blog-back

手足口病とヘルパンギーナ(大人も注意!)





当院ではまだ、今のところ大流行といった感じではありませんが、保育所や幼稚園によっては流行しているところもあり、全国的には手足口病の流行がみられています。

 

ところで皆さん、手足口病やヘルパンギーナってご存知ですか?

夏になるとよく出てくる感染症なのですが知っていますか?

子供さんのいらっしゃる方なら聞いたことがあるかもしれませんが、俗にいう『夏かぜ』のひとつです。夏に流行がよく見られるもので有名な感染症が3つあります。手足口病とヘルパンギーナ、あとプール熱(咽頭結膜熱)です。これらのことを3大夏かぜというように呼んだりもします。

 

今回はその夏かぜの中から手足口病とヘルパンギーナについてお話します。

 

①どんな症状の時に手足口病を疑うのでしょう?

その病名のとおりに 『手のひら・足のうら・口の中に水疱(水ぶくれ)』ができる病気です。
手・足・口の中だけではなく、口のまわりやひじやひざ、おしりにも水疱ができることがあります。熱は38℃以下の微熱であることが多く、熱が続くことはあまりなく、数日で解熱するすることが多いです。

発熱していて、のどが痛さのあるかぜ症状がある上に、手や足に水ぶくれが出来てたりすれば手足口病を疑います。まわりで流行があったり、手足口病の発疹を見たことがあったりすれば、病院でなくて自宅でも割と診断がつきやすい疾患です。

当院での自験例を参考してみてください。口の中は分かりにくいですが、口のまわりや手・足に水疱性の発疹が多くみられます。

 

 

手足口病は保育園・幼稚園に通っているのお子さんに多いのですが、小学生や大人でもかかることはありますので注意してください。

 

②どんな症状の時にヘルパンギーナを疑うのでしょう?

ヘルパンギーナは手足口病と違って病名からはちょっと想像しにくいですね。夏かぜといわれるように、熱が出て、のどが痛くなるのが基本の感染症になります。手足口病よりは38~40度の高い熱が出ることが多いですが、2-3日で解熱することがほとんどです。発熱と咽頭痛以外は特徴的な症状はあまりありません。しかし、ヘルパンギーナも夏に流行する感染症ですので、周りの状況と症状で疑います。

手足口病と同様に保育園・幼稚園に通っているのお子さんに多いのですが、ヘルパンギーナも小学生や大人でもかかることはあります。

 

③病院ではどうやって手足口病やヘルパンギーナと診断するのでしょう?

基本的に視診で診断します。難しく言いましたが、ようするに見て診断するのです。当院は耳鼻咽喉科ですので、口・のどをしっかり見て診断することが出来ます。血液検査やインフルエンザみたいに棒を突っ込んで診断することはありません。

ヘルパンギーナは口の奥である口蓋垂や口蓋扁桃のあたりに水泡ができることが多く、口の前方や舌にできることは少ない傾向にあります。一方、手足口病は舌や口の前の歯茎などに水泡が現れます。もちろん手のひらや指の間、足の裏などにも水泡があれば診断ができます。

ヘルペス性歯肉口内炎など口の中に水泡ができる疾患や手足に発疹の出る他の病気との区別をすること、まれにですが髄膜炎や脳炎などを合併すること、もあるので病院できちんと診断してもらってくださいね。

 

③治療はどうするの?

手足口病もヘルパンギーナもエンテロウイルス感染症です。どちらもエンテロウイルス属であるエンテロウイルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルス、ポリオウイルスなどが原因である感染症のことです。エンテロウイルスには70種類以上の型があり、その中の種類にもよりますが、エンテロウイルス感染症では症状も似ていることが多いのです。

同じエンテロウイルス属であっても、ポリオウイルスとは異なるウイルスですので、残念ながらポリオワクチンでは効果がありません。また、ポリオ以外のエンテロウイルス属のウイルスにワクチンはないのが現状です。

ええっ??

