blog-back

耐性インフルエンザウイルスとゾフルーザ ~19/20シ-ズンのインフルエンザ治療~





全国的に今年は例年より1ヶ月早くインフルエンザの流行期に入っていると言われていましたが、あまり関西では実感がない感じでありました。

しかし、11月末あたりから当院でもインフルエンザの患者さんが徐々に増えてくるようになってきました。また、当院の近隣小学校などでも学級閉鎖のところも出てきているようです。

これから本格的なインフルエンザの流行期に入ったと言えるでしょう。まずはインフルエンザにかからないことが一番です。しっかりと対策を立てて予防しましょう。

 

 

西宮市、兵庫県の情報は次のサイトから流行状況の確認ができます。参考にしてみてください。

西宮市 ⇒ https://www.nishinomiya.hyogo.med.or.jp/oshirase/kansen.html

兵庫県 ⇒ http://www.hyogo-iphes.jp/kansen/infectdis.htm

 

もしもインフルエンザにかかってしまったら、できるだけ早く治療を開始することが早く良くなることにつながりますので、周りの情報をできるだけ集めて、インフルエンザかも?と思ったら早めに受診しましょう。

 

インフルエンザウイルスの耐性化

そのインフルエンザの治療薬についてですが、昨シーズンから新薬のゾフルーザが加わりました。まだ1シーズンしか経過してていない薬ですが、1回で済む内服薬という利便性の高さからして多くの医療機関より処方されており、いきなり2018/19シーズンで最も多く処方された抗インフルエンザ薬になりました。

ところが、発売当初より案じられてましたインフルエンザウイルスの耐性化という問題が2018/19シーズンの後半より早くも出てきたのです。耐性化というのは、細菌やウイルスは少しずつ変化をしながら生きているので、簡単に言うと薬が効かなくなるように変化しているということです。最終的には耐性化したインフルエンザウイルスのみが生き残る形になります。

昨年はA(H1N1)とA(H3N2)の2種類のA型インフルエンザが流行しました。そのインフルエンザウイルスのうち、ゾフルーザ(バロキサビル)の耐性ウイルスがA(H1N1)には1.7%、A(H3N2)には9.5%に認められたと国立感染症研究所から報告されました。同時にA(H3N2)は耐性の報告はありませんでしたが、A(H1N1)はタミフル(オセルタミビル)とラピアクタ(ペラミビル)で1%の耐性の報告されています。

 

国立感染症研究所ホームページ ⇒ https://www.niid.go.jp/niid/ja/influ-resist.html

 

ということはゾフルーザ以外でのいずれの抗インフルエンザ薬でも耐性が出る可能性があるということになります。ただし、問題はゾフルーザは発売されてから(使用されてから)1年しかたっていないのに最も耐性化率が高くなっていることです。タミフルの発売は2001年ですので、単純に言えば、18年間で1%の耐性化率ということです。ということは圧倒的にタミフルよりゾフルーザのほうが早く耐性化がみられることが一番問題となります。

中でも12歳未満の小児に対しては12歳以上に対する投与よりも耐性ウイルスの出現が多いとの報告もあり、日本感染症学会、日本小児科学会から「12歳未満にはゾフルーザの投与を推奨しない」との提言がなされています。

 

日本感染症学会ホームページ ⇒ http://www.kansensho.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=37

日本小児科学会ホームページ ⇒ http://www.jpeds.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=2

 

もちろん、副作用が出やすいということではありませんし、全く効果がないということでもありませんので、ほかの選択肢がないのであればゾフルーザを考えましょうということです。「インフルエンザなら、なんでもかんでもゾフルーザ」に気を付けましょうということです。

 

少しずつ変化をしながら生きているウイルスや細菌は耐性という問題に気を付けなければなりません。2000年に初めて出てきたリレンザという抗インフルエンザ薬から約20年の間に点滴薬ラピアクタも含めて5種類が出てきましたが、新薬が出来るスピードよりもっともっと速くインフルエンザウイルスは変化しているのです。

ノイラミニダーゼ阻害薬(ゾフルーザ以外の抗インフルエンザ薬)と違った唯一の機序であるゾフルーザはできるだけ耐性が出来ないように気をつけながら、ノイラミニダーゼ阻害薬が効果がなかった場合や治療方法がゾフルーザでなければならないに場合に大切にとっておきたいですね。

 

抗インフルエンザ薬の選び方(2019/20シーズン)

では具体的どのように抗インフルエンザ薬を選べばよいのでしょうか?

