blog-back

カモガヤ花粉症と黄砂アレルギー?

2017-04-27
テーマ:お知らせ

ゴールデンウィーク・5月の花粉症とは?

だんだんと気温も上がってきて、過ごしやすい季節になってきましたね。花粉症の方もゴールデンウィーク明けのあと2週間ぐらいでおわりで嫌な季節が過ぎようとしています。

例年のおよそではありますが、西宮あたりではバレンタイン過ぎてからゴールデンウィークまでの時期が花粉飛散期になります。そして「スギ花粉飛散のピークは春分の日前後」「ヒノキ花粉飛散のピークは桜が散り始めたころ」と2度、ピークがくるので一度3月下旬から4月上旬にマシになりますが、もう一山来ることに気をつけなければなりません。

 

ここでに皆さんが「花粉症」と言っているのはどういった事なんでしょうか?

あくまでも「花粉症」というのは「スギ・ヒノキ花粉症」を略して言っていることであることを気をつけなければなりません。

もちろん「スギ花粉症」だけの人は4月上旬までで症状が落ち着きますし、少数派になりますが、「ヒノキ花粉症」のみの人は3月下旬から症状が出現します。

他に「自分の花粉症は他の人より長く続くタイプ」という花粉症はカモガヤ花粉症かもしれません。

 

カモガヤ花粉症とは

カモガヤとはイネ科の雑草で武庫川の河川敷や公園や道路わきなどどこにでも生育しています。5~7月に開花するためゴールデンウィークから梅雨頃の時期に花粉症症状が出ます。

イネ科花粉症と共通に使われることが多いのは他のイネ科植物であるハルガヤ・オオアワガエリ・ギョウギシバなどの花粉にもカモガヤ花粉症は多くの人が反応してしまうため「カモガヤ花粉症=イネ科花粉症」と同じ意味で使われることが多いのです。

ちなみにイネ科と聞くと「秋」と連想しますが、あくまでも「花粉が飛ぶ時期=花の咲く時期」であるので、イネ科花粉症は初夏の花粉症の代表になります。ただし、多くのイネ科植物と共通するために場所によっては9、10月ごろにも症状が出る場合があります。

また、スギ・ヒノキ花粉のような背の高い樹木の花粉は風にのると数十Km以上と以上に遠くまで飛びますが、背丈が1m前後の雑草であるイネ科は数十mから数百mしか飛びません。

ですのでスギ・ヒノキ花粉からはなかなか逃げ切れませんが、イネ科花粉からはうまくいけば逃げれるのです。

治療は現在のところ免疫療法のエキスがありませんので、対症療法である薬の治療またはレーザー治療になります。

まずは「何」花粉症であるのかを調べるところから治療は始まりますので、きちんと診断をつけましょう。

 

黄砂アレルギー?

この時期にもう一つ花粉症に関連するのが黄砂になります。

黄砂は主に中国の砂漠地帯地方(ゴビ砂漠・タクマラカン砂漠など)や黄土地帯の砂塵が砂嵐となり、偏西風に乗って飛来して来ます。そのとおり道である韓国や日本に黄砂による影響を及ぼします。時期的には「2~5月の春」に飛んでくることが多いのでスギ・ヒノキ花粉症と重なって症状がひどくなります。

 

黄砂アレルギーと言われたりしますが、黄砂はアレルギーの原因であるアレルゲンではないのです。

では何でしょう?     実は黄砂はアレルゲンではなくて刺激物質なのです。

 

こんがらがってしまう原因は「アレルギー」という言葉にあります。アレルギーの人は花粉症やダニアレルギーのようにアレルゲンとして原因になっているものはもちろん、黄砂やpm2.5、温度差などの刺激物にも弱い過敏症でもあるのです。

要するに、過敏症まで含めて「アレルギー」と呼ぶか、

もっと広げて苦手なもの・拒否反応を起こすものまで「アレルギー」と呼ぶかによって違ってくるのです。

「アレルギー(花粉症)と過敏症(黄砂・PM2.5)の関係」

 

