わしお耳鼻咽喉科






花粉症でお悩みなら、まずはアレルギー専門医に相談してみましょう。あなたにあった最適な治療法を一緒にみつけてくれますよ。

わしお耳鼻咽喉科

患者さまに応じた最適な治療法をご提案します。

わしお先生の
秋の花粉症講座
(アレルギー性鼻炎)

秋にも花粉症!?

花粉によって引き起こされるアレルギーのことを一般的に「花粉症」と呼んでいます。花粉症といえば春のスギ、ヒノキのイメージが強いですが、他の季節や植物でも花粉症になるケースがあります。
秋になると、季節の変わり目で風邪をひいたという話をよく聞きますが、実は「秋の花粉症(アレルギー性鼻炎)」である可能性もあるのです。秋の花粉症の主な原因は、空き地などに繁殖する雑草で、ブタクサやヨモギ、カナムグラ、カモガヤが代表的なもの。これらの花が咲く9~11月に花粉が飛散し、秋の花粉症を引き起こします。また、夏に繁殖したダニは、秋になると一斉に死んでしまいますので、ダニの死骸やフンが増加・蓄積し、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎が増えるのです。

鼻水・鼻づまり

くしゃみ

眼のかゆみ

鼻や眼をこすったりしていると
お肌のトラブルの原因にも…

去年まで症状がなかったのに
急に花粉症(アレルギー性鼻炎)になることってあるの?

アレルゲン(花粉・ダニなど)を吸い込み続けると発症準備状態にになります。この状態を「感作」と言います。そこからさらにアレルゲンを吸い込み続けると「発症」して 症状が現れてきます。「感作」から「発症」まではタイムラグがあるので、急に今年から花粉症(アレルギー性鼻炎)になったという人が現れるのです。

発症のイメージ

子どもでも花粉症になるの?

大人の病気という印象が強い花粉症ですが、お子さまの花粉症も増えてきています。お子さまの場合は、花粉症だけでなく、ハウスダストやダニなどのアレルギーに合併していることが多いです。

鼻水や鼻づまりなどは勝手に風邪と思い込んでしまいます。症状が長引く場合はアレルギーの可能性がありますのでアレルギー専門医に相談されることをおすすめします。

詳しくは当院ホームページをご覧ください。
https://washio-jibika.com

風邪?花粉症?
どうやってわかるの?

花粉症(アレルギー性鼻炎)の検査は、アレルギーの「状態を確認する検査」と「体質を調べる検査」の2種類があり、両方の検査と問診により、花粉症(アレルギー性鼻炎)かどうかを判断します。

アレルギー症状の場合でも風邪だと思い込んでしまうことがあるので、気になるときはアレルギー専門医に相談されることをおすすめします。

検査について詳しくは当院ホームページをご覧ください。
https://washio-jibika.com

どうやって治療するの?

花粉症(アレルギー性鼻炎)の治療は、大きく分けて「対症療法」と「免疫療法」の2種類があります。ご紹介する治療法はすべて保険が適用されます。

「対症療法」

お薬 内服薬や点鼻・点眼薬で症状を和らげます。

レーザー 鼻の粘膜にレーザーをあててアレルギー反応を和らげます。

「免疫療法」

少しずつアレルゲンに体を慣らしていく治療です。治療をやめても効果が長く続き、新たなアレルギーを予防する効果もあります。うまくいけば完治する可能性があります。

皮下免疫療法 花粉エキスを体内に注射します

舌下免疫療法 花粉エキスを下の裏側に滴下します。

当院ではこの4つの治療法をすべて実施していますので、ライフスタイルに合わせた治療の組み合わせが可能です。

治療法について詳しくは当院ホームページをご覧ください。
https://washio-jibika.com

当院について

access-img01
わしお耳鼻咽喉科 TEL: 0798-56-8733

【診察】午前8:45~12:00 午後15:45~19:00【休診日】水曜と土曜の午後 日曜・祝日

詳しくは当院ホームページをご覧ください。
https://washio-jibika.com

ご予約について

すぐにお越しの方はこちらからのご予約で待ち時間を短縮できます。
https://washio-jibika.u3test.com/reservation/

明日以降の診察をご希望の方はお電話にてお問い合わせください。
0798568733

トップページへ