blog-back

もうひとつの春花粉症 ~ハンノキ花粉症~

2018-04-20
テーマ:お知らせ

そろそろ、スギ花粉の飛散は終わり、ヒノキ花粉のピークも過ぎて、あと2週間ほどで春花粉症の時期は過ぎようとしてます。

ところで花粉症といえばどんな種類の花粉が思い浮かびますか?

真っ先に思い浮かべるのはスギ花粉ではないかと思います。その次にヒノキや秋花粉のブタクサやヨモギ、よくご存じの方ならイネ科(カモガヤ)などが出てくると思います。

その他にハンノキ花粉症というのが出てくるのであれば、かなり花粉症の知識が豊富な人です。

 

ハンノキ花粉症

ハンノキとはカバノキ科ハンノキ属の植物で、西宮では六甲山に自生していますオオバヤシャブシが同じ種類になります。

同じカバノキ科ではカバノキ属のシラカンバ(白樺)が有名です。実はこのシラカンバにも花粉症があるのです。シラカンバは北海道を中心に東北などに多く生えていますが、関西にはほとんどありません。また北海道にはスギやヒノキが植林されてないので北海道の春の花粉症といえば「シラカンバ花粉症」なのです。

ですので、主に1-5月に花粉が飛散するオオバヤシャブシも春の花粉症で注意しなければなりません。

しかし、ハンノキ花粉症にはスギ・ヒノキ花粉症ではあまり見られない花粉-食物アレルギー症候群(口腔アレルギー症候群)との関係が非常に強い花粉症なのです。

「オオバヤシャブシ」の画像検索結果

西宮市の花粉情報にもカバノキ属の花粉情報がありますので、参考にしてください

 

食物-花粉アレルギー症候群(PFAS)とは

「リンゴや桃を食べてのどがイガイガしたり、かゆくなったり」はしませんか?

口腔アレルギー症候群とも言われる症状なのですが、花粉症で鼻の調子が悪かったり、目がかゆくなったりする人が野菜や果物を食べてのどがイガイガしたり、かゆくなったりすることが時々見られます。

実はハンノキ花粉症の人に起こりやすいということがわかってきました。

シラカンバ花粉にBet v 1というタンパク質があります。最近ではこのタンパク質に対するアレルギーがシラカンバ花粉症の原因の一つと考えられてます。このBet v 1はハンノキのAln g 1というタンパク質と非常に似ている構造をしています。

他にリンゴのMal d 1や桃のPru p 1、大豆のGly m 4などとも構造が似ていています。これらはPR-10という野菜や果物によく含まれている汎アレルゲンといわれるタンパク質なのです。

置き換えるとハンノキ花粉症はPR-10を含む花粉症や野菜・果物の食物アレルギーの可能性があり、合わせてPR-10アレルギーともいえるのです。

少し難しいことを書きましたが、簡単に言うとハンノキ花粉症はよく似たタンパク質をもつ野菜や果物でアレルギーを起こしやすいということになります。

気を付けないといけない食べ物はリンゴ、桃、ナシ、ビワ、サクランボ、イチゴなどのバラ科の果物やセロリ、ニンジン、大豆などです。

 

PR-10は熱や酸に弱い

では、これらの果物や野菜は全部食べれないのでしょうか?

PR-10は熱に弱いのです。ということは加熱すれば食べれることが多いアレルギーになります。

「リンゴは喉がイガイガするけど加熱をしてあるアップルパイやリンゴジャムを大丈夫」というのはよくあることになります。

加工してあるリンゴ食品は加熱処理によってPR-10が変性して抗原性を失ったためにアレルギー反応を起こさなくなったのです。

また、PR-10は酸にも弱いのです。ですから胃酸ある胃を通り抜けたら抗原性を失ってアレルギー反応は起こりにくい状態になります。

ですから、全身に起こるアレルギー反応より口から喉だけの症状が多くなります。

 