基本的に治療の仕方が大きく変わったわけではありません。まずは「吸入薬がうまくできるか?」が一つ目の目安になります。これは日本小児科学会のインフルエンザ治療の提言では5歳以上で吸入できるか検討しましょうということになっていますが、経験上、普段からに吸入をしているなどでない限り、小学校以上のお子さんが適応になることが多いようです。

ということは、幼稚園・保育園までの未就学児はタミフルのドライシロップ(粉薬)だけになります。また、現状ではゾフルーザも錠剤しかありませんので、錠剤がのめないお子さんには適応になりません。

 

 

次に12歳未満の小学生の場合です。この年齢でもまずは吸入が不得意であればタミフルになります。体重によりますが、カプセルは体重40kgぐらい以上が対象になります。吸入が可能であれば、タミフル、イナビル、リレンザの中からそれぞれの特徴をから選びます。1回のみはイナビルは利便性が高い薬なります。しかし、他の抗インフルエンザ薬でもいえるのですが、効果が期待通りでなかった場合に基本的には薬を追加したり、変更したりしないことを頭に入れて使用することになります。タミフルやリレンザは1日に朝夕2回を5日間投与します。イナビルより投与回数が多いですが、5日間治療している治療をしているという実感があるとも言えるでしょう。
また、吸入式のイナビルは1回であるために慣れていなければうまくできたかどうか?が不安になるかもしれません。(そのあたりからゾフルーザが好まれて処方されていたのですが・・・)
以上のことを理解して納得できるものを選びましょう。

 

最後に12歳以上の人に対する薬の選び方です。ゾフルーザの耐性ウイルスへの考え方からすれば、小学生の選び方と大きく変わらないといけるかもしれません。まずはノイラミニダーゼ阻害であるタミフル、イナビル、リレンザから選ぶことになります。以前はタミフルが10歳代に対して推奨されていませんでしたが、現在は添付文書上もその制限はなくなっています。ということは現時点では抗インフルエンザ薬の5種類(タミフル、リレンザ、イナビル、ゾフルーザ、ラピアクタ)は効果も副作用も明らかな差がないのです。吸入の手技が難しくて、タミフルに副作用がある場合などがゾフルーザの適応になると言えるでしょう。

ちなみにインフルエンザ時の異常行動は抗インフルエンザの薬を使わなくても報告がある症状ですので、抗インフルエンザ薬の使用有無に関係なく注意しましょう。

 

 

もう一つの抗インフルエンザ薬であるラピアクタは点滴で投与になります。作用機序はタミフル、リレンザ、イナビルと同じノイラミニダーゼ阻害薬です。基本的には重症のインフルエンザの人や他の薬を使うことが出来ない人が対象になります。ですので、よほどのことがなければ他の薬から選びましょう。

 

最後に、インフルエンザは薬を使わなくても治る病気でもあります。必ず抗インフルエンザ薬を使わなくてはならないことはありません。症状・状況によっては抗インフルエンザ薬を使わないという選択肢も含めて、インフルエンザに対する治療戦略を立てましょう。

 

わしお耳鼻咽喉科ではすべての抗インフルエンザ薬が処方可能です。相談しながら処方を決めておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

まだ間に合う花粉症の治療 ~レーザー治療~





今年もそろそろ花粉症を気にしないといけない時期になってきました

兵庫県における2019年のスギ・ヒノキ花粉量は「去年と比べて同じ(90~110%)ぐらい」で、「この10年の平均と比べてやや多い(110~150%)」という予想になっています。

また、飛散時期も例年通りに2月の下旬から飛散開始して、スギ花粉が例年より少し早めの3月上旬にピークをむかえ、ヒノキ花粉はピークが4月上旬に迎えるようです。そして4月末からGWあたりで飛散終了になりそうです。

例年通りもしくは例年より早めにしっかりと対策を立てておいた方が良さそうですね。

 

花粉症の治療は3種類

では、花粉症の治療にはどのようなものがあるかご存知ですか?

