blog-back

カモガヤ花粉症と黄砂アレルギー?

2017-04-27
テーマ:お知らせ

ゴールデンウィーク・5月の花粉症とは?

だんだんと気温も上がってきて、過ごしやすい季節になってきましたね。花粉症の方もゴールデンウィーク明けのあと2週間ぐらいでおわりで嫌な季節が過ぎようとしています。

例年のおよそではありますが、西宮あたりではバレンタイン過ぎてからゴールデンウィークまでの時期が花粉飛散期になります。そして「スギ花粉飛散のピークは春分の日前後」「ヒノキ花粉飛散のピークは桜が散り始めたころ」と2度、ピークがくるので一度3月下旬から4月上旬にマシになりますが、もう一山来ることに気をつけなければなりません。

 

ここでに皆さんが「花粉症」と言っているのはどういった事なんでしょうか?

あくまでも「花粉症」というのは「スギ・ヒノキ花粉症」を略して言っていることであることを気をつけなければなりません。

もちろん「スギ花粉症」だけの人は4月上旬までで症状が落ち着きますし、少数派になりますが、「ヒノキ花粉症」のみの人は3月下旬から症状が出現します。

他に「自分の花粉症は他の人より長く続くタイプ」という花粉症はカモガヤ花粉症かもしれません。

 

カモガヤ花粉症とは

カモガヤとはイネ科の雑草で武庫川の河川敷や公園や道路わきなどどこにでも生育しています。5~7月に開花するためゴールデンウィークから梅雨頃の時期に花粉症症状が出ます。

イネ科花粉症と共通に使われることが多いのは他のイネ科植物であるハルガヤ・オオアワガエリ・ギョウギシバなどの花粉にもカモガヤ花粉症は多くの人が反応してしまうため「カモガヤ花粉症=イネ科花粉症」と同じ意味で使われることが多いのです。

ちなみにイネ科と聞くと「秋」と連想しますが、あくまでも「花粉が飛ぶ時期=花の咲く時期」であるので、イネ科花粉症は初夏の花粉症の代表になります。ただし、多くのイネ科植物と共通するために場所によっては9、10月ごろにも症状が出る場合があります。

また、スギ・ヒノキ花粉のような背の高い樹木の花粉は風にのると数十Km以上と以上に遠くまで飛びますが、背丈が1m前後の雑草であるイネ科は数十mから数百mしか飛びません。

ですのでスギ・ヒノキ花粉からはなかなか逃げ切れませんが、イネ科花粉からはうまくいけば逃げれるのです。

治療は現在のところ免疫療法のエキスがありませんので、対症療法である薬の治療またはレーザー治療になります。

まずは「何」花粉症であるのかを調べるところから治療は始まりますので、きちんと診断をつけましょう。

 

黄砂アレルギー?

この時期にもう一つ花粉症に関連するのが黄砂になります。

黄砂は主に中国の砂漠地帯地方(ゴビ砂漠・タクマラカン砂漠など)や黄土地帯の砂塵が砂嵐となり、偏西風に乗って飛来して来ます。そのとおり道である韓国や日本に黄砂による影響を及ぼします。時期的には「2~5月の春」に飛んでくることが多いのでスギ・ヒノキ花粉症と重なって症状がひどくなります。

 

黄砂アレルギーと言われたりしますが、黄砂はアレルギーの原因であるアレルゲンではないのです。

では何でしょう?     実は黄砂はアレルゲンではなくて刺激物質なのです。

 

こんがらがってしまう原因は「アレルギー」という言葉にあります。アレルギーの人は花粉症やダニアレルギーのようにアレルゲンとして原因になっているものはもちろん、黄砂やpm2.5、温度差などの刺激物にも弱い過敏症でもあるのです。

要するに、過敏症まで含めて「アレルギー」と呼ぶか、

もっと広げて苦手なもの・拒否反応を起こすものまで「アレルギー」と呼ぶかによって違ってくるのです。

「アレルギー(花粉症)と過敏症(黄砂・PM2.5)の関係」

 

ですので、花粉症の人はもちろんのこと花粉症以外のアレルギーの人、鼻過敏症の人も黄砂に反応してしまうのです。

 

これからの時期にくしゃみや水鼻、眼のかゆみ、コンコンという乾いた咳をあれば、

それは・・・・・・   「カモガヤ花粉症かも、黄砂の影響かも」

それをきちんと見分けるためには検査が必要です。もしかしたらと思えば一度アレルギー検査をしてみましょう。

 

 


舌下免疫療法の費用・コストは?

