blog-back

花粉症の薬の選び方 ~OTC(市販薬)も~

2019-02-12
テーマ:お知らせ

そろそろ花粉症の季節がやってきてしまいますね。実は今でもまだまだ花粉症の人が増えているの知っていますか?

鼻アレルギーガイドライン2016年版でもスギ花粉症の人は2008年の時点で4人に1人は花粉症であり、1998年から2008年の10年で10%も増加しています。さらに2019年の時点ではもっと増加していることが予想されます。

中でも低年齢の花粉症が増えていることで花粉症全体の割合が増えているのです。

「子どもだから花粉症はない」、「今まで花粉症じゃなかったから大丈夫」ではないかもしれないのです。花粉症は誰でも起こりうる国民病と言って過言ではないでしょう。

もし、春にくしゃみや鼻水が出たり、目がかゆくなったりすれば、「子どもでも花粉症かも?」「今年から花粉症かも?」と疑ってみてください。

 

もう花粉症と診断がついている人が気になるのは花粉の状況ですよね。では今年の花粉状況はどのような感じなのでしょうか?

現在の予想も例年通りであり、2月中旬~下旬からの飛散開始になりそうです。バレンタインデーを過ぎてからのよいお天気で気温が高い日が花粉飛散開始の要注意日になります。

 

下に示しますのが、日本気象協会から発表されているの2019年スギ花粉の飛散開始予報です。

次に示しますのが、ウェザーニュースから発表されているの2019年スギ花粉の飛散開始予報です。

いずれにしても2月中旬から下旬に飛散開始となりそうですね。

 

スギ・ヒノキ花粉の飛散量は日本気象協会、ウェザーニュース、程度の違いはあるにせよ、どちらも昨年と同じか多い予想なっています。

box1

やはり今年も、しっかりと対策をたてた方がよさそうですね。

 

西宮市の花粉情報はこちら  ↓ ↓ ⇓ ⇓ ⇓ ↓ ↓

https://www.nishi.or.jp/kotsu/kankyo/taiki/kafun.html

 

花粉症の症状は?

では花粉症の症状はどのようなものでしょうか?

もちろん、「鼻水が出て、目がかゆい」といった症状ですね。

花粉症というのは花粉によって引き起こされるアレルギー症状の総称になります。一般的には日本において花粉症というとスギ花粉症を指すことが多いですね。ヒノキ花粉症も合わせて、スギ・ヒノキ花粉症をスギ花粉症と言っていることも多いでしょう。

医学用語でいうと季節性アレルギー性鼻炎、季節性アレルギー性結膜炎、スギ花粉皮膚炎、気管支ぜんそくなどを合わせて花粉症と呼んでいるのです。ですから、鼻の症状、目の症状、皮膚の症状、咳の症状それぞれに治療が必要となります。

 

花粉症の薬の種類は?

花粉症にはいろいろな症状出ることがあります。ですから、薬の内容をわかって使った方がより良いですよね。

まずはどのような薬があるのでしょうか?

皆さんが一番なじみのある薬と言えば、「内服薬」と言われる飲み薬ですね。これには抗ヒスタミン薬とそれ以外の薬があります。

次に点鼻薬があります。直接、鼻にさす薬になります。実はこれにも種類がありますし、目薬の点眼薬にも種類があります。

皮膚炎に使う薬としては保湿剤とステロイド軟膏が中心になりますし、咳に対しては吸入薬を使う場合もあります。

症状に合わせて使い分けが必要になります。

さらに詳しくそれぞれの薬について見ていきましょう!

 

抗ヒスタミン薬の選び方

まずは一番使うことの多い内服薬から始めましょう!

内服薬には大きく2つに分けて、抗ヒスタミン薬とそれ以外の薬があります。

抗ヒスタミン薬というのはヒスタミンによる症状を抑えることによって効果が出る薬になります。ヒスタミンによる症状とは「くしゃみ・鼻水」と「かゆみ」が大きな2つです。「かゆみ」とは鼻のかゆみはもちろん、目のかゆみ、ノドのかゆみ、皮膚のかゆみ(耳のかゆみ)などで、どの場所でも抗ヒスタミン薬は効果が期待できます。

もちろん、目のかゆみには点眼薬、皮膚のかゆみには軟膏を合わせて使用する場合もありますが、一石二鳥、三鳥になれば楽ですね。

 

では、どの抗ヒスタミン薬がいいのでしょうか?