豆乳は注意が必要

しかし、うまく胃酸の影響をくぐり抜けてしまう食べ物があります。それは豆乳です。

豆乳アレルギーはアナフィラキシーショックを起こす可能性があるといわれています。

気を付けないといけませんが、同じ大豆製品である醤油や味噌などではアナフィラキシーを起こすことは少なくて、豆腐も少量であれば問題ないことが多いです。

豆乳は大豆のアレルギーになりますが、アレルギー検査(血液検査)では豆乳アレルギーは大豆が陰性になることがあります。豆乳アレルギーの原因になるGly m 4は検査に使われる大豆キットにはあまり多く含まれていないようです。ですので、検査では陽性にならないことがあります。

現在は大豆のタンパク質の一つであるGly m 4というアレルゲンコンポーネントを直接検査できる様になりました。このGly m 4を調べることによって豆乳アレルギー診断の精度をぐっとあげることができました。

それにたしか、Gly m 4はPR-10の仲間でしたね。ということは豆乳アレルギーだけではなく、PR-10アレルギー診断の精度をあげることができるのです。

 

春のハンノキ花粉症は果物や野菜のアレルギーを合併することがあります。

しかし、口腔内のみの症状が多く、加熱すれば食べれることが多いです。ただし、豆乳はアナフィラキシーの報告が多いので注意しましょう。

 

子どもには花粉症はない???

2018-03-28
テーマ:お知らせ

そろそろスギ花粉の飛散がピークが過ぎて、ヒノキ花粉の飛散開始日である3月23日以降、徐々にヒノキ花粉が多くなってくる頃になりました。

ヒノキ花粉は西日本方が東日本に比べて多いと言われてますので、一層の花粉対策が必要になります。

 

ところで3月に入ってから「鼻水が多い、目をこすっている」などお子さんの様子に変わりはないですか?

花粉症や鼻炎のないお父さん、お母さんには「子どもには花粉症はない」って思っている人も多いのではないでしょうか。

残念ながら、最近は子どもの花粉症が増えているのです。

 

東京都の報告では花粉症は年々、増加しており、14歳以下でも2016年のスギ花粉症推定有病率が40.3%です。

西宮の方がまだ有病率が低いと思われますが、東京と同様に増加の経過をたどる可能性は十分に考えなければなりません。

 

次の表は鼻アレルギー診療カイドライン2016年版に示された全国で1998年から2008年の10年でスギ花粉症の人がどれぐらい増えたかを見たものです。

こちらもやはり、どの年齢でも増加傾向にあり、全年齢では1998年の16.2%から2008年には26.5%に10%以上も増加しています。

幼稚園~小学校低学年の花粉症は

5-9歳のスギ花粉症の有病率は1998年では7.5%でしたが2008年には13.7%に約2倍に増加してます。

もう少し詳しく見てみましょう。1998年に0-9歳だったお子さんは2008年には10年成長して10-19歳になってますね。

ということは1998年はスギ花粉症であったのが7.5%(5-9歳)でしたが、2008年の10-19歳では31.4%の有病率ですので3倍以上に増えているということのなります。

これはスギ花粉症の増加は低年齢化であることを示しています。

東京都のデータを見ると2008年からの10年でさらに増加している可能性を考えなければいけません。

 

では10歳未満のアレルギー性鼻炎の原因で最も多いのがスギ花粉症なのでしょうか?

鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版では5-9歳のスギ花粉症の有病率は13.7%、スギ花粉症以外の花粉症の有病率は8.3%でした。

しかし、もっと多いのは花粉症ではなくてダニが原因である通年性アレルギー性鼻炎であり、約4人に1人の22.5%の有病率でした。

ということは子ども花粉症はダニアレルギーも注意しなければいけないと言ことになります。

むしろ、「ダニアレルギーのお子さんは花粉症になりやすい」とも言えるのです。

ではどんなお子さんに花粉症の注意が必要なのでしょうか?

 

①春になると目をこすっている、目をかゆがっている (去年もこすっていた)

②もともと鼻が弱いけど、春になるともっとひどくなってきた

③喘息や食物アレルギーがあって、春になると鼻が出てきた

 

特にお父さん、お母さんに鼻炎・花粉症のある、お子さんは要注意です。

 

アレルギー検査は必要ですか?