大きく分けて 「次の3種類の治療」 があります

 

①薬による治療 ⇒ お薬で症状を抑える治療法

②レーザー治療 ⇒ アレルギー性鼻炎・花粉症レーザー手術

③アレルゲン免疫療法(皮下免疫療法、舌下免疫療法)  ⇒  アレルゲン免疫療法(皮下・舌下免疫療法)

 

しかし、これら治療は始める時期が異なっているのです

③のアレルゲン免疫療法はじっくり治療していく方法ですので、遅くても前年(2018年)の12月までに開始して、ようやく翌年(2019年)の花粉症に効果が期待できるものなのです。

ということは、残念ながら、今から始めても今年の花粉症には間に合わないといことになります。

しかし、アレルゲン免疫療法の効果は継続することによって高まっていくもので、さらに続けることによって、2年目には1年目より、3年目には2年目よりも効果を期待できる治療になります。

今年の花粉症が終わってから是非とも検討してみてください。うまくいけば完治することもできる治療のなのです。

 

花粉症の治療は花粉が飛び出す時期に近づけば、近づくほど治療の種類が減っていってしまうのです。花粉が飛び出して症状が出てしまえば、薬を飲むしかないということになります。今から間に合う治療は、レーザー治療と投薬治療しかありません。

言いかえれば、薬の治療以外にも、「まだレーザー治療が間に合う」という時期にもなります。

 

レーザー治療をする時期は?

ではレーザー治療はいつすればいいのでしょうか?

レーザー治療を行った直後はレーザーによる炎症の症状が出ます。個人差はありますが、特に最初の1週間は鼻づまりや鼻水などの花粉症のような症状が出ることがあります。ひどければ薬を飲んだりしますが、強い痛みが出ることはありませんので痛み止めが必要になることはまずありません。その後、粘膜は徐々に改善して3~4週間で落ち着きます。そのころよりレーザーの治療効果が期待できるようになります。

ということは花粉が飛び出す3~4週間前に行うのが一番よいのです。

         レーザー治療の効果出るまでの経過は

 

花粉が飛び出す3~4週間前とはいつでしょう?

現在の予想ではスギ花粉の飛散開始日は例年通りの2月20日ごろになってます。もちろん自然の話ですので予想通りにはいかないかもしれませんが、1月下旬から遅くても2月上旬にレーザー治療をするのはおススメとなります。

花粉飛散開始日というのは花粉が初めて飛ぶ日ではなく、1平方cm視野に1個以上の花粉が2日以上観測された場合の初めの日のことです。本格的に花粉が飛び始める日のことになります。ですので敏感な人は飛散開始日より前に花粉症の症状が出てもおかしくはないのです。毎年1月から症状が出始める人、またはもう症状が出ている人は出来るだけ早くレーザー治療をしましょう。

ちなみに花粉が初めて飛ぶ日は初観測日といいます。

 

もちろん、花粉症だけでなくダニアレルギーなどのアレルギー性鼻炎にもレーザー治療は効果的です。

どのタイミングでどのような治療を計画的に行うかを判断するために治療前にアレルギー検査を行いましょう。

アレルギー検査について♬

 

レーザー治療のコストは

レーザー治療は自費診療ではなく、保険診療の適応になります。3割負担の方ですと、術後の投薬の有無によりますが10000円前後の負担となります。

鼻の処置が苦手でなければ何歳からでも可能ですが、平均的に小学校高学年ぐらいから適応になることが多いです。

レーザー治療の副作用は?

レーザー治療の大きな副作用はレーザー照射後に「一時的な鼻症状の悪化(鼻水が出たり、鼻づまりがひどくなったり)」です。「全然平気だった」という方もいますので、全員に起こるわけではなくて個人差はありますが、およそ1週間ほどで軽快します。その間にひどければ抗アレルギー薬を使用することによって症状緩和が出来ます。

また、照射後の痛みが気になるかもしれません。

しかし、ほとんどの方に痛みがありませんので鎮痛剤の投与はしておりません。痛み止めはいらないのです。

どんな人がレーザー治療に向いているのでしょう?