実は抗ヒスタミン薬にも2種類あって、第一世代抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬とがあります。

なんじゃそりゃ、って感じですが、ようは古いやつと新しいやつがあるということです。大きな違いは抗コリン作用が強いかどうかです。抗コリン作用というのはのどが渇いたり、目がしょぼしょぼしたりという作用で、副作用として出てくる症状になります。また、眠気が出やすいのも特徴でしょう。
第一世代(古いやつ)抗ヒスタミン薬は副作用が出やすいので、現在では病院で処方されることは少なくなってきています。

しかし、薬局で売っているOTC(over the counter)には、まだまだ、第一世代の抗ヒスタミン薬が含まれています。OTCのアレルギーの薬を購入する場合、出来たら、「第一世代か? 第二世代か?」を確認して買うことをお勧めします。

では、第二世代抗ヒスタミン薬では眠気がないのでしょうか?

実は、第二世代抗でも眠気が出やすいもの、出にくいものがあるのです。薬の説明書である添付文書にも車の運転で3段階に表現されています。

添付文書に車の運転の記載されていない薬(青色の薬)、車の運転の注意がされている薬(黄色の薬)、車の運転を禁止されている薬(赤色の薬)の3種類です。

どうしても最初は青色の薬から始めることが多くなります。効果が出なければ眠気を気にしないといけない薬になっていきます。しかし、実は眠気というのは効果の話ではなくて、脳に薬がいくかどうかの話なのです。ようするに「眠たくなる薬が良く効く薬ではない」のです。

さらに眠気が出る薬というのは赤の運転が禁止されている薬でも添付文書上で眠気は10%前後なのです。ということは10人に1人しか眠気が出ないことになります。もちろん、眠気が出なくても作業効率が落ちる可能性があります。インペアード・パフォーマンスといわれますが、眠気がなくても作業効率が落ちることも言われていますから青の薬から試してみることが多くなります。しかし、あくまでも眠気という副作用より、まずは効果が出ることが薬である以上、必要なことだと考えましょう。ですので、よく効く薬というのは「自分に合うかどうか」が最も大切なのです。

 

次に前もって薬は飲むほうが良いといわれるのを知ってますか?

初期療法といわれる治療の仕方です。難しく言ってはいますが、ようは、「花粉が飛ぶ前から飲んでおいた方がいいですよ」ということです。

では、それはどうしてでしょうか?実は抗ヒスタミン薬は抗アレルギー薬ともいわれており、抗ヒスタミン作用以外に効果が出る作用があるのです。それをメディエーター遊離作用と呼ばれるものです。この効果が出るためには1~2週間かかるといわれてます。

ということは、抗ヒスタミン薬の効果が100%出るためには1~2週間かかるということになります。花粉が飛散開始する1~2週間から飲み始めたほうが良いということです。

わしお耳鼻咽喉科のある西宮市(兵庫県)では今年も2月20日前後が飛散開始日であると予想されています。

もう、そろそろ飲み始めた方が良いということになりますね。

 

点鼻薬とは? どんな点鼻薬がいいの?

点鼻薬とは直接、鼻の中に薬を噴霧する薬の総称になります。

点鼻薬というとOTCで販売されている点鼻薬を連想される人も多いかと思います。OTC点鼻薬の多くは血管収縮薬といわれるものです。血管収縮薬とはそのとおりで、血管を縮める作用で主に粘膜を収縮させる作用です。ですから鼻づまりによく効く点鼻薬になります。特徴は即効がある(すぐ鼻詰まりが良くなる)ということでしょう。しかし、欠点は使いすぎるとリバウンドが来るということです。リバウンドというのは逆に鼻詰まりの原因になるということです。このことを知って使っている人は少ないかもしれません。OTC血管収縮点鼻薬の添付文書には理由が書いてないかも知れませんが、長期使用に対する注意が書いてあるはずです。OTC点鼻薬の場合でなかなか添付文書には目を通すことが難しいかもしれませんが、簡単に言うと「即効性のある点鼻薬を使過ぎると鼻詰まりがひどくなる」ということです。

 

実は花粉症の点鼻薬にも3種類あるのを知っていますか?

