、新薬であるため発売後1年間は2週間までしか投与できません)

 

あくまでも目安になります。
もちろん実際の通院回数や処置内容、抗アレルギー薬など他の投薬の有無などによって、変わりますことをご了承ください。

免疫療法は長い目で見ると治癒や長期寛解を目標にする治療です。うまくいけば治るかもしれません。
特に花粉症の場合は症状のある時こそ来年からの治療を考えるチャンスです。
当院ではアレルギー専門医として、皮下・舌下あわせて現在136名の方に免疫療法を行っております。
ご希望の方はご遠慮なく当院スタッフにご相談ください。

子どもには花粉症はない???





そろそろスギ花粉の飛散がピークが過ぎて、ヒノキ花粉の飛散開始日である3月23日以降、徐々にヒノキ花粉が多くなってくる頃になりました。

ヒノキ花粉は西日本方が東日本に比べて多いと言われてますので、一層の花粉対策が必要になります。

 

ところで3月に入ってから「鼻水が多い、目をこすっている」などお子さんの様子に変わりはないですか?

花粉症や鼻炎のないお父さん、お母さんには「子どもには花粉症はない」って思っている人も多いのではないでしょうか。

残念ながら、最近は子どもの花粉症が増えているのです。

 

東京都の報告では花粉症は年々、増加しており、14歳以下でも2016年のスギ花粉症推定有病率が40.3%です。

西宮の方がまだ有病率が低いと思われますが、東京と同様に増加の経過をたどる可能性は十分に考えなければなりません。

 

次の表は鼻アレルギー診療カイドライン2016年版に示された全国で1998年から2008年の10年でスギ花粉症の人がどれぐらい増えたかを見たものです。

こちらもやはり、どの年齢でも増加傾向にあり、全年齢では1998年の16.2%から2008年には26.5%に10%以上も増加しています。

幼稚園~小学校低学年の花粉症は

5-9歳のスギ花粉症の有病率は1998年では7.5%でしたが2008年には13.7%に約2倍に増加してます。

もう少し詳しく見てみましょう。1998年に0-9歳だったお子さんは2008年には10年成長して10-19歳になってますね。

ということは1998年はスギ花粉症であったのが7.5%(5-9歳)でしたが、2008年の10-19歳では31.4%の有病率ですので3倍以上に増えているということのなります。

これはスギ花粉症の増加は低年齢化であることを示しています。

東京都のデータを見ると2008年からの10年でさらに増加している可能性を考えなければいけません。

 

では10歳未満のアレルギー性鼻炎の原因で最も多いのがスギ花粉症なのでしょうか?

鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版では5-9歳のスギ花粉症の有病率は13.7%、スギ花粉症以外の花粉症の有病率は8.3%でした。

しかし、もっと多いのは花粉症ではなくてダニが原因である通年性アレルギー性鼻炎であり、約4人に1人の22.5%の有病率でした。

ということは子ども花粉症はダニアレルギーも注意しなければいけないと言ことになります。

むしろ、「ダニアレルギーのお子さんは花粉症になりやすい」とも言えるのです。

ではどんなお子さんに花粉症の注意が必要なのでしょうか?

 

①春になると目をこすっている、目をかゆがっている (去年もこすっていた)

②もともと鼻が弱いけど、春になるともっとひどくなってきた

③喘息や食物アレルギーがあって、春になると鼻が出てきた

 

特にお父さん、お母さんに鼻炎・花粉症のある、お子さんは要注意です。

 

アレルギー検査は必要ですか?

よく「検査したら薬が変わりますか?」という質問をされます。残念ながら検査の結果では薬は変わりません。

では、なぜ当院では検査を勧めているのでしょう?

 

①薬以外の治療を選ぶため

②より効果的な投薬治療をするため

③鼻炎などの鼻症状以外のアレルギーをよくするため

 

「花粉症は花粉で起こるアレルギー」ですので花粉症の診断ということだけではなく、アレルギーの診断をするためにアレルギー検査をすることをお勧めいたします。

注射の苦手な小さなお子さんでも出来る注射器を使わないアレルギー検査も準備しています。詳しくは下のブログをご覧ください。

アレルギー検査について♬

 

西宮市の花粉情報はこちら

わしお耳鼻咽喉科 TEL: 0798-56-8733 兵庫県西宮市瓦林町20-13
【診察】午前8:45~12:00 午後15:45~19:00【休診日】水曜と土曜の午後 日曜・祝日