ですので、花粉症の人はもちろんのこと花粉症以外のアレルギーの人、鼻過敏症の人も黄砂に反応してしまうのです。

 

これからの時期にくしゃみや水鼻、眼のかゆみ、コンコンという乾いた咳をあれば、

それは・・・・・・   「カモガヤ花粉症かも、黄砂の影響かも」

それをきちんと見分けるためには検査が必要です。もしかしたらと思えば一度アレルギー検査をしてみましょう。

 

 

今年のスギ花粉症 ~レーザー治療について~

2017-01-20
テーマ:お知らせ

スギ花粉症の皆さんにとって、いやな季節が近づいてきました。

今年の花粉症はどんな感じになるのでしょう?

 

今のところの予想で今年のスギ花粉飛散は「多く」なりそうです。

今までも予想によっては多いと言ってみたり、少ないと言ってみたり、よくわからない時がありますよね。

予想を見るポイントは「何と比べて」になります。

①去年と比べて(今年なら2016年と比べて)

②過去10年の平均と比べて(今年なら2007~2016年の平均と比べて)

の2つがあります。

西宮市の2016年スギ花粉飛散は非常に少ない年になります。過去10年の平均と比べるとおよそ半分ほどの飛散量でした。

それをふまえて、

2016年と比べると非常に多くなるでしょう(予想によりますが、2016年の3倍ぐらい)

過去10年の平均と比べて多くなるでしょう(予想によりますが、過去10年平均の1.5~2倍ぐらい)

との予想が出ています。

 

ということは今年のスギ花粉症はしっかりとした準備をしておいた方が良さそうですね。

 

ではどういった準備が今からできるのでしょうか?

➊ まず、しっかりとした診断をしましょう。

「たぶん花粉症」ではなく、きちんと検査をして来年以降も繰り返す病気としてしっかりとした診断をしましょう。

❷ どのアレルギー治療にも共通の治療である「抗原の回避」しましょう。

診察・検査によって得られたアレルギーの原因物質、すなわち抗原を避けることです。花粉症の場合、まずはマスクや花粉用メガネをしたりして体の中に花粉が入らないようにブロックしましょう。また、花粉飛散期に衣服や布団などの洗濯物を外に干さないようにしたり、外出後に玄関で花粉を払ってから家に入るようにしたりするなど、室内に花粉を持ち込まないようにしたりしましょう。。

❸ 体調を整えましょう。

アレルギーは体調が悪いと、起こりやすかったりひどくなったりするものです。花粉症もアレルギーの一つですので体調管理が大切になります。

バランスよく栄養を取って、十分な睡眠を心がけましょう。

 

もちろん、それだけでは十分な対策にならない方が多いでしょう。

ここからは治療についての話をしましょう。あくまでも個人差はありますがイメージとして

 

アレルゲン免疫療法>レーザー+薬物療法>レーザー単独>薬物療法(初期治療)>薬物療法

 

の順で治療効果が期待されます。

残念ながらアレルゲン免疫療法は今からでは間に合いませんので、この中で今から可能な治療方法はレーザー治療と薬物療法の2種類になります。

一番右端の薬物療法というのは「調子が悪くなったら薬を飲む」というもので、この治療が一番効果が出にくいということです。

準備のタイミングとしてはレーザー治療は花粉飛散開始の3~4週間前ごろに行い、薬物療法による初期治療は花粉飛散開始の2週間前からスタートするのが理想ではあります。

ではスギ花粉の飛散開始はいつごろなのでしょうか?