総称といったのは1種類ではないからです。3種類とはステロイド点鼻薬、血管収縮薬、抗アレルギー点鼻薬です。病院で処方される点鼻薬で最も多いのがステロイド点鼻薬です。「ええっ、ステロイド?」って思われた方も多いのかもしれません。現在、薬の中で最も誤解のある薬がステロイドかもしれません。

ステロイドで気を付けなければいけないのは内服薬だけと言っても過言ではないでしょう。それはどうして点鼻薬になっているのかを考えれば解ってもらえることでしょう。内服薬でもあまり副作用が起こりにくいといわれる1錠の5~10分の1(点鼻薬によります)しか1日に使用しないのです。しかも、それを鼻にしか使わないということは全身に吸収される量はよほどのことがなければ気にしなくても大丈夫とことになります。実はむしろ血管収縮薬の点鼻薬より安全に使える点鼻薬はステロイド点鼻薬になります。

また、ステロイド点鼻薬の効果は鼻づまりだけではなくて、くしゃみ・鼻水にも効果があります。そして、眠気が出ないという特徴もあります。

そういった点からも病院で処方される点鼻薬の中心がステロイドになるのです。

では、ステロイド点鼻薬の欠点はどういったものでしょうか?

ステロイド点鼻薬にはあまり即効性がありません。ここにもステロイド点鼻薬の誤解があります。「副作用が強そうなステロイドだから即効性があるだろう」また、「点鼻薬って即効性があるもの」じゃあないのといった感覚の人が多いようです。実は、ステロイド点鼻薬には血管収縮薬のような分単位での効果は望めませんし、点鼻薬は即効性があるというのは血管収縮薬のことです。

したがって、ステロイド点鼻薬は続けることによって効果が出る薬なのです。前に書きましたように続けても副作用の可能性が非常に低く、安心して続けられる点鼻薬ということです。

ステロイド点鼻薬のタイプにも色々とあります。まずは使用回数による違いで、1日に1、2、4回点鼻をする点鼻薬があります。また、出てくる薬剤の形状によって噴霧スプレー式のタイプやパウダー式のタイプの2種類に分かれます。使用感があるのがスプレー式で刺激に弱い人はパウダー式がいいかもしれません。ナゾネックス、アラミストなど2歳以上のお子さんに使用できるものも出てきています。

いまよく使われるものには1日1回の点鼻薬でスプレー式のナゾネックス、アラミストやパウダー式のエリザスがあります。続けて使用しやすくて、もちろん、効果のある点鼻薬を選びましょう。

 

もう1種類、抗アレルギー点鼻薬があります。病院でもあまり処方されないかもしれませんが、抗ヒスタミン作用やメディエーター遊離抑制作用のある薬の点鼻薬です。すなわち、内服薬と同じでくしゃみや鼻汁の多い場合に効果が期待されるのですが、鼻づまりには効果的ではありません。内服薬のような眠気が出にくいという面がありますが、鼻以外の場所に効果が期待できませんので、内服薬やステロイド点鼻薬が使いづらい方に限定的に使用するのが実情になっています。

 

以上のことから、花粉症の人は内服薬と同じで、調子の悪いときだけでなく、花粉飛散の前からステロイド点鼻薬を定期的に点鼻することが快適生活つながるといえます。

目薬(点眼薬)の使い方

では、点眼薬にはどのようなものがあるのでしょう?大きく分けて2種類の点眼薬があります。抗アレルギー点眼薬とステロイド点眼薬です。何か点鼻薬と似ていますね。

しかし点眼薬の中心はステロイドではなくて抗アレルギー薬です。

ステロイド点眼薬は全身への副作用は点鼻薬と同様にあまりありませんが、長期使用すると眼圧が上昇して緑内障になる恐れがあります。レスポンダーといわれるなりやすい人とそうでない人がいるといわれていますが、そもそも眼圧が上がっても自覚症状がありませんので、定期的に眼圧を測定しない限り、眼圧が上昇しているかは分かりません。特にお子さんの方が眼圧は上昇しやすいといわれています。

したがって、当院でもステロイド点眼薬の使用は限定的であり、お子さんや長期使用が必要な方は眼科専門医の受診・処方を薦めさせていただいてます。

では、抗アレルギー点眼薬はどういったものでしょうか?

これも今までに似た話が出てきましたね。抗アレルギー点眼薬も抗ヒスタミン作用とメディエーター遊離抑制作用になります。抗ヒスタミン作用をもつ抗アレルギー点眼薬が中心になります。リボスチン、パタノール、ザジテン、アレジオンが頻用される点眼薬でしょう。抗アレルギー点眼薬の選び方の場合でも最も大事なのは効果があるかです。眠気という副作用を気にしなくてよい点眼薬ではまずは効いているかです。

