blog-back

耐性インフルエンザウイルスとゾフルーザ ~19/20シ-ズンのインフルエンザ治療~





全国的に今年は例年より1ヶ月早くインフルエンザの流行期に入っていると言われていましたが、あまり関西では実感がない感じでありました。

しかし、11月末あたりから当院でもインフルエンザの患者さんが徐々に増えてくるようになってきました。また、当院の近隣小学校などでも学級閉鎖のところも出てきているようです。

これから本格的なインフルエンザの流行期に入ったと言えるでしょう。まずはインフルエンザにかからないことが一番です。しっかりと対策を立てて予防しましょう。

 

 

西宮市、兵庫県の情報は次のサイトから流行状況の確認ができます。参考にしてみてください。

西宮市 ⇒ https://www.nishinomiya.hyogo.med.or.jp/oshirase/kansen.html

兵庫県 ⇒ http://www.hyogo-iphes.jp/kansen/infectdis.htm

 

もしもインフルエンザにかかってしまったら、できるだけ早く治療を開始することが早く良くなることにつながりますので、周りの情報をできるだけ集めて、インフルエンザかも?と思ったら早めに受診しましょう。

 

インフルエンザウイルスの耐性化

そのインフルエンザの治療薬についてですが、昨シーズンから新薬のゾフルーザが加わりました。まだ1シーズンしか経過してていない薬ですが、1回で済む内服薬という利便性の高さからして多くの医療機関より処方されており、いきなり2018/19シーズンで最も多く処方された抗インフルエンザ薬になりました。

ところが、発売当初より案じられてましたインフルエンザウイルスの耐性化という問題が2018/19シーズンの後半より早くも出てきたのです。耐性化というのは、細菌やウイルスは少しずつ変化をしながら生きているので、簡単に言うと薬が効かなくなるように変化しているということです。最終的には耐性化したインフルエンザウイルスのみが生き残る形になります。

昨年はA(H1N1)とA(H3N2)の2種類のA型インフルエンザが流行しました。そのインフルエンザウイルスのうち、ゾフルーザ(バロキサビル)の耐性ウイルスがA(H1N1)には1.7%、A(H3N2)には9.5%に認められたと国立感染症研究所から報告されました。同時にA(H3N2)は耐性の報告はありませんでしたが、A(H1N1)はタミフル(オセルタミビル)とラピアクタ(ペラミビル)で1%の耐性の報告されています。

 

国立感染症研究所ホームページ ⇒ https://www.niid.go.jp/niid/ja/influ-resist.html

 

ということはゾフルーザ以外でのいずれの抗インフルエンザ薬でも耐性が出る可能性があるということになります。ただし、問題はゾフルーザは発売されてから(使用されてから)1年しかたっていないのに最も耐性化率が高くなっていることです。タミフルの発売は2001年ですので、単純に言えば、18年間で1%の耐性化率ということです。ということは圧倒的にタミフルよりゾフルーザのほうが早く耐性化がみられることが一番問題となります。

中でも12歳未満の小児に対しては12歳以上に対する投与よりも耐性ウイルスの出現が多いとの報告もあり、日本感染症学会、日本小児科学会から「12歳未満にはゾフルーザの投与を推奨しない」との提言がなされています。

 

日本感染症学会ホームページ ⇒ http://www.kansensho.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=37

日本小児科学会ホームページ ⇒ http://www.jpeds.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=2

 

もちろん、副作用が出やすいということではありませんし、全く効果がないということでもありませんので、ほかの選択肢がないのであればゾフルーザを考えましょうということです。「インフルエンザなら、なんでもかんでもゾフルーザ」に気を付けましょうということです。

 

少しずつ変化をしながら生きているウイルスや細菌は耐性という問題に気を付けなければなりません。2000年に初めて出てきたリレンザという抗インフルエンザ薬から約20年の間に点滴薬ラピアクタも含めて5種類が出てきましたが、新薬が出来るスピードよりもっともっと速くインフルエンザウイルスは変化しているのです。

ノイラミニダーゼ阻害薬(ゾフルーザ以外の抗インフルエンザ薬)と違った唯一の機序であるゾフルーザはできるだけ耐性が出来ないように気をつけながら、ノイラミニダーゼ阻害薬が効果がなかった場合や治療方法がゾフルーザでなければならないに場合に大切にとっておきたいですね。

 

抗インフルエンザ薬の選び方(2019/20シーズン)

では具体的どのように抗インフルエンザ薬を選べばよいのでしょうか?