よく「検査したら薬が変わりますか?」という質問をされます。残念ながら検査の結果では薬は変わりません。

では、なぜ当院では検査を勧めているのでしょう?

 

①薬以外の治療を選ぶため

②より効果的な投薬治療をするため

③鼻炎などの鼻症状以外のアレルギーをよくするため

 

「花粉症は花粉で起こるアレルギー」ですので花粉症の診断ということだけではなく、アレルギーの診断をするためにアレルギー検査をすることをお勧めいたします。

注射の苦手な小さなお子さんでも出来る注射器を使わないアレルギー検査も準備しています。詳しくは下のブログをご覧ください。

アレルギー検査について♬

 

西宮市の花粉情報はこちら

花粉症の注射は2種類!比較して解説します

2018-02-23
テーマ:お知らせ

まだまだ寒い日が続きますが、そろそろスギ花粉の本格飛散の開始の時期になってきました。

「えっ、もう花粉症の症状が出ているけど、まだ花粉は飛んでないの」と思っている方もいるかもしれませんね。

よく言う飛散開始というのは「本格的に花粉が飛び始まますよ」ということなのです。飛散開始日の定義は「2日連続で花粉を1㎠に1個以上観測した初めの日」ということになっているので連続で飛んでなかったりすると飛散開始とは言わないのです。

ですので、飛散開始日前でも花粉は少しずつ飛び始めているのです。

また、花粉症の方は過敏症でもあるので、温度差などの色々な刺激にも過敏になり始めて、花粉症症状が出てきます。

今回はスギ花粉症に対する注射の治療法についてお話いたします。

花粉症の注射治療は実は2種類あるのです。一つは当院でも行っております「アレルゲン免疫療法」です。もう一つは「ステロイド注射」で、こちらは当院では行っておりません。

花粉症に対するステロイド注射

「1回の注射で花粉症がよくなる」などと、言われてたりするものはこの治療である可能性があります。

実はこの治療方法は耳鼻咽喉科では推奨されていません。以下のような問題があるからです。

この治療の問題点は「ステロイド注射と知らずに治療されていること」、「他に治療法と比べずに1回ということだけで選んでしまっていること」であります。

1回の注射で2~3ヶ月効果が持続するということは副作用(目には見えないものも含めて)なども長期間に及ぶ可能があるといことです。また、注射するということは全身に影響が及ぶということであります。毎年、行っている人には月経の異常などを認める場合がありますので非常に注意が必要になります。

あくまでも、ステロイドは非常に効果的な薬であります。ただ単にステロイドということだけで避けることも良いことではないと考えます。大切なのは「投与方法、ステロイドの強さ、投与期間」を考えて使うことが重要な薬になります。たとえば喘息の人のステロイド吸入は非常に少ない量のステロイドを気管からのみ吸収させるということによって全身への副作用をほとんど出ないようにしてます。またアトピー性皮膚炎に対する軟膏なども5段階(非常に強い、かなり強い、強い、中ぐらい、弱い)のランクを塗る期間を考えて副作用が出ないように使用します。副作用が少なくなるようにわざと強い軟膏を短期間使用することも長い目で見ればステロイドの量を減らすために必要となってきます。

この治療法の問題点はステロイドという薬を使用することではなく、長期間続くタイプのステロイドを注射で投与するというところに問題があるということです。残念ながら花粉症が治ることもありません。

また、本来ならレーザー治療やアレルゲン免疫療法などの治療も含めて考える場合でも、「1回」という魅力的な言葉に引き寄せられてしますことにも注意しなければなりません。しっかりとその治療の欠点を確認をした上で治療法を決定しましょう。

以上のことから、当院では花粉症に対するステロイド注射は行ってないのです。

繰り返しになりますが、ステロイドはアレルギーの治療によく使われる薬になります。その特徴を考えて、上手く使えば非常に有効な薬です。

 