こちらもより効果的に点眼薬を使うためには続けることになります。内服薬を同じように100%の効果を発揮するためには継続使用ということです。

次によくある点で、裸眼か、コンタクトレンズを使用しているか、になります。現在、抗ヒスタミン作用のある点眼薬の中でコンタクトレンズの上から点眼可能な薬剤はアレジオンのみになっています。アレジオン点眼薬にはベンザルコニウム塩化物(BAK)という防腐剤が含まれていません。この防腐剤であるBAKがコンタクトレンズの天敵なのです。もちろん、BAKが含まれている点眼薬もコンタクトレンズを外して点眼すれば使用は可能になります。そもそも花粉症の眼症状が強い場合は、コンタクトレンズをつけることをおススメされてません。目に対しての花粉症対策が優先されることはもちろんです。

 

やはり、抗アレルギー点眼薬も抗ヒスタミン内服薬やステロイド点鼻薬と同じように、目のかゆいときだけでなく、花粉飛散の前から抗アレルギー点眼薬を定期的にさすことが重要です。

 

保湿剤を使いましょう!

花粉が飛び出したら、鼻の症状や目のかゆみの症状しかありませんか?肌が露出している所にかゆみなどはありませんか?

もし春、花粉が飛んでいる時期にそのような皮膚の症状があればスギ花粉皮膚炎かもしれません。赤くなったり、湿疹ができたり、などの皮膚炎症状がなくても、かゆみや皮膚の調子が悪いなどがあれば、花粉症による皮膚症状を疑わないといけませんね。

花粉症の症状であっても、他の原因であっても、考え方はアトピー性皮膚炎の考え方になります。ようするにスキンケアと軟膏+原因の回避です。

原因の回避に関しては、今回は花粉ですので花粉症対策をしっかりとしましょう。

 

では、スキンケアとのどうなものでしょう?

基本的には清潔と保湿になります。清潔とは、しっかりと泡立てた石鹸をつかって、きめの細かい泡で、肌を傷つけないように、手のひらで体を洗うことです。洗った後も、石鹸が残らないように、しっかりと洗い流しましょう。保湿とは、皮膚の乾燥を防ぐために、皮膚の外側に一枚膜をつくりバリアーを張って皮膚からの水分が出ていくのを防ぎます。同時に、外からの花粉などの異物の侵入も防ぐことになります。大切なのは「カサカサになってから、ではなく、カサカサにならないように」です。保湿も花粉が飛んでくる前からしっかりとしておいたほうが良いのです。バリアーを張っておけば、皮膚からの花粉の収入を少なくすることができ、肌のトラブルを減らすことができます。

では、実際にはどのようなもの保湿剤が良いのでしょうか?

基本的は今、使っている保湿剤で十分です。ただし、自分に合ったものであり、皮膚が敏感になっているので刺激の少ないもの、添加物の少ないものがいいでしょう。

病院で処方する保湿効果のある軟膏としては白色ワセリン、ウレパール、ヒルドイドなどが多いですね。ポイントはどの保湿剤がいいというよりも「しっかりと、まめに」です。花粉が飛ぶ前から、毎日、十分な量で保湿をすることが大切になります。軟膏であれば、人差し指の第一関節まで出した量を1FTU(フィンガーチップユニット)と言い、1FTUで手のひら2枚分の面積に塗る量になります。イメージ的には少しべたつくぐらい塗る感じです。軟膏のほかにクリームやローション、スプレーなども色々とありますので使いやすいものを選ぶといいでしょう。

軟膏などの塗り方(動画)はこちら ↓ ↓ ↓ ⇓ ⇓ ⇓ ↓ ↓ ↓

http://www.maruho.co.jp/medical/hirudoid/product/howto/mv/hoshitsu_meyasu.html

当院にある「からだの洗いかた と 軟膏の塗りかた」も参考にしてみて下さい。

 

スキンケアによる予防のほかに、もう一つは軟膏による治療になります。

ここでの中心はステロイド軟膏による治療です。「アトピー性皮膚炎があって花粉症もある人」や「ハウスダストやダニなどの通年性アレルギーがあって花粉症もある人」は花粉症しかない人と比べると、もともと肌が弱い可能性が高いので「さらに悪くなる」という意味で注意が必要になります。もしかしたら、普段からステロイド軟膏を使っている人も多いかもしれません。

春の花粉による皮膚炎ですので、どうしても肌が露出している顔や首がひどくなることが多いです。顔は軟膏の吸収率の高い部位になりますので、通常は弱いタイプのステロイドを使用することが多くなるでしょう。

皮膚症状がひどくなる場合は、もちろん、皮膚科専門医で診てもらうことをおススメいたします。

 

咳にはどうするの?