①去年(2018年)シーズンに薬が効果的ではなかった人

②眠気など、薬の副作用が気になる人

③妊娠中や授乳中のため、薬を飲みたくない・飲めない人

 

レーザー治療は薬では効果が出にくい鼻づまりに対して効果的な治療です。また、花粉症の薬は眠たくなることがよくありますが、その心配もありません。もし、薬を併用する場合でも今まで効かなかった薬の併用で効果が来た出来るのです。

鼻の中の麻酔のみで出来る治療ですので、妊娠中(もちろん授乳中も)でも心配なくできます。

その他にあまり病院に通院することが難しい方にも向いているかもしれません。

 

レーザー治療以外の治療も含めての花粉症治療のフローチャートを参考してみて下さい。

 

当院でのレーザー治療は予約制ではありませんので、治療方針を相談の上、その日のうちにレーザー治療はすることが可能です。お気軽にご相談ください。

「わしお通信 No.25/2018年1月」はレーザー治療についてになりますので参考にしてみてください。

わしお通信No.25/2018年1月   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

              わしお通信トップページ

インフルエンザ検査の活用法





今週に入ってインフルエンザの患者さんがちらほら現れました。現在のところA型の方ばかりです。例年、冬休みに入ると一旦落ち着く傾向にありますが油断は禁物です。

やはり、例年通りに本格的な流行は1月中旬から下旬~2月になりそうです。

今はまだまだ流行といった感じでありませんが、今のうちにインフルエンザの診断をおさらいしてみましょう

 

インフルエンザの診断

インフルエンザの診断は「自覚症状」、「周りの状況」、「迅速検査」の3つの柱で行います。

自覚症状は急激な高熱、頭痛、悪寒、関節痛などに咳やノドの痛みなどです。

しかし、インフルエンザ以外の感染症などでも同様の症状が出ることもあります。溶連菌やアデノウイルス感染症もノドの痛みや高熱を訴える病気ですし、マイコプラズマ感染症は高熱と咳が特徴的な症状になります。

また、反対に微熱や熱がない場合、あまり症状がひどくない場合でインフルエンザの時もあります。

ですので、診断の精度を上げるためには周りの状況というのは大切なポイントになります。学校や幼稚園・保育園でどんなん病気が流行っているかは大事な情報となります。もちろん、まずは流行っている病気から疑うことになりますので・・・

じゃあ次はインフルエンザの検査、っと その前に病院で特に耳鼻咽喉科では視診という大切な情報があります。

視診というのは文字とおり視た診察ということです。インフルエンザでは「あまりノドが赤くならない」のが特徴と言えるでしょう。

ものすごくのどが赤くなったり、膿が付いたり、していれば、「もしかしたらインフルエンザではないかも?」という判断でインフルエンザの検査より別の検査を優先することもあります。

 

インフルエンザの検査

実はインフルエンザの検査に限らず、どの検査においても偽陽性、偽陰性という結果が出てきます。

インフルエンザの検査の場合、偽陽性とはインフルエンザではないのに検査で陽性になることです。インフルエンザに限っていえば、ほとんど見られない結果ですので無視して良いと考えます(表で\の部分)。もう一つの偽陰性とはインフルエンザだけど検査で陰性になることです(表では黄色の部分)。これは十分あり得る結果です。

残念ながら、偽陰性を少なくする方法としては、疑いがあれば、何回も検査をすることになります。

しかし、治療のことを考えると48時間以内に抗インフルエンザ薬を使わないと効果的ではないため、検査を診断をつけるためだけに行うのは疑問が残ることになります。

ですので、偽陰性が起こることを想定に入れて検査や治療を行うことが大切になります。

ときどき、「インフルエンザではないかを検査で調べてほしい」という事があります。

しかしながら、どんな検査も100%の精度であることはないので、迅速検査では「陽性だからインフルエンザ」といえても「陰性だからインフルエンザではない」とは言えないのです。