なんか難しいですよね。難しいことは抜きにして、どちらもウイルスの病気なので、抗生物質は効果がなくて『治す薬はない』のです。ということは、自分の免疫力で治す病気なので、栄養を取ってしっかり休むのが一番の薬です。そうすれば1週間もあれば自然に治ります。

しかし、どちらも大人でもかかる疾患でウイルスの種類によっては、まれではありますが、重症化する場合があります。例えば、ヘルパンギーナは熱性けいれんが合併しやすいウイルスの場合があるといわれています。また、手足口病では脳炎や脊髄炎、ギランバレー症候群を起こすことがあるウイルスのタイプもあります。

もちろん、ほとんどの手足口病やヘルパンギーナでは重症化せずに自然治癒します。でも、注意は必要ですね。

手足口病やヘルパンギーナの感染経路は糞口感染あるいは飛沫感染です。ワクチンがないので、手洗いやうがいなどで予防をしましょう。

④いつから幼稚園・保育園に行っていいの?

学校保健安全法施行規則では手足口病もヘルパンギーナも第三種感染症に属しており、出席停止の期間は「病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで」と定められています。

具体的に言いますと「熱が下がって、十分に食事がとれるようになったら」ということになります。手足口病の場合は発疹が消失することも目安の一つになります。第二種感染症のプール熱(咽頭結膜熱)は「主要症状が消退した後2日を経過するまで」となっていますので、手足口病やヘルパンギーナはずいぶん早く出席停止が解除になります。

ただし、糞便中に感染後1か月ほどはウイルスが排泄されるといわれていますので、出席停止が解除になっても全く感染しないということではありません。特におむつ替えの時やトイレでは、感染力は強くありませんが、しばらくは注意はしておいた方がよいでしょう。

手足口病やヘルパンギーナの感染経路は糞口感染もしくは飛沫感染です。ワクチンがない感染症ですので、手洗いやうがいなどで予防しましょう。

 

 

大人もかかるアデノウイルスの症状・治療について





最近になって一気に気温が上がり、暑い日が続いていますね。

こういう暑くなってくる時期は熱中症に要注意です。

また夏かぜと言われるプール熱(アデノウイルス感染症)・ヘルパンギーナ・手足口病が流行し始める時期でもあります。

当クリニック周辺の幼稚園でも一部ではありますが、プール熱(アデノウイルス感染症)が流行しているところもあります。

 

アデノウイルス感染症とは?

アデノウイルス感染症とはその名のとおり、アデノウイルスに感染しておこる病気のことです。

実はアデノウイルスには50種類以上の型が報告されてます。

その型によって発熱(高熱のことが多い)、ノドの痛みなどがでる咽頭炎や扁桃炎、眼の充血、目やになどが出る結膜炎、腹痛や下痢・嘔吐などが起こる胃腸炎など様々な症状が現れます。

中でも「プール熱」と言われる咽頭結膜熱はアデノウイルス3型・4型で発症しやすく、アデノウイルス感染症の3大症状である発熱(高熱)、咽頭痛、結膜炎すべてそろったものです。しかし、3大症状すべてそろわないことも多くありますので、それらをまとめてアデノウイルス感染症と呼んでます。また、結膜炎のみの場合は流行性角結膜炎(はやり目)と呼ばれ、アデノウイルス8型の感染で起こりやすいです。

アデノウイルス感染症の種類について説明しています。アデノウイルスには50種類以上の型があります。発熱(高熱)、ノドの痛み、結膜炎の3つがそろえば咽頭結膜熱(プール熱)になります。こればアデノウイルス3型・4型による感染で起こりやすいです。結膜炎のみの場合は流行性角結膜炎いわゆる流行り目と言われ、アデノウイルス8型に多いと言われています。

 