花粉症の時に鼻や目の症状といっしょに咳も出る人は意外と多いかもしれません。

喘息治療ガイドラインでもアンケートで喘息を引き起こす誘因として16.2%の人が花粉をあげていました。アンケートですので、本当の咳の原因が花粉かどうかは?ですが、春の花粉の時期に咳が出やすくなることは多そうですね。

もう花粉症の人はご存知だと思いますが、スギやヒノキの花粉以外に春には黄砂やpm2.5といったものまで飛んできます。これらは花粉本体より小さい物質であり表面よりさらに奥まで入りやすい特徴があります。

ダニアレルギーがもともとあるために花粉以外の影響を受けやすい人や下気道まで入り込みやすい黄砂やpm2.5などが飛んできた時には咳にも注意が必要になります。花粉症の咳は気管支ぜんそくの可能性もあるためにしっかりと治療することが大切です。

まずは咳も予防することから始まります。気管支ぜんそくの人はもちろん、普段から咳が出やすい人、花粉症の時にはよく咳が出る人などは咳が出ることを想定しながら薬を飲みましょう。

抗ヒスタミン薬のところで内服薬には抗ヒスタミン薬以外にもあるというお話を少しふれましたね。その中に咳に効果的な薬があるのです。抗ロイコトリエン薬と呼ばれる薬になります。この薬は気管支ぜんそくの薬になりますが、アレルギー性鼻炎の適応もあるものが多いのです。オノン、キプレス、シングレアといった薬で咳と鼻づまりに効果が期待できる薬です。これらの薬でうまく咳のコントロールができていれば花粉飛散終了まで飲みましょう。

もし、うまくコントロールできなければ、気管支ぜんそくの治療に準ずる形で吸入ステロイド薬や気管支拡張薬を使うことを検討します。

 

花粉症の治療は鼻症状にしても、目の症状にしても、皮膚や咳にしても、「花粉飛散の前」から「花粉飛散が終わる」まで継続することが大切になります。ということは、いつまで花粉が飛ぶのかを知っておかなくてはなりません。

そのためにはまずは自分が「花粉症ではなく、なに花粉症?」なのかを知っていることが必要です。治療を行う前に病院できちんと検査をしておくことは非常に大切です。

西宮では2月下旬から4月上旬にスギ花粉が、3月下旬から5月上旬にヒノキ花粉が本格的に飛散します。スギ・ヒノキ花粉症であれば、バレンタインデーごろからゴールデンウィークごろまでが花粉飛散期なるので、2月入ったころからゴールデンウィークまでの3か月の間、治療が必要であることになります。

もし、ゴールデンウィークを越えてアレルギー症状が続く場合はイネ科の花粉症を疑う必要がありますので、引き続き治療を行いましょう。

 

これらのことを参考にして、今年こそは快適に花粉症の時期を過ごしましょう!

まだ間に合う花粉症の治療 ~レーザー治療~

2019-01-21
テーマ:お知らせ

今年もそろそろ花粉症を気にしないといけない時期になってきました

兵庫県における2019年のスギ・ヒノキ花粉量は「去年と比べて同じ(90~110%)ぐらい」で、「この10年の平均と比べてやや多い(110~150%)」という予想になっています。

また、飛散時期も例年通りに2月の下旬から飛散開始して、スギ花粉が例年より少し早めの3月上旬にピークをむかえ、ヒノキ花粉はピークが4月上旬に迎えるようです。そして4月末からGWあたりで飛散終了になりそうです。

例年通りもしくは例年より早めにしっかりと対策を立てておいた方が良さそうですね。

 

花粉症の治療は3種類

では、花粉症の治療にはどのようなものがあるかご存知ですか?

大きく分けて 「次の3種類の治療」 があります

 

①薬による治療 ⇒ お薬で症状を抑える治療法

②レーザー治療 ⇒ アレルギー性鼻炎・花粉症レーザー手術

③アレルゲン免疫療法(皮下免疫療法、舌下免疫療法)  ⇒  アレルゲン免疫療法(皮下・舌下免疫療法)

 

しかし、これら治療は始める時期が異なっているのです

③のアレルゲン免疫療法はじっくり治療していく方法ですので、遅くても前年(2018年)の12月までに開始して、ようやく翌年(2019年)の花粉症に効果が期待できるものなのです。

ということは、残念ながら、今から始めても今年の花粉症には間に合わないといことになります。

しかし、アレルゲン免疫療法の効果は継続することによって高まっていくもので、さらに続けることによって、2年目には1年目より、3年目には2年目よりも効果を期待できる治療になります。

今年の花粉症が終わってから是非とも検討してみてください。うまくいけば完治することもできる治療のなのです。

 

花粉症の治療は花粉が飛び出す時期に近づけば、近づくほど治療の種類が減っていってしまうのです。花粉が飛び出して症状が出てしまえば、薬を飲むしかないということになります。今から間に合う治療は、レーザー治療と投薬治療しかありません。

言いかえれば、薬の治療以外にも、「まだレーザー治療が間に合う」という時期にもなります。

 

レーザー治療をする時期は?