あくまで「インフルエンザかどうかを調べる検査」なのです。

仮に陰性になったとしても、自覚症状の経過や周りの状況に気をつけながら、可能性があれば発症48時間以内なら再検査も考える必要があります。

また、発症から12時間以上経過すれば必ずインフルエンザなら陽性になるということでもありません。反対に12時間以内ならインフルエンザでも全く検査が陽性にならないということでもありません。可能性の話ですので12時間以内でも陽性になることはいくらでもあります。

周りの状況が流行しているような場合、早期治療が効果的なインフルエンザは積極的に検査を行う方が良いと考えます。

12時間以内の精度を上げるために高感度のインフルエンザ迅速検査を採用していますので早めの検査をおススメします。

また、2019年度の「わしお耳鼻咽喉科 カレンダー」を作成いたしました。

受付においておりますので、ご自由にお持ち帰り下さい

 

そろそろインフルエンザが・・・





1月に入って少しずつではありますが、インフルエンザの患者さんがみられてきました。

1月5日から1月15日までの診察でA型インフルエンザが7人、B型インフルエンザが8人です。

一日に2人程度ですのでまだまだ流行といった状況ではありませんでしたが、今日になってA型インフルエンザが2人、B型インフルエンザが5人と多くなってきました。

まだまだ数も少ないく多い年齢があるわけではないので、学校や幼稚園・保育園での感染よりも家族間での感染が多いことを考えます。今後、学校などでの感染が多くなることが予想され、流行につながっていくことを想定いたします。

 

手洗い・マスクによる予防をいたしましょう。また部屋の加湿もインフルエンザウイルス対策として有効です。

残念ながら、インフルエンザウイルスが20~30分で粘膜内に侵入するためにインフルエンザ予防にうがいは効果的ではありませんが、「かぜ」予防には有効ですので行いましょう。

 

時間が早いと検査では陽性に出ないの?

「発熱してからあまり時間がたっていないから出ないかも・・・」といことで遅めに来られたり、検査をしなかったりということが見受けられます。

はたして本当にそうでしょうか?

昨年当院で、念のため・・・などの理由も含めてインフルエンザを疑った人の中で12時間以内で検査した人はどれぐらい陽性になったかを調べてみました。

実は45%の人が検査で陽性、すなわちインフルエンザだったのです。

発熱後3時間以内で検査した人でも陽性率は38%でした。また、12時間以内の検査で陰性でしたが、熱が続くために再検査した人の中で陽性だったのは2人でした。

「発熱してから」というのは、実際には「発熱に気づいてから」という意味でもあることも影響しているのでしょう。

「12時間以上経過しないと検査はでない」というのは誤解なのです。もちろん最も陽性になりやすいのは発症後24~48時間ではありますが、12時間以内は出ないのではなくて少し出にくいという意味になります。

インフルエンザ高感度検出装置

当院ではさらに発症12時間以内の検出率を向上するために、発症早期からでもインフルエンザウイルスを検出可能な高感度インフルエンザ検出装置で検査を実施しております。

 

加えて

インフルエンザの薬はウイルスを退治する薬ではなくて、増えるのを抑える効果ですので出来るだけ早く使った方が効果的です。

(増えきってからでは効果が期待できないのです。ですから増えきる前である発症48時間以内にしか投与しません)

そのことからも、検査を「待たずに早く目に」行った方がいいでしょう

 

早くインフルエンザを見つけて、早く治療しましょう!

 

今年のスギ花粉症 ~レーザー治療について~





スギ花粉症の皆さんにとって、いやな季節が近づいてきました。

今年の花粉症はどんな感じになるのでしょう?