2017-03-23
テーマ:お知らせ

だんだんと春らしい気候になってきましたね。
スギ花粉のピークは例年春分の日前後に迎えることが多いので、ちょうど今がその時期になります。
今のところ飛散前の予想通りに昨年よりは多くの花粉が飛んでいます。
花粉が多く飛ぶ年は「今年から花粉症?」といった花粉症発症も多くなる傾向があります。
去年まで大丈夫だった人も「かぜでしょう!」ではなく「花粉症かも?」とみてみてください。
もちろん「眼のかゆみなど」があれば、かなりの確率で花粉症を疑わないといけません。

もし、花粉症を疑えばまずはきちっとした診断をつけましょう。
「とりあえず病院や薬局で薬を」も悪くないかもしれません。しかし、ここには3つの落とし穴があることを知っておきましょう。

  1. いつからいつまで治療をすればよいかわからない
  2. 薬以外の治療に出会わない
  3. 花粉症以外やスギ・ヒノキ以外の花粉症がわからない

アレルゲン免疫療法のメリット・デメリット

特に「薬以外の治療法」である免疫療法についてお話しましょう。この治療法の特長は、

  1. 治癒もしくは長期寛解(治療後に効果が長く続く)
  2. 新しい花粉症などアレルギーの種類が増えるのをおさえる
  3. 気管支ぜんそくなど別のアレルギー疾患になるのをおさえる

どんな治療法もいいことばかりではありません。
では欠点は何でしょうか?

  1. 1年を通して治療が必要なために通院が面倒である
  2. スギ花粉エキスを使用するためにごくまれに全身症状が出る可能性がある
  3. どこの医療機関でもやっているわけではない

実際にはどのように治療をするのでしょうか?
方法は2種類あります。皮下免疫療法と舌下免疫療法です。違いは「どこからスギ花粉エキスを入れるか?」です。

注射で皮膚の下に入れるのが皮下免疫療法
舌の裏に液体の薬を垂らしたり、錠剤をおいたりするのが舌下免疫療法

で、皆さんがもうひとつ気になるところは「いくらかかるのだろう?」ではないでしょうか?

アレルゲン免疫療法の費用・コスト

免疫療法は皮下でも舌下でも健康保険の適応を認められています。
ということはもっとも多く負担する方でも3割負担ということになります。
では、実際にはどれぐらいになるのでしょうか?

皮下免疫療法

皮下免疫療法(3割負担)は
1回につき 約600円(調剤薬局での処方薬がない場合)
最初は毎週ですので 一か月 約2400円 初年度 年間約23000円
2年目以降は1~2ヶ月の通院になることが多いので 年間約3600円~7200円

舌下免疫療法

舌下免疫療法(3割負担)は
1回につき クリニックで約600円 調剤薬局で約1400円
月一回の受診になりますので、クリニックと調剤薬局を合わせて 一か月 約2000円 年間約24000円

あくまでも目安になります。
もちろん実際の通院回数や処置内容、抗アレルギー薬など他の投薬の有無などによって、変わりますことをご了承ください。

免疫療法は長い目で見ると治癒や長期寛解を目標にする治療です。うまくいけば治るかもしれません。
特に花粉症の場合は症状のある時こそ来年からの治療を考えるチャンスです。
当院ではアレルギー専門医として現在115名の免疫療法(皮下・舌下)を行っております。
ご希望の方はご遠慮なく当院スタッフにご相談ください。


秋のアレルギー

2016-10-05
テーマ:アレルギーについて

10月に入っても台風の影響か、暑い日が続きますが、朝・夕は気温も下がり過ごしやすくなりましたね。
秋になるとアレルギー症状が出てくる人が多くなってきたのではないでしょうか?
特に朝のくしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの鼻症状の他に「咳」が多くなっていませんか?

では秋のアレルギーとはどんなものなのでしょうか?