ではレーザー治療はいつすればいいのでしょうか?

レーザー治療を行った直後はレーザーによる炎症の症状が出ます。個人差はありますが、特に最初の1週間は鼻づまりや鼻水などの花粉症のような症状が出ることがあります。ひどければ薬を飲んだりしますが、強い痛みが出ることはありませんので痛み止めが必要になることはまずありません。その後、粘膜は徐々に改善して3~4週間で落ち着きます。そのころよりレーザーの治療効果が期待できるようになります。

ということは花粉が飛び出す3~4週間前に行うのが一番よいのです。

         レーザー治療の効果出るまでの経過は

 

花粉が飛び出す3~4週間前とはいつでしょう?

現在の予想ではスギ花粉の飛散開始日は例年通りの2月20日ごろになってます。もちろん自然の話ですので予想通りにはいかないかもしれませんが、1月下旬から遅くても2月上旬にレーザー治療をするのはおススメとなります。

花粉飛散開始日というのは花粉が初めて飛ぶ日ではなく、1平方cm視野に1個以上の花粉が2日以上観測された場合の初めの日のことです。本格的に花粉が飛び始める日のことになります。ですので敏感な人は飛散開始日より前に花粉症の症状が出てもおかしくはないのです。毎年1月から症状が出始める人、またはもう症状が出ている人は出来るだけ早くレーザー治療をしましょう。

ちなみに花粉が初めて飛ぶ日は初観測日といいます。

 

もちろん、花粉症だけでなくダニアレルギーなどのアレルギー性鼻炎にもレーザー治療は効果的です。

どのタイミングでどのような治療を計画的に行うかを判断するために治療前にアレルギー検査を行いましょう。

アレルギー検査について♬

 

レーザー治療のコストは

レーザー治療は自費診療ではなく、保険診療の適応になります。3割負担の方ですと、術後の投薬の有無によりますが10000円前後の負担となります。

鼻の処置が苦手でなければ何歳からでも可能ですが、平均的に小学校高学年ぐらいから適応になることが多いです。

レーザー治療の副作用は?

レーザー治療の大きな副作用はレーザー照射後に「一時的な鼻症状の悪化(鼻水が出たり、鼻づまりがひどくなったり)」です。「全然平気だった」という方もいますので、全員に起こるわけではなくて個人差はありますが、およそ1週間ほどで軽快します。その間にひどければ抗アレルギー薬を使用することによって症状緩和が出来ます。

また、照射後の痛みが気になるかもしれません。

しかし、ほとんどの方に痛みがありませんので鎮痛剤の投与はしておりません。痛み止めはいらないのです。

どんな人がレーザー治療に向いているのでしょう?

①去年(2018年)シーズンに薬が効果的ではなかった人

②眠気など、薬の副作用が気になる人

③妊娠中や授乳中のため、薬を飲みたくない・飲めない人

 

レーザー治療は薬では効果が出にくい鼻づまりに対して効果的な治療です。また、花粉症の薬は眠たくなることがよくありますが、その心配もありません。もし、薬を併用する場合でも今まで効かなかった薬の併用で効果が来た出来るのです。

鼻の中の麻酔のみで出来る治療ですので、妊娠中(もちろん授乳中も)でも心配なくできます。

その他にあまり病院に通院することが難しい方にも向いているかもしれません。

 

レーザー治療以外の治療も含めての花粉症治療のフローチャートを参考してみて下さい。

 

当院でのレーザー治療は予約制ではありませんので、治療方針を相談の上、その日のうちにレーザー治療はすることが可能です。お気軽にご相談ください。

「わしお通信 No.25/2018年1月」はレーザー治療についてになりますので参考にしてみてください。

わしお通信No.25/2018年1月   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

              わしお通信トップページ

舌下免疫療法の費用・コストは?

2018-05-29
テーマ:お知らせ

今年もスギ・ヒノキ花粉症の時期は過ぎ去りましたね。

3月から4月にかけてくしゃみや水鼻が多かったり、目のかゆみが多くありませんでしたか?