これもちょっと勘違いしやすいのですが、初観測日ということ飛散開始日というのが2つあります。

 

初観測日  ⇒  1月1日以降にスギ花粉が1個でも観測された日のこと

飛散開始日 ⇒  1月1日以降で2日連続して1㎠あたり1個以上観測された最初の日のこと

 

あくまでも初観測日から花粉は観測されますが、本格的に花粉が飛び始めるのは飛散開始日からになります。西宮市では初観測日は1月上旬、花粉飛散日は2月下旬になること多いです。

ということはレーザー治療は1月下旬から2月上旬に、薬物治療による初期治療は2月上旬からが良いことになります。

 

ではどんな人にレーザー治療がおすすめなのでしょうか?

①花粉量の少なかった2016年シーズンでも薬の効果が不十分な人

②2016年は薬でなんとか大丈夫だったけど、いつもの年は花粉症がきつい人

③妊娠中・授乳中の人、薬で眠気が出やすい人

 

レーザー治療の詳細は  http://washio-jibika.com/laser/

薬物療法(初期治療)の詳細は  http://washio-jibika.com/medicine/

 

レーザー治療は今からの3週間が適した時期になります。

当クリニックではレーザー治療を予約ではなく、毎日行っております。レーザー治療希望の方はご都合のよい日に受診ください。

ただし、花粉症(アレルギー性鼻炎)の診断がついている方に限ります。検査をされたことのない方は検査結果が出てからの治療になりますので、ご留意ください。

 

 

 

 

 

そろそろ花粉症の準備を

2016-01-18
テーマ:花粉症

2016年が始まって2週間、皆様いかがお過ごしでしょうか?
年始のバタバタが一段落してちょっと一息をつくころではないでしょうか。

しかし、花粉症の方はこの時期から花粉症の時期が始まります。

2016年の花粉予想は
開始時期 暖冬の影響で例年より早めの2月中旬
花粉量 少なめであった2015年と同様で少なめ

ということは早めの準備をすれば快適に過ごせるかもです。
万全の準備をして快適な春を迎えましょう

ではどんな準備(治療)があるのでしょうか?

① 『2月入ったら』 を始める
② 『1月中に』 レーザー治療をする(遅くても2月上旬までに)
③ 『1月中に』 スギ舌下免疫療法を始める

わしお耳鼻咽喉科では①から③の治療をすべて行ってます

どの治療もそれぞれ良い点と悪い点がありますので
当クリニックでは一番合った治療法をよく相談してから決定してます

お気軽にご相談ください

良い準備をして快適な花粉症ライフを過ごしましょう!

来年の花粉症

2015-05-10
テーマ:花粉症

GWが過ぎて、スギの花粉もヒノキの花粉も飛び終わって
やっと落ち着いたのに『もう来年のこと?』

花粉症の治療って薬以外にもあるって知ってますか?
実はまだ2つもあるんです

ひとつはレーザー治療、もう1つは免疫療法

レーザー治療というのは鼻の粘膜を焼くことによって花粉症の症状を抑える治療です
「なんか痛そうな感じ」、「たくさん血が出そう」って印象があるかもしれません
でも実際はちゃんと麻酔をするので『ほとんど痛くない』し、『血もほとんど出ません』
当院では10才ぐらいから十分できるって考えてます

免疫療法はアレルギーの原因物質を体に入れて、『できたら治してしまおう』という治療法です
時間をかけてする治療なので面倒ではありますが、やっぱり【ただ一つ】の治る治療だから考えても損はないですよね

ただしどちらも花粉が飛びはじめて 調子が悪くなってからでは
出来ない❗ 治療なのです

レーザー治療 1月中旬から下旬に
免疫療法 5月~10月からスタート

ということは今だからこそ来年の花粉症の準備ができるのです

わしお通信花粉症についての資料

西宮市でアレルギー性鼻炎・花粉症の診療、免疫療法・レーザー治療を行っている耳鼻科『わしお耳鼻咽喉科』のスタッフブログです。

わしお耳鼻咽喉科 TEL: 0798-56-8733 兵庫県西宮市瓦林町20-13
【診察】午前8:45~12:00 午後15:45~19:00【休診日】水曜と土曜の午後 日曜・祝日