①ダニ(ハウスダスト)
②秋花粉
③気象条件

この3つが考えられます

①ダニ(ハウスダスト)
秋のアレルギーと言えば、まずは「ダニ」です
「ええっ~?? ダニ・ハウスダストは1年中じゃないの?」   その通りです。
しかし、1年中同じ量ではないのです。
ダニには生きているダニ「生ダニ」と死んでいるダニ「死ダニ」があります。
アレルギーを引き起こすのは死ダニの方です。
梅雨頃から夏にかけて生ダニが増えます。そしてダニが死んでいくので死ダニやフンは9~11月に多くなります。すなわち秋にピークになるのです。
加えて、花粉よりもダニの死骸やフンの方が小さいために奥まで入りやすく、咳の原因になりやすいのです。

②秋花粉
秋の花粉は大きく3種考えます。キク科花粉、イネ科花粉、スギ花粉です。
キク科花粉は秋をイメージしやすいですよね。ブタクサやヨモギなどのことです。
イネ科花粉も秋を連想しやすいですが、花粉症は実のなる時期ではなく花が咲く時期に起こります。ですので一番有名なイネ科雑草のカモガヤはGW~梅雨時期に調子が悪くなります。
しかし、イネ科花粉は他のイネ科雑草と共通していることが多くて、ススキなど秋に開花・花粉飛散するものがあり、初夏に悪い人は秋も注意が必要です。
また、スギ花粉も秋に間違って飛散することがあります。
ふつう、スギ花粉は夏から秋に出来た花粉を冬の間はためておき、気温が高くなってきた春に飛散するのですが、気象条件によって間違って、秋に飛散させてしまうことがあります。

③気象条件
気温・温度差や台風などによる気圧差のよってアレルギー症状がおこります。
元々、アレルギーのある人は鼻の粘膜や気管の粘膜が敏感・過敏な状態なのです。
アレルギーの無い人では刺激にならないような温度差や気圧差で症状が出てしまうのです。
特に咳の症状には注意が必要です。

秋はさまざまな原因でアレルギーが起こりやすい季節です。
きちんと原因を調べて、快適な秋を過ごしましょう!


アレルゲン免疫療法って?

2014-10-08
テーマ:アレルギーについて

秋も深まりつつある近頃、耳鼻咽喉科では風邪症状の患者さんとともにアレルギーの患者さんが多くなってます。
なんのアレルギーが多いのでしょうか?、
『秋の花粉症!』とお思いの方が多いかと思います。もちろんキク科のブタクサやヨモギ科のヨモギなどの秋花粉は大切なアレルゲン(アレルギーの原因物質)です。
秋花粉と同時によく原因になるのがハウスダスト(ダニ)なのです。
ハウスダストは1年中なのにどうして?
もちろんハウスダストは1年中ありますが、ハウスダストの1番の原因であるダニが関連しているのです。実はダニは梅雨時期から夏にかけて増えていく秋にかけて死んでいくのです。その死骸やふんが原因となるために秋になるとアレルゲンとなるダニが一番多くなるのです。
ということはハウスダストは1年中あるけど秋に一番多くなるから秋に症状が出やすいということになります。
ではどんな症状が多いのでしょうか?
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどは出てきそうですね。
これ以外でよくあるのが咳です。咳しか出ない場合もありますので『風邪だろう』ではなく
軽い咳でも1週間以上続きようなら疑ってみて病院に行きましょう!

タイトルにあります『アレルゲン免疫療法』とはアレルギーが完治する可能性のある唯一の治療法です。
そもそもアレルギーとはなんでしょうか?
簡単に言いますと勘違い病なのです。勘違い?って何と何を勘違いするのでしょうか?
ハウスダスト(ダニ)や花粉を人の体に入ってきてはダメな細菌やウイルスと勘違いして、外に追いやろうとするときにくしゃみや鼻水・鼻づまり、咳という症状になるのです。
その誤解を解こうとするのがアレルゲン免疫療法なのです。
具体的にはアレルゲン(アレルギー原因物質)を少しずつ体に入れていくことによって反応しなくてよいということを体に覚え込まそうという方法です。
体に入れる方法に皮下に入れるやり方と舌下に入れるやり方があるのです。注射で皮下に入れる方法は何10年も前からあるのですが、テレビなどでご存知の人もいるとは思いますが舌下に入れる薬が最近発売されたのです。
そういう意味ではアレルゲン免疫療法というのは最近できた治療法ではないのです。昔からある治療をより患者さんがしやすいように『注射器を使わない舌下免疫療法』が始まったのです。

当院ではアレルゲン免疫療法を行っております。
この治療法はアレルギーを根治出来うる唯一の治療ですが、注意点もいくつかありますので詳しくは診察時にご相談ください。

西宮市でアレルギー性鼻炎・花粉症の診療、免疫療法・レーザー治療を行っている耳鼻科『わしお耳鼻咽喉科』のスタッフブログです。


わしお耳鼻咽喉科 TEL: 0798-56-8733 兵庫県西宮市瓦林町20-13
【診察】午前8:45~12:00 午後15:45~19:00【休診日】水曜と土曜の午後 日曜・祝日