アデノウイルス感染症の経過と治療

アデノウイルス潜伏期

アデノウイルスは感染してから約5~7日の潜伏期間をおいてから発症します。

すぐには発症しません、感染の疑いのある人と接触すれば「1週間」は要注意です。

アデノウイルスは非常に感染力の強いウイルスです。インフルエンザと同じぐらいの感染力とも言われてます。

感染経路はくしゃみなどによる飛沫感染および便などからの糞口感染がほとんどです。

特にタオルは感染源として非常に重要で感染者との共用は絶対にしないでください。プール熱という名前がついているのもプールの中でうつるというだけでなく、脱衣所でもうつりやすいということです。

アデノウイルス発病期

発熱(高熱が続きやすい)・咽頭痛などの症状があれば検査をしましょう。周りにアデノウイルス疑いの人がいるようならなおさらです。

のどの突き当り(咽頭後壁)が真っ赤になっていたり、扁桃(腺)に白い膿がついていたりするようなら注意が必要です。

アデノウイルス簡易検査がありますので、10分ほどで診断が出来ます。(当クリニックでも検査可能です)

インフルエンザの検査と似ていますが、アデノウイルスは鼻からではなくのどの粘膜もしくは眼(結膜)の粘膜から採取しますので小さなお子さんでも簡単に出来ます。

もし、検査で陽性が出れば、残念ながらアデノウイルス感染症ということになります。

遅れて結膜炎が出てきたりもするので、基本的は咽頭結膜熱(プール熱)と同様の扱いになります。

要するに、しばらくは幼稚園・保育園・学校に行けないことになります。学校保健法上は「主要症状が消失した後、2日を経過するまで出席停止とする」となってます。簡単に言うと「熱が下がって2日間は周りのおともだちにうつすかもしれないので我慢してください」ということです。

 

では「どうすれば、幼稚園・保育園・学校に早く行けるようになりますか?」ですが、残念ながらアデノウイルスをやっつける薬はないので、自分の免疫力でウイルスを退治する方法しかありません。

咽頭痛や発熱の多くは5日前後で回復しますので、その間は最大限の免疫力を発揮できるように栄養をつけて、休息をとるようにしてください。全身状態が悪いようであれば、鎮痛解熱剤を使用することもあります。

特に小さなお子さんは発熱による体液の消失と咽頭痛による水分摂取不足のために脱水状態になることを気をつけましょう。

薬局などに売っている経口補水液でしっかりと水分の補給をしてあげてください。

 

また、アデノウイルスは子どもに多い病気ではありますが、大人にもうつる病気です。治療方法は子どもと同様に薬がありませんので自己免疫力で治すことになります。

大人には学校保健法が適応にはなりませんので、厳密なルールでの出勤停止はありません。事業所での判断によることになります。

 

アデノウイルス回復期

熱が下がっても2日間は自宅でゆっくりしましょう。

登園(校)許可書が必要な場合もありますので、幼稚園・保育園などに確認してみてください。当クリニックでも記入していますので必要であれば、お申し出ください。

登園(校)出来るようになっても、しばらくは便中からウイルスが排泄され続けます。

特に、入浴・プールなどでは熱が下がっても2週間前後は感染する可能性がありますので気をつけましょう。

 

アデノウイルス感染症の経過を説明しています。感染後5~7日間の潜伏期を経て高熱、咽頭痛、結膜炎などの症状で発症します。5日前後で症状は改善しますが、症状軽快後2日は保育園・幼稚園・学校は出席停止となります。またその後も2週間前後は糞便中にウイルスが残っている時期ですので感染のリスクが完全に無くなってはいません。

院内に「夏かぜ」のリーフレットも置いております。

プール熱だけではなく、手足口病やヘルパンギーナについても書いておりますリーフレットです。

ご自由にお持ち帰りください!

わしお通信 2016年7月号も参考にしてみてください!

わしお耳鼻咽喉科 TEL: 0798-56-8733 兵庫県西宮市瓦林町20-13
【診察】午前8:45~12:00 午後15:45~19:00【休診日】水曜と土曜の午後 日曜・祝日