blog-back

インフルエンザワクチン接種についてのお詫び

2017-11-08
テーマ:お知らせ

現在インフルエンザワクチン供給の不足についてマスコミなどで報道されております。

今シーズンも少しでも多くの方に安心して接種してしただけますように当院では当日受付を基本に施行させて頂いておりました。

しかし、当院においても院内のインフルエンザワクチン在庫が途絶えてしまい、予防接種の当日受付および新規予約の受付を11月7日に停止せざるおえない状況になってしましました。

 

ワクチンの量は昨年と同等量を確保しておりますが、メーカーの製造スピードが例年よりかなり遅いために一回の入荷の量が少なく、また入荷のタイミングが悪い状況になっております。

現状では次回の入荷は11月中旬を予定しております。入荷次第、ワクチン接種を再開する予定であります。

 

今後も少しでも多くの方に安心してワクチンを接種していただけますように状況が変わり次第、随時ご報告させて頂きます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

アデノウイルスが現れました

2017-06-07
テーマ:お知らせ

最近になって一気に気温が上がり、夏みたいに暑い日が続いていますね。

こういう暑くなってくる時期は熱中症に要注意です。

また夏かぜと言われるプール熱(アデノウイルス感染症)・ヘルパンギーナ・手足口病が流行し始める時期でもあります。

当クリニック周辺の幼稚園でも一部ではありますが、プール熱(アデノウイルス感染症)が流行しているところもあります。

 

アデノウイルス感染症とは?

アデノウイルス感染症とはその名のとおり、アデノウイルスに感染しておこる病気のことです。

実はアデノウイルスには50種類以上の型が報告されてます。

その型によって発熱(高熱のことが多い)、ノドの痛みなどがでる咽頭炎や扁桃炎、眼の充血、目やになどが出る結膜炎、腹痛や下痢・嘔吐などが起こる胃腸炎など様々な症状が現れます。

中でも「プール熱」と言われる咽頭結膜熱はアデノウイルス3型・4型で発症しやすく、アデノウイルス感染症の3大症状である発熱(高熱)、咽頭痛、結膜炎すべてそろったものです。しかし、3大症状すべてそろわないことも多くありますので、それらをまとめてアデノウイルス感染症と呼んでます。また、結膜炎のみの場合は流行性角結膜炎(はやり目)と呼ばれ、アデノウイルス8型の感染で起こりやすいです。

 

アデノウイルス感染症の経過と治療

アデノウイルス潜伏期

アデノウイルスは感染してから約5~7日の潜伏期間をおいてから発症します。

すぐには発症しません、感染の疑いのある人と接触すれば「1週間」は要注意です。

アデノウイルスは非常に感染力の強いウイルスです。インフルエンザと同じぐらいの感染力とも言われてます。

感染経路はくしゃみなどによる飛沫感染および便などからの糞口感染がほとんどです。

特にタオルは感染源として非常に重要で感染者との共用は絶対にしないでください。プール熱という名前がついているのもプールの中でうつるというだけでなく、脱衣所でもうつりやすいということです。

アデノウイルス発病期

発熱・咽頭痛などの症状があれば検査をしましょう。周りにアデノウイルス疑いの人がいるようならなおさらです。

アデノウイルス簡易検査がありますので、10分ほどで診断が出来ます。(当クリニックでも検査可能です)

インフルエンザの検査と似ていますが、アデノウイルスは鼻からではなくのどの粘膜もしくは眼(結膜)の粘膜から採取しますので小さなお子さんでも簡単に出来ます。

もし、検査で陽性が出れば、残念ながらアデノウイルス感染症ということになります。

遅れて結膜炎が出てきたりもするので、基本的は咽頭結膜熱(プール熱)と同様の扱いになります。

要するに、しばらくは幼稚園・保育園・学校に行けないことになります。学校保健法上は「主要症状が消失した後、2日を経過するまで出席停止とする」となってます。簡単に言うと「熱が下がって2日間は周りのおともだちにうつすかもしれないので我慢してください」ということです。