 

今のところの予想で今年のスギ花粉飛散は「多く」なりそうです。

今までも予想によっては多いと言ってみたり、少ないと言ってみたり、よくわからない時がありますよね。

予想を見るポイントは「何と比べて」になります。

①去年と比べて(今年なら2016年と比べて)

②過去10年の平均と比べて(今年なら2007~2016年の平均と比べて)

の2つがあります。

西宮市の2016年スギ花粉飛散は非常に少ない年になります。過去10年の平均と比べるとおよそ半分ほどの飛散量でした。

それをふまえて、

2016年と比べると非常に多くなるでしょう(予想によりますが、2016年の3倍ぐらい)

過去10年の平均と比べて多くなるでしょう(予想によりますが、過去10年平均の1.5~2倍ぐらい)

との予想が出ています。

 

ということは今年のスギ花粉症はしっかりとした準備をしておいた方が良さそうですね。

 

ではどういった準備が今からできるのでしょうか?

➊ まず、しっかりとした診断をしましょう。

「たぶん花粉症」ではなく、きちんと検査をして来年以降も繰り返す病気としてしっかりとした診断をしましょう。

❷ どのアレルギー治療にも共通の治療である「抗原の回避」しましょう。

診察・検査によって得られたアレルギーの原因物質、すなわち抗原を避けることです。花粉症の場合、まずはマスクや花粉用メガネをしたりして体の中に花粉が入らないようにブロックしましょう。また、花粉飛散期に衣服や布団などの洗濯物を外に干さないようにしたり、外出後に玄関で花粉を払ってから家に入るようにしたりするなど、室内に花粉を持ち込まないようにしたりしましょう。。

❸ 体調を整えましょう。

アレルギーは体調が悪いと、起こりやすかったりひどくなったりするものです。花粉症もアレルギーの一つですので体調管理が大切になります。

バランスよく栄養を取って、十分な睡眠を心がけましょう。

 

もちろん、それだけでは十分な対策にならない方が多いでしょう。

ここからは治療についての話をしましょう。あくまでも個人差はありますがイメージとして

 

アレルゲン免疫療法>レーザー+薬物療法>レーザー単独>薬物療法(初期治療)>薬物療法

 

の順で治療効果が期待されます。

残念ながらアレルゲン免疫療法は今からでは間に合いませんので、この中で今から可能な治療方法はレーザー治療と薬物療法の2種類になります。

一番右端の薬物療法というのは「調子が悪くなったら薬を飲む」というもので、この治療が一番効果が出にくいということです。

準備のタイミングとしてはレーザー治療は花粉飛散開始の3~4週間前ごろに行い、薬物療法による初期治療は花粉飛散開始の2週間前からスタートするのが理想ではあります。

ではスギ花粉の飛散開始はいつごろなのでしょうか?

これもちょっと勘違いしやすいのですが、初観測日ということ飛散開始日というのが2つあります。

 

初観測日  ⇒  1月1日以降にスギ花粉が1個でも観測された日のこと

飛散開始日 ⇒  1月1日以降で2日連続して1㎠あたり1個以上観測された最初の日のこと

 

あくまでも初観測日から花粉は観測されますが、本格的に花粉が飛び始めるのは飛散開始日からになります。西宮市では初観測日は1月上旬、花粉飛散日は2月下旬になること多いです。

ということはレーザー治療は1月下旬から2月上旬に、薬物治療による初期治療は2月上旬からが良いことになります。

 

ではどんな人にレーザー治療がおすすめなのでしょうか?

①花粉量の少なかった2016年シーズンでも薬の効果が不十分な人

②2016年は薬でなんとか大丈夫だったけど、いつもの年は花粉症がきつい人

③妊娠中・授乳中の人、薬で眠気が出やすい人

 

レーザー治療の詳細は  http://washio-jibika.com/laser/

薬物療法(初期治療)の詳細は  http://washio-jibika.com/medicine/

 

レーザー治療は今からの3週間が適した時期になります。

当クリニックではレーザー治療を予約ではなく、毎日行っております。レーザー治療希望の方はご都合のよい日に受診ください。

ただし、花粉症(アレルギー性鼻炎)の診断がついている方に限ります。検査をされたことのない方は検査結果が出てからの治療になりますので、ご留意ください。

 

 

 

 

 

わしお耳鼻咽喉科 TEL: 0798-56-8733 兵庫県西宮市瓦林町20-13
【診察】午前8:45~12:00 午後15:45~19:00【休診日】水曜と土曜の午後 日曜・祝日