花粉症に対するアレルゲン免疫療法

アレルゲン免疫療法はスギのエキスを体の中にいれることによって、スギ花粉に対して異常な免疫反応を起こしてしまったという花粉症の状態を正常な免疫機能に戻そうという治療法です。皮下法と舌下法の2種類の方法で行われています。

最近では舌下免疫療法という治療法を耳にしたことがあるかもしれません。シダトレンというスギ花粉エキスを舌の下(裏)から投与することによるアレルゲン免疫療法というのが舌下免疫療法になります。

予断になりますが、舌下は「ぜっか」と読みますが、「ぜっか」を間違えて変換すると舌禍となる場合がありますのでご注意ください。

当院でも行っている治療法ではありますが、この治療法は3年ほど前から保険適応されて開始された治療法です。

実はこの舌下免疫療法の元になった治療法が皮下免疫療法になります。スギ花粉症に対する皮下免疫療法は30年以上も前からある治療法なのですが、できる病院が限られていたためにあまり多くの病院で行ってませんでした。もちろん保険適応のある治療法です。

皮下免疫療法というのは皮下法によるアレルゲン免疫療法ということで、注射でスギエキスを徐々に増やしてながら体に入れていくことによってうまくいけば治癒まで行ける可能性がある治療法です。

注射で行うことまめに通院する必要があることがハードルとなってあまり普及しなかったのかもしれません。

当院では皮下免疫療法も舌下免疫療法もどちらも行っております。免疫療法の欠点は継続治療が必要であることです。

3~5年は治療期間が必要な治療法ですので、それぞれの特長を知って、続けやすい治療方法を選んでもらうことが大切です。

 

アレルゲン免疫療法の詳しい内容はHPの  アレルゲン免疫療法(皮下・舌下免疫療法) をご参照ください

 

 

 

ダニ(ハウスダスト)アレルギーの診断と治療

2017-09-18
テーマ:お知らせ

近頃、朝晩と涼しくなりクーラーともお別れして少しずつ過ごしやすくなってきましたね。

季節の移り変わりが感じられてきました。そうなると運動会の練習なども本格的になってきたことと思います。

突然ですが、涼しくなって「朝起きると水鼻やくしゃみ」が出たり、

「夜から朝にかけて咳」が出たりしませんか?

それはもしかしたら「かぜ」ではなく、「ダニアレルギー」かもしれません。

 

ダニアレルギーの原因は主にヒョウヒダニ

ダニアレルギーの原因になるダニは主にヒョウヒダニといわれる種類になります。

ヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニの2種類でどちらもマダニなどとは違って咬むことはありません。

ですので、屋外のダニ対策とは違って、屋内のダニ(ハウスダスト)対策が必要となります。

また、貯蔵ダニと言われるコナダニとは関連があります。

貯蔵ダニ(コナダニ)はキッチンを好んでおり、特に使いかけのお好み焼き粉やパンケーキミックスにいることがあります。

ダニアレルギーの人はそれらと一緒にコナダニを食べてしまうことによってアレルギー症状が出ることがあります。

ただし、しっかりと蓋をして冷蔵庫で保管すれば貯蔵ダニが繁殖することはありません。保存状態に気をつければ大丈夫です。

今回はヒョウヒダニのことをダニとして書いてありますので、そのつもりでお読みください。

 

「ダニは一年中」じゃあないの?

ではどうしてダニアレルギーが秋に関係があるのでしょうか?

ダニ(ハウスダスト)は確かに1年中ありますが、実は一番多くなる時期が秋なのです。

花粉症でも花粉の多い日には症状があるけれど少ない日にはあまり症状がない方も多くいると思います。

ダニはそれが1年で考えるので、秋から冬には症状が出てくるのですが、春から夏にはあまりひどくない事があります。

そのため「ダニアレルギーを秋の花粉症と勘違いする」ことがよくあるのです。

もちろん、秋の花粉症のこともありますし、ダニアレルギーと秋の花粉症を両方の場合もあります。

ではどうしてダニが秋に多くなるのでしょうか?