基本的に治療の仕方が大きく変わったわけではありません。まずは「吸入薬がうまくできるか?」が一つ目の目安になります。これは日本小児科学会のインフルエンザ治療の提言では5歳以上で吸入できるか検討しましょうということになっていますが、経験上、普段からに吸入をしているなどでない限り、小学校以上のお子さんが適応になることが多いようです。

ということは、幼稚園・保育園までの未就学児はタミフルのドライシロップ(粉薬)だけになります。また、現状ではゾフルーザも錠剤しかありませんので、錠剤がのめないお子さんには適応になりません。

 

 

次に12歳未満の小学生の場合です。この年齢でもまずは吸入が不得意であればタミフルになります。体重によりますが、カプセルは体重40kgぐらい以上が対象になります。吸入が可能であれば、タミフル、イナビル、リレンザの中からそれぞれの特徴をから選びます。1回のみはイナビルは利便性が高い薬なります。しかし、他の抗インフルエンザ薬でもいえるのですが、効果が期待通りでなかった場合に基本的には薬を追加したり、変更したりしないことを頭に入れて使用することになります。タミフルやリレンザは1日に朝夕2回を5日間投与します。イナビルより投与回数が多いですが、5日間治療している治療をしているという実感があるとも言えるでしょう。
また、吸入式のイナビルは1回であるために慣れていなければうまくできたかどうか?が不安になるかもしれません。(そのあたりからゾフルーザが好まれて処方されていたのですが・・・)
以上のことを理解して納得できるものを選びましょう。

 

最後に12歳以上の人に対する薬の選び方です。ゾフルーザの耐性ウイルスへの考え方からすれば、小学生の選び方と大きく変わらないといけるかもしれません。まずはノイラミニダーゼ阻害であるタミフル、イナビル、リレンザから選ぶことになります。以前はタミフルが10歳代に対して推奨されていませんでしたが、現在は添付文書上もその制限はなくなっています。ということは現時点では抗インフルエンザ薬の5種類(タミフル、リレンザ、イナビル、ゾフルーザ、ラピアクタ)は効果も副作用も明らかな差がないのです。吸入の手技が難しくて、タミフルに副作用がある場合などがゾフルーザの適応になると言えるでしょう。

ちなみにインフルエンザ時の異常行動は抗インフルエンザの薬を使わなくても報告がある症状ですので、抗インフルエンザ薬の使用有無に関係なく注意しましょう。

 

 

もう一つの抗インフルエンザ薬であるラピアクタは点滴で投与になります。作用機序はタミフル、リレンザ、イナビルと同じノイラミニダーゼ阻害薬です。基本的には重症のインフルエンザの人や他の薬を使うことが出来ない人が対象になります。ですので、よほどのことがなければ他の薬から選びましょう。

 

最後に、インフルエンザは薬を使わなくても治る病気でもあります。必ず抗インフルエンザ薬を使わなくてはならないことはありません。症状・状況によっては抗インフルエンザ薬を使わないという選択肢も含めて、インフルエンザに対する治療戦略を立てましょう。

 

わしお耳鼻咽喉科ではすべての抗インフルエンザ薬が処方可能です。相談しながら処方を決めておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

皮下免疫療法について





皮下免疫療法(SCIT)実施中・検討中の患者様へ

みなさんこんにちは!
本日は皮下免疫療法(SCIT)を実施する際に、注意してほしいことをお伝えさせて頂きます。
皮下免疫療法・舌下免疫療法(SLIT)については先生の過去のブログ、こちらをご参照ください。
↓↓こちらの記事参照↓

5歳からできるスギ花粉症の舌下免疫療法って知っていますか?