そのような症状があったのなら、それはもしかしたら花粉症かもしれません。「軽かったので大丈夫」とほっておいていると来年はひどくなるかもしれませんよ。

もし、花粉症を疑えば、まずはきちっとした診断をつけましょう。
「とりあえず病院や薬局で薬を」も悪くないかもしれません。しかし、ここには3つの落とし穴があることを知っておきましょう。

  1. いつからいつまで治療をすればよいかわからない
  2. 薬以外の治療に出会わない
  3. 花粉症以外のアレルギーやスギ・ヒノキ以外の花粉症がわからない

アレルゲン免疫療法のメリット・デメリット

スギ花粉症やダニアレルギーには「薬以外の治療法」である免疫療法という治療法をご存知ですか?

治癒を期待できる唯一の治療法がアレルゲン免疫療法なのです。

この治療法の特長は、

  1. 治癒もしくは長期寛解(治療後に効果が長く続く)が期待できる
  2. 新しい花粉症などアレルギーの種類が増えるのをおさえる
  3. 気管支ぜんそくなど別のアレルギー疾患になるのをおさえる

どんな治療法もいいことばかりではありません。
では欠点は何でしょうか?

  1. 1年を通して治療が必要なために通院が面倒である
  2. スギ花粉エキスを使用するためにごくまれに全身症状が出る可能性がある
  3. どこの医療機関でもやっているわけではない

実際にはどのように治療をするのでしょうか?
方法は2種類あります。皮下免疫療法と舌下免疫療法です。違いは「どこからスギ花粉エキスを入れるか?」です。

注射で皮膚の下に入れるのが皮下免疫療法
舌の裏に液体の薬を垂らしたり、錠剤をおいたりするのが舌下免疫療法

で、皆さんがもうひとつ気になるところは「いくらかかるのだろう?」ではないでしょうか?

アレルゲン免疫療法の費用・コスト

免疫療法は皮下でも舌下でも健康保険の適応を認められています。
ということはもっとも多く負担する方でも3割負担ということになります。
では、実際にはどれぐらいになるのでしょうか?

皮下免疫療法

皮下免疫療法(3割負担)は
1回につき 約600円(調剤薬局での処方薬がない場合)
最初は毎週ですので 一か月 約2400円 初年度 年間約23000円
2年目以降は1~2ヶ月の通院になることが多いので 年間約3600円~7200円

舌下免疫療法(スギ→シダトレン・シダキュア、ダニ→ミティキュア・アシテア)

舌下免疫療法(3割負担)は
1回につき クリニックで約600円 調剤薬局でシダトレンは約1700円、ミティキュア・アシテアは約2200円
月一回の受診になりますので、クリニックと調剤薬局を合わせて 一か月 約2300~2800円 年間約30000円前後

(H30.4月の保険改定で価格変更になりました)

また、6月29日には5歳から投与可能なスギ舌下免疫療法の錠剤であるシダキュアも使用可能になる予定です。

(ただし、新薬であるため発売後1年間は2週間までしか投与できません)

 

あくまでも目安になります。
もちろん実際の通院回数や処置内容、抗アレルギー薬など他の投薬の有無などによって、変わりますことをご了承ください。

免疫療法は長い目で見ると治癒や長期寛解を目標にする治療です。うまくいけば治るかもしれません。
特に花粉症の場合は症状のある時こそ来年からの治療を考えるチャンスです。
当院ではアレルギー専門医として、皮下・舌下あわせて現在136名の方に免疫療法を行っております。
ご希望の方はご遠慮なく当院スタッフにご相談ください。

カモガヤ花粉症と黄砂アレルギー?

2018-04-27
テーマ:お知らせ

ゴールデンウィーク・5月の花粉症とは?

だんだんと気温も上がってきて、過ごしやすい季節になってきましたね。花粉症の方もゴールデンウィーク明けのあと2週間ぐらいでおわりで嫌な季節が過ぎようとしています。

例年のおよそではありますが、西宮あたりではバレンタイン過ぎてからゴールデンウィークまでの時期が花粉飛散期になります。そして「スギ花粉飛散のピークは春分の日前後」「ヒノキ花粉飛散のピークは桜が散り始めたころ」と2度、ピークがくるので一度3月下旬から4月上旬にマシになりますが、もう一山来ることに気をつけなければなりません。

 

ここでに皆さんが「花粉症」と言っているのはどういった事なんでしょうか?