ヒョウヒダニが繁殖するのに室温20~30℃、湿度60~80%ぐらいが最適とされています。人の過ごしやすい時期と同じですね。

ということは、エアコンの効いた日本の5~8月はダニにとって最も多くなりやすい時期と言えるのです。

えっ、だったらダニが一番多くなるのは夏でしょう???

実はアレルギーの原因になるのはダニはダニでも死骸やフン【死ダニ】です。空中に舞ったダニの死骸やフン【死ダニ】を吸い込むことによって鼻炎症状や咳などが出てきます。空中に舞いにくい生きたダニ【生ダニ】はアレルギーは起こしにくいのです。

ということは死ダニが一番多くなるのはいつでしょうか?生ダニが多くなる5~8月の後、といことですね。

要するに秋が死ダニが一番多くなる時期なのです。

 

ではダニアレルギーと秋の花粉症との違いは?

一番に違いは大きさです。

生ダニ 200~500μm、ダニの糞 10~40μm、死ダニのかけら 1~2μm、スギ花粉 30~40μm、黄砂 4μm、pm2.5 1.2~2.5μm  ぐらいの大きさと言われています。

花粉より死ダニのフンや死骸の方が小さいのです。小さいものの方が奥の方まで入りやすいと言われてます。

ですので、咳の原因になりやすいのは花粉よりダニであり、秋の咳はダニアレルギーの可能性を考えなくてはいけません。

ダニアレルギーは鼻炎と気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎のアレルゲン(アレルギーの原因)としてもよく知られてます。

ということは秋に起こるくしゃみ・鼻水・鼻づまりや咳は「かぜではなないかも」と思うことが鼻炎やぜんそくの早期発見につながることになるのです。

 

ダニアレルギーの診断は?

まずは症状からダニアレルギーを疑うことから始まります。その次に検査を考えましょう。

ダニアレルギーの診断に使われる第一は血液検査です。ヤケヒョウヒダニもしくはコナヒョウヒダニを調べましょう。

血液検査は必ず陽性になるとは限りません。血液検査で陰性になってもダニアレルギーが疑われる場合は

ダニのエキスによる皮膚の反応を見る皮膚テスト(プリックテストや皮内テスト)といわれる検査をすることもあります。

一般的は皮膚テストの方が血液検査より陽性になりやすいと考えられてます。

ダニアレルギーを疑う症状があり、アレルギー検査が陽性であれば、ダニアレルギーという診断になります。

 

ダニアレルギーの治療は?

すべてのアレルギーに共通の治療は抗原の回避です。ですので、まずはダニの回避、すなわち掃除になります。

自宅で最もダニの多くいるのは寝室で、中でも布団や枕などの寝具の中にたくさんいるといわれています。

ただし、ダニは動物や食物とは違って完全に回避することは不可能です。

「完全に無くすことではなく、減らし続けること」を目標にしましょう。

無くすことが出来ないので、以下の治療が必要になる場合があります。

①投薬治療

症状によって、内服薬、吸入薬、軟膏、点鼻薬、点眼薬などなどを使用します。

②レーザー治療

鼻炎に対してのみの治療です。

内服薬などが効果がない場合、妊娠中で薬が使えない場合、薬で眠たくなる場合などに効果的な治療となります。

③アレルゲン免疫療法

鼻炎や気管支ぜんそくに対しての唯一の根治を目的とした治療になります。

現在は5歳から可能な皮下免疫療法と12歳以上が適応の舌下免疫療法の2種類があります。

いずれの方法も保険適応になります。

 

当院ではすべての治療を行っております。

一つの治療を選ぶのではなく、それぞれの治療を相談しながら組み合わせていくオーダーメイドのような治療をしております。

わしお耳鼻咽喉科 TEL: 0798-56-8733 兵庫県西宮市瓦林町20-13
【診察】午前8:45~12:00 午後15:45~19:00【休診日】水曜と土曜の午後 日曜・祝日