この治療はアレルギー症状に対して唯一“根治を目指す!!”治療ですので、既に説明を聞いた方もおられるかもしれませんが、当院では積極的におすすめさせて頂いております。
上記の記事を参照していただいた方は、皮下免疫療法実施の際に気を付けなければいけない副反応があることもご理解いただけたでしょうか?
もちろん院長含むスタッフ一同、皆様にこの治療を安全に実施していただきたいと考えております♪
そこで、“副反応を起こしにくくする”または、“重篤化を軽減する”意味で当院では注射をする2-3時間前にアレルギーのお薬内服をお勧めしています。この方法は日本アレルギー学会が出版する“免疫療法の手引き”にも掲載されている方法です。
↓↓↓URL参照↓↓↓
https://www.jsaweb.jp/uploads/files/180618dani.pdf
https://www.jsaweb.jp/uploads/files/sugi_tebiki16_honmon.pdf

また万が一、副反応が起きた場合でも院長を含むスタッフ全員で患者様の安全に配慮する意味でも、時間に余裕をもって来院していただくようご協力いただけますと幸いです。
この治療は当院に継続して通っていただく必要があり、患者様のスケジュール調整が必要になるものなので少し負担に感じる方もおられるかもしれません。様々な治療の中から選択をしていただき、根治を目指す患者様へ副反応がなるべく起きないようスタッフ一同心掛けながらしっかりとサポートさせて頂きますので、現在治療中の方も、今後治療を検討されたい方も何かご質問があれば気軽にスタッフにお声かけくださいね★☆★
同じように根治を目指す治療として舌下免疫療法もありますので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください♪

予防接種はじまりました





みなさん、こんにちは!

本日は当院でお配りしているリーフレットについてのご案内です。

当院では10月15日よりインフルエンザの予防接種を開始しており、

それに伴い当院で作成したインフルエンザについてのリーフレットをお配りしています。

インフルエンザについて

しろう!”→”ふせごう!”→”みつけよう!”→”なおそう!

の4段階に分けて、それぞれの時期に知っておいてほしいことを分かりやすくまとめたものです。

昨年登場した新薬”ゾフルーザ”の説明を載せたものも用意しておりますので、

興味のある方はスタッフにお声をかけてくださいね。

インフルエンザのことを知っていただき、上手に対策をとっていただくことが大切です。

しっかりと予防していきましょうね♪

インフルエンザ予防接種のご案内





当院では例年通り10月15日(火)よりインフルエンザワクチンの接種を開始致します。

診療時間内に接種される場合は事前予約は必要ございませんので、来院される当日に通常のWEB順番予約にて受付けをして頂ければ結構です。

10/15からはWEB順番予約で、「一般診療」「インフルエンザ予防接種」「一般診療+予防接種」を選択可能になります。
尚、ワクチンの入荷状況によって予約制限させていただく場合がございますのでご了承下さい。

また、月・火・木・金の15:30〜15:45には『予防接種のみ(診療なし)』の枠も設けています。

こちらはお電話もしくはご来院時に、10/1より事前予約が可能ですので、お問合せ下さい。

接種費用など、詳細につきまして下記の通りです。

原則、未成年の方は保護者の同伴が必要となります。
但し、やむを得ない場合(18〜19歳の方)は当院にご相談下さい。

秋のアレルギー ~ダニ・キク科花粉・寒暖差~





まだまだ暑い日が続きますが、9月に入って、少しずつ朝・夕は気温も下がり過ごしやすい日が出てきましたね。2学期が始まって、「鼻が出てきた」、「鼻がつまってのどが痛くなってきた」、「咳が出てきた」といった患者さんが徐々に多くなってきました。

 

