blog-back

スギ花粉からヒノキ花粉へ





そろそろスギ花粉の飛散が落ち着いて、ヒノキ花粉の飛散が始まる時期になります。ヒノキ花粉症もある人は油断せずにもうしばらく対策を続けましょう。

でも、スギ花粉症とヒノキ花粉症とはどう違うのでしょうか?

 

スギ花粉症とヒノキ花粉症の違いは

基本的には同じ花粉症の症状になりますが、時期的に違いがあります。簡単にいうと、3月がスギ花粉の飛散時期、4月がヒノキ花粉の飛散時期になります。

ではどんな人がヒノキ花粉症を疑うのでしょうか?

4月に花粉症の症状がある人がヒノキ花粉症を疑う人ということになります。でもアレルギー検査をしていなかったり、検査をしていてもヒノキ花粉の抗体が陰性であったりすると、スギ花粉症の方が有名なために「4月に花粉症症状があってもヒノキ花粉症ではない」ということになってしまいがちです。もっともイメージしやすいのは「スギはヒノキ科の樹木」であることを知っておけば、スギ花粉症とヒノキ花粉症は兄弟みたいな花粉症であるとわかりますね。

ということは「スギ花粉症の人(3月に花粉症症状がある人)が、今までに4月にも花粉症症状があれば、ヒノキ花粉症を疑います」となります。これはたとえ検査でヒノキ花粉の抗体が陰性であったとしても、4月に症状があればヒノキ花粉症の疑いがあるのです。残念ながら、アレルギーの血液検査は100%間違いないということはないのです。特に採血した時期や抗体の検査感度によって結果は違ってくるので、症状と合わせて検査結果を判断する必要があります。

 

西宮市でのヒノキ花粉の飛散状況

西宮市環境衛生課の資料より過去5年のヒノキ花粉の飛散状況を見てみましょう。

初観測日は年によってまちまちですが、本格的な飛散開始を示す飛散開始日は3月下旬からになっていますね。

今年もそろそろヒノキ花粉にも警戒が必要な時期になってきました。

ヒノキ花粉のピークはこれも年によって違いはありますが、4月上旬から中旬にかけてなので特に注意が必要なようですね。

また、飛散終了はゴールデンウィークごろになっていることが多いです。これはあくまでも予想です。自然は気まぐれでもあるので、あと1か月から1か月半は花粉症の対策をしっかりとしておいた方が無難です。

 

さらにこの時期に来年の2021年の対策も立てておいたほうがよいでしょう。