あくまでも「花粉症」というのは「スギ・ヒノキ花粉症」を略して言っていることであることを気をつけなければなりません。

もちろん「スギ花粉症」だけの人は4月上旬までで症状が落ち着きますし、少数派になりますが、「ヒノキ花粉症」のみの人は3月下旬から症状が出現します。

他に「自分の花粉症は他の人より長く続くタイプ」という花粉症はカモガヤ花粉症かもしれません。

 

カモガヤ花粉症とは

カモガヤとはイネ科の雑草で武庫川の河川敷や公園や道路わきなどどこにでも生育しています。5~7月に開花するためゴールデンウィークから梅雨頃の時期に花粉症症状が出ます。

イネ科花粉症と共通に使われることが多いのは他のイネ科植物であるハルガヤ・オオアワガエリ・ギョウギシバなどの花粉にもカモガヤ花粉症は多くの人が反応してしまうため「カモガヤ花粉症=イネ科花粉症」と同じ意味で使われることが多いのです。

ちなみにイネ科と聞くと「秋」と連想しますが、あくまでも「花粉が飛ぶ時期=花の咲く時期」であるので、イネ科花粉症は初夏の花粉症の代表になります。ただし、多くのイネ科植物と共通するために場所によっては9、10月ごろにも症状が出る場合があります。

また、スギ・ヒノキ花粉のような背の高い樹木の花粉は風にのると数十Km以上と以上に遠くまで飛びますが、背丈が1m前後の雑草であるイネ科は数十mから数百mしか飛びません。

ですのでスギ・ヒノキ花粉からはなかなか逃げ切れませんが、イネ科花粉からはうまくいけば逃げれるのです。

 

花粉-食物アレルギー症候群(口腔アレルギー症候群)も注意です

カモガヤやオオアワガエリなどのイネ科花粉症の人はメロンやスイカでのどがイガイガすることがあります。

イネ科花粉症の中でもプロフィリンというタンパク質にアレルギーをもつ場合は同じくプロフィリンが含まれる果物や野菜に反応してしまう事があるのです。メロンやスイカ、セロリなどでのどがイガイガするのはそのためと考えれています。

プロフィリンは熱や酸に対して弱いので加熱・加工すれば症状が出ない場合が多く、胃酸の影響を受けない口から喉の症状が多くアナフィラキシーなどの全身症状が出ることは少ないと考えられています。

 

治療は現在のところ免疫療法のエキスがありませんので、対症療法である薬の治療またはレーザー治療になります。

まずは「何」花粉症であるのかを調べるところから治療は始まりますので、きちんと診断をつけましょう。

 

黄砂アレルギー?

この時期にもう一つ花粉症に関連するのが黄砂になります。黄砂は主に中国の砂漠地帯地方(ゴビ砂漠・タクマラカン砂漠など)や黄土地帯の砂塵が砂嵐となり、偏西風に乗って飛来して来ます。そのとおり道である韓国や日本に黄砂による影響を及ぼします。時期的には「2~5月の春」に飛んでくることが多いのでスギ・ヒノキ花粉症と重なって症状がひどくなります。

 

黄砂アレルギーと言われたりしますが、黄砂はアレルギーの原因であるアレルゲンではないのです。

では何でしょう?

実は黄砂はアレルゲンではなくて刺激物質なのです。

 

こんがらがってしまう原因は「アレルギー」という言葉にあります。アレルギーの人は花粉症やダニアレルギーのようにアレルゲンとして原因になっているものはもちろん、黄砂やpm2.5、温度差などの刺激物にも弱い過敏症でもあるのです。

要するに、過敏症まで含めて「アレルギー」と呼ぶか、

もっと広げて苦手なもの・拒否反応を起こすものまで「アレルギー」と呼ぶかによって違ってくるのです。

「アレルギー(花粉症)と過敏症(黄砂・PM2.5)の関係」

 

ですので、花粉症の人はもちろんのこと花粉症以外のアレルギーの人、鼻過敏症の人も黄砂に反応してしまうのです。

 

これからの時期にくしゃみや水鼻、眼のかゆみ、コンコンという乾いた咳をあれば、

それは・・・・・・   「カモガヤ花粉症かも、黄砂の影響かも」

それをきちんと見分けるためには検査が必要です。もしかしたらと思えば一度アレルギー検査をしてみましょう。

 

 

わしお耳鼻咽喉科 TEL: 0798-56-8733 兵庫県西宮市瓦林町20-13
【診察】午前8:45~12:00 午後15:45~19:00【休診日】水曜と土曜の午後 日曜・祝日