秋になると調子が悪くなるのは「アレルギーのせい」かもしれません

秋になると、また、季節の変わり目に、鼻やのどの調子が悪くなることがありませんか?「風邪を引いた」と言っている人も多くなり始める時期になります。ところで、それは本当に「風邪」なのでしょうか?一般的に風邪の症状は 鼻が出たり、鼻がつまったり、咳が出たり などが多いですよね。実は、これらの症状はアレルギーでもよく出る症状でもあります。ということは症状では風邪とアレルギーの区別がつかないということになります。

また、下の図のように「アレルギーのある人が風邪(ウイルス性上気道炎)をひいたら」、風邪のせい?、アレルギーのせい?どちらなのでしょうか。

もちろん、風邪とアレルギーの両方の影響を考えますよね。

少しややこしくなりましたが、皆さんが使っている「風邪」という言葉は、病名というよりは「そんな症状が出てきた」という意味で使っていることが多いのではないでしょうか。「風邪」という一つの病気を指しているのではなくて、いろんな病気のことを「風邪」と言っていることになります。ですので、なんでも風邪ということができてしまいますね。

 

では、「この症状は風邪っぽいのか?」考えてみてはどうでしょうか?

風邪はあくまでも長く続かない、繰り返さないものです。むしろ、自然に1~2週間で治るものを風邪と呼んでいるといってもいいのではないでしょうか?ということは、「長引いたり、繰り返したりすると風邪っぽくない」ということになります。風邪を引いた後に咳が続く場合なども風邪っぽくないといえるかもしれませんね。

次に、風邪はウイルス性の上気道炎としてを考えるので、上気道、すなわち鼻やのどに一緒に感染がおこります。最初は発熱や咽頭痛、そのあとに鼻症状や咳がでて、時間的な変化をしながら回復していきます。反対に「鼻は出ないのですが、咳でしんどいのです」、「のどは大丈夫たけど、鼻だけが調子悪いのです」などの「症状がたくさんないのは風邪っぽくばい」ということです。

また、「朝起きたら鼻水が出ます」、「夜になると咳がひどくなります」など普通の風邪なら朝や夜で変化するというよりも1日単位で変化することが多いので不自然ですよね。「1日の中に波があるのも風邪っぽくない」といえるでしょう。

 

もし、「風邪っぽくなくてアレルギーかも」と思えば、秋には何のアレルギーを考えるのでしょうか?

 

秋のアレルギーには ①ダニ(ハウスダスト) ②秋花粉 ③気象条件 を考えます

①ダニ(ハウスダスト)

テレビのCMなどでもよく見かける「ハウスダスト」とか「ダニ」とか、またまた「ほこり」とかはどういった意味なのでしょうか。これらの違いって分かりますか?

厳密には「ほこり」は目に見えるもので、「ハウスダスト」が目に見えないものということらしいのですが、イメージ的には「ほこり」の中で見えないものを「ハウスダスト」と呼んでいるという方が分かりやすいと思います。ということは、砂ぼこりなどはほこりかもしれませんが、ハウスダストではないということです。

さらにハウスダストのなかでアレルギーの原因としてもっとも多いのが、ダニです。なので、ダニ以外のハウスダストといわれるものに真菌といわれるカビや昆虫、ペット関係が含まれることになります。また、ダニといってもアレルゲン(アレルギーの原因物質)で多いのがヒョウヒダニ(チリダニ)といわれるヤケヒョウヒダニやコナヒョウヒダニが中心です。刺すダニは屋外に生息するマダニであり、アレルギーの原因ではないのです。アレルギーのお話をするときのダニといえば、ヒョウヒダニのことを指していることが多いのです。


でも、どうして秋のアレルギーと言えば、まずは「ダニ」となるのでしょう?