 

では「どうすれば、幼稚園・保育園・学校に早く行けるようになりますか?」ですが、残念ながらアデノウイルスをやっつける薬はないので、自分の免疫力でウイルスを退治する方法しかありません。

咽頭痛や発熱の多くは5日前後で回復しますので、その間は最大限の免疫力を発揮できるように栄養をつけて、休息をとるようにしてください。全身状態が悪いようであれば、鎮痛解熱剤を使用することもあります。

特に小さなお子さんは発熱による体液の消失と咽頭痛による水分摂取不足のために脱水状態になることを気をつけましょう。

薬局などに売っている経口補水液でしっかりと水分の補給をしてあげてください。

 

アデノウイルス回復期

熱が下がっても2日間は自宅でゆっくりしましょう。

登園(校)許可書が必要な場合もありますので、幼稚園・保育園などに確認してみてください。当クリニックでも記入していますので必要であれば、お申し出ください。

登園(校)出来るようになっても、しばらくは便中からウイルスが排泄され続けます。

特に、入浴・プールなどでは熱が下がっても2週間前後は感染する可能性がありますので気をつけましょう。

 

わしお通信 2016年7月号も参考にしてみてください!

新年あけましておめでとうございます

2017-01-05
テーマ:院長より

新年あけましておめでとうございます

 

2016年は開院5周年の年でもありました。

5周年を機に当院の特色であるアレルギーについてもっと分かりやすく伝えるためにHPのリニューアルを行ったり、

インフルエンザを分かりやすくするための当院オリジナルリーフレットを作成したりしました。

2017年も「地域の皆さんに正しい情報・新しい情報をもっとわかりやすく」を目指して参ります。

地域の皆さんに愛されるクリニック・信頼されるクリニックを目標としてがんばって参りますので

今後ともよろしくお願いいたします。

 

わしお耳鼻咽喉科 院長 鷲尾有司DSC_0493 DSC_0494

 

 

4周年を迎えました \(^_^)/

2015-11-18
テーマ:院長より

2011年に開院してから今日11月11日で4周年を迎えました。

1万人を超える患者様と優秀なスタッフに恵まれて、
この日を迎えることが出来たことに「感謝、感謝 m(_ _ )m」であります。

たくさんの方々に支えられている事を改めて感じるのと同時に、
地域医療を担っているクリニックとしての期待と責任も感じてます。

特に数少ないアレルギー専門医として、
患者様の声にしっかりと耳を傾けながら期待に沿えるような治療を行ってまいります。

また、たくさん来ていただいてます子供さんたちの
今だけではなく将来を考えた治療を行ってまいります。

これからも多くの方に満足していただけるクリニックを目指して
スタッフと力を合わせて「わしお耳鼻咽喉科」は進んで行きます。

今後とも「わしお耳鼻咽喉科」をよろしくお願いいたします

はじめまして、院長です

2014-08-02
テーマ:院長より

西宮市瓦林町で開院してます『わしお耳鼻咽喉科』です

今日は院長である鷲尾有司がBlogデビューします
よろしくお願いします m(_ _)m

2011年11月11日の1並びの日にスタートしてもうすぐ3周年を迎えます
当クリニックの雰囲気などをもっと知ってもらい、少しでも役に立つ情報を提供しようと思いBlogを始めることにしました

マメではない院長ですが、スタッフの力を借りながら少しずつ更新していきますので長~~~い目でお付き合いお願いします

西宮市でアレルギー性鼻炎・花粉症の診療、免疫療法・レーザー治療を行っている耳鼻科『わしお耳鼻咽喉科』のスタッフブログです。

わしお耳鼻咽喉科 TEL: 0798-56-8733 兵庫県西宮市瓦林町20-13
【診察】午前8:45~12:00 午後15:45~19:00【休診日】水曜と土曜の午後 日曜・祝日