「ええっ~?? ダニ・ハウスダストは1年中じゃないの?」もちろんその通りです。しかし、イメージとは違って1年中同じ量ではないのです。ダニには生きているダニ「生ダニ」と死んでいるダニ「死ダニ」があります。空気中に舞い上がったダニを吸い込むことによってアレルギーを引き起こすので、アレルギーの原因になるのは死ダニの方です。そのダニの死がいが細かくなったものやダニのフンなどが空中に舞うことによってアレルギーを引き起こします。

皆さんのイメージ通りに梅雨頃から夏にかけて生きているダニが増えます。そして、そのダニが死んでいき、たまっていくために死ダニやフンは9~11月に多くなります。すなわち秋にピークになるのです。

 

さらに、花粉よりもダニの死骸やフンの方が小さいために奥まで入りやすいために、鼻症状だけでなく咳の原因にもなりやすいのです。鼻の調子が悪くて、咳が出る、さらに鼻がつまるためにのどが乾燥して痛くなる、このような症状であれば、アレルギーの症状を風邪といっているかもしれませんよね。

ということは、秋になって、風邪っぽくない咳が出ている人はダニアレルギーが原因かもしれないですね。

②秋花粉
秋におこる花粉症はまずは3種を考えます。キク科花粉、イネ科花粉、スギ花粉です。

キク科花粉は菊ですから秋をイメージしやすいですよね。有名なキク科花粉症はブタクサやヨモギなどです。ブタクサやヨモギはどこにでもある雑草で武庫川の河川敷などでもよく見かけます。キク科花粉症がある人はスイカやメロン、セロリなどの果物・野菜などやスパイスでアレルギー症状が発症する花粉-食物アレルギー症候群(口腔アレルギー症候群)を合併する場合があります。それらの食物アレルギーがあって秋に花粉症症状があれば、キク科花粉症の可能性が高いと言えます。

イネ科花粉も秋を連想しやすいですが、花粉症は実のなる時期ではなく花が咲く時期に起こります。ですので一番有名なイネ科雑草のカモガヤはGW~梅雨時期に調子が悪くなります。しかし、イネ科花粉は他のイネ科植物と共通していることが多くて、ススキなど秋に開花・花粉飛散するイネ科植物があります。初夏に花粉症がでる人は秋も注意が必要です。

また、スギ花粉も秋に間違って飛散することがあります。ふつう、スギ花粉は夏から秋に出来た花粉を冬の間はためておき、気温が高くなってきた春に飛散するのですが、気象条件によって間違って、秋に飛散させてしまうことがあるのです。もちろん、春の時期のように長期間に多く飛散することはありません。

ブタクサやヨモギなどのキク科花粉やイネ科花粉は雑草の花粉ですので、樹木であるスギ花粉のように何十kmも飛散するのではなく、数十mの飛散距離ですので、なるべく近寄らないといった対策を立てやすいとも言えます。

西宮市のホームページから9,10月は花粉情報を見ることが出来ます。参考してみてください。https://www.nishi.or.jp/kosodate/index.html

③気象条件
気温・温度差や台風などによる気圧差などによってアレルギー症状が引き起こされることはよくあります。特に、元々、鼻炎や喘息などのアレルギーのある人は鼻の粘膜や気管の粘膜が敏感・過敏なので、寒暖差や気圧差という刺激によってアレルギー症状が出やすいのです。寒暖差アレルギーや気象病などといわれているかもしれません。

鼻炎や喘息がもともとある、もしくはあった人は、鼻やのど、気管などの気道粘膜が過敏・敏感である可能性があります。アレルギーの無い人では刺激にならないような温度差や気圧差で症状が出てしまう可能性が高いのです。そのアレルギー症状中でも、特に咳の症状には注意が必要です。

上のアンケートで示されるように、喘息を引き起こす誘因として訴えの多いものは秋に多いのです。お子さんが「運動会の練習が始まってから風邪を引いている」といったエピソードの中にはアレルギーによるものが隠されているかもしれません。風邪っぽくないと思ったら受診をしましょう。

秋はさまざまな原因でアレルギーが起こりやすい季節です。アレルギーの原因や症状によって治療方法が変わってきます。

きちんと原因を調べて、快適な秋を過ごしましょう!

わしお耳鼻咽喉科 TEL: 0798-56-8733 兵庫県西宮市瓦林町20-13
【診察】午前8:45~12:00 午後15:45~19:00【休診日】水曜と土曜の午後